ビュッフェな日。

昼前からバケツ、いやバスタブをひっくり返したような大雨で、そんな豪雨のなか駅まで歩いて行った。大事な顧客との会食があって、新橋まで行かねばならなかったのだ。
家から最寄り駅まで歩いてたった10分の距離だが、改札についたころには背中や足元など傘に隠れない部分は全部ずぶ濡れ、靴の中じゃ金魚が泳いでいた。座席に座ると自分の周りだけ水溜りが出来そうであった。おまけに途中駅に停車中、近くで雷が落ちて信号機がとまり、運行が一時中断した。仕方ないので山手線に乗り換えて向かった。
改札で顧客と落ち合い、案内されたのは某ホテルのレストラン。ビュッフェだった。

雨の東京も悪くない。

人気店らしく、料理を取るのに並ばなければならないほど盛況だった。
ほとんどの客が女性だった。
澄ました顔で列に並び、細い指で、静かに、一滴もカップのふちに垂らさずに冷製スープを注いでみせる。まるでバレエ教室の生徒のように、うまく出来た子から次のステップへと進んでゆく。デザートに目を輝かせ、努めてさりげなく、プレートの上を充実させてゆく。ふらりと席に着いたら、バッグの中にしまった腹ペコの自分を取り出して、いただきまーす。
メシ食う女子の健やかさ。
でも・・・僕はビュッフェは苦手である。
どうしても配分とペースがつかめず、残してしまったり、見つけたときには満腹で食べ損ねたり、どうも食い切ることが出来ない。大食いではないので元を取ろうとは思わないが、いつも何となくモヤモヤして出てくる。「最初にから揚げとフライドポテトなんか食わずにおけばー!」・・・とか、課題と後悔がにじんだレシートをポケットに突っ込んでその場を後にする。
我ながらちっぽけな人間だ。
その点、今日のビュッフェは食べ損ねるほど膨大な料理があったわけでもなく、味も美味しかったので満足☆

通路のスプリットペタル。

明日は晴れるかなー。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.08.18 | | トラックバック(0) | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム