ポストの修理、手作りクッキーとコーヒーの木

今日も天気は優れず。今にも降りそうな中、午後、2時間ほど庭に出た。

僕は草むしり、そしてメロン&小玉スイカを撤去。

寂しくなる。。。メロンやスイカが宙に浮いていたあの空間、個人的にすごく気に入っていた。
また来年だ。(あ、でも連作障害があるから別の場所になっちゃうか)

奥さんはポストの修理・・・。

もともと壊れかけていた上に台風に直撃されてフタがぶっ壊れたポスト。
安物だったし、普通に買い換えるつもりでいたんだが、壊れているのはフタだけで、箱部分はなんともない。フタの為だけに買い換えるのも勿体無い。それに何気にこのポスト、機能性が高く、コレと同じレベルの使いやすいポストを探すとなると骨なのは目に見えていたので、結局修理することに。
L字金具で四隅を補強し、外れかけていた天板カバーもクギを打ち直して固定した。


2年は持たんだろ。。(-_-;)

その奥さんはオカラパンの延長で、最近はアメリカンクッキーに挑戦中。

アメドラやハリウッド映画を観ていると、「日本にはないけどよく出てくる食べ物」というのがある。
代表的なのが、紙パックに入ったチャイニーズフード。それをアメリカ人たちがぎこちなく割り箸で食べるシーンがよく映る。あとは焼きマシュマロ。アメリカ人はキャンプすると必ず食べる。茹でたマカロニとチーズをあえた、「マカロニチーズ」や、赤い棒状のグミのようなキャンディのような物体(「リコリスキャンディ」)も頻出だ。
そして忘れてはならないのがアメリカンクッキー。
「私はラブ・リーガル」というドラマでは事務所のキッチンにお菓子がたくさん置いてあり、誰かがアメリカンクッキーを焼いて持ってくると取り合いになる。それほどアメリカ人はアメリカンクッキーに目がないということなのだろう。
「こういうの食べたい」
「ねー」
いつも観ながらそう話していた。
もっとも、本場のアメリカンクッキーより砂糖はうんと少なくなっている。
「カントリーマアム」のようなしっとりタイプではなく、普通のサクサクタイプ、中にはチョコチップとクルミが入っていて、一枚食べたら止まらなくなる。オカラクッキーのノリで食べてたら太るな。。。

ちなみにクッキーが載っているこの網、何気にDIYだそうで。。

ダイソーのBBQ用の金網を自分で折り曲げて作ったらしい。
なんでこんな物作ったのか訊いてみると・・
こうしてプレートの上にセットすれば2段構えに出来るし、

焼き終わったパンやお菓子を冷やすケーキクーラーとしても使えるから、だって。

2段構えのオーブンレンジ買うまでの苦肉の策?

焼きあがったクッキーを見ていたら淹れ立てのコーヒーが飲みたくなった。
はいどうぞ。

昨日買って来た、コーヒーの木。
ご丁寧にカップとお皿付きで売られていた。かわいい。
苗からだと一杯淹れるのに数年はかかるなー。。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします 。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.08.28 | | DIY(園芸雑貨・家具)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム