憎しみを生むもの

かたや、明らかに自分より弱い者をナイフで殺しまくる男がいるかと思えば、かたや、いい年をした大人たちのポケモン狂想曲である。
「狂っている」という点で、どっちの関連ニュースも見ていると暗澹たる気持ちになる。
凶悪犯罪が起こるたびにネットでは「犯人は在日か」という憶測が飛び交う。
こういう風潮に「なんでも在日のせいにするな」「それ知ってどうなるの」と眉をしかめる人もいるが、僕は(それを知りたいと思うのは)当然だと思っている。
なぜなら、それが在日外国人によるものなのか、日本人によるものなのかで、受ける印象も事件そのものの意味も、全然違ってくるからである。
犯罪と言うのは犯人の属する<社会>と密接に関係している。
彼がどういう社会や共同体に属し、どう育ってきたのか、どういう人間と交際してきたのか・・・それを明らかにすることで犯行までの道筋が見えてくるのである。捜査には直接関係ないかもしれないが、僕たち国民がその事件を本当の意味で<知る>ために必要な要素である。
それを、日本のマスコミは「通名報道」という形で秘匿し続けてきた。
在日外国人には「通称」といって日本人名を使うことが許されているが、犯人が在日外国人の場合、日本の新聞・テレビ各社はあえて「通称」のまま犯人の氏名を報道してきたし、今もしている。
その情報をつまびらかにすると差別を助長しかねないという配慮なのか、それとも別の「大人の事情」があるのか知らないが、本当は外国人の犯罪なのに全部日本人がやっているみたいに信じ込まされる僕たちの身にもなって欲しい。
僕は酒鬼薔薇聖斗と同世代である。
あの事件の日のことは今でも覚えている。14歳の子供の犯行だと分かった時の衝撃・・・。日本中が慄然として、学校の空気までピンと張り詰めた感じがした。彼のお陰で一時期僕らは「何をするか分からない世代」「キレる世代」みたいなレッテルを貼られた。
僕は彼を自分と同じごく普通の日本人の少年だと信じていた。
そうではない少年もいるのだ、という事実を学校や親が教えてくれなかったので、「在日」とか「帰化人」という言葉を覚えたのも18歳くらいである。
ましてや有名な凶悪事件の犯人の多くが「日本人ではなかった」と知ったのはもっと後のことだ。
それを知ったとき、僕はとてもやるせないキモチになったのと同時に、腹が立った。
この年になるまで・・・(大学で犯罪社会学の授業まで受けていたというのに!)誰も教えてくれなかったことに、そしてマスコミに腹が立った。
いま、ネットで植松容疑者の素性を調べている人の中には、もしかしたら僕と似たような経緯をたどってきた人がいるかもしれない。
確かに何かあるたびに「ザイニチ?」と条件反射のようにキョロキョロするのはみっともいいものではないし、在日の人に失礼である。
しかしそうさせるように仕向けたのは他でもないマスコミなのである。学校であり親であり社会全体なのである。
彼らの友愛精神だか罪悪感だかによって、僕らは必要以上に日本が犯罪大国になったと思い込まされ、日本人が凶悪化したと思い込まされてきたのである。

ワイドショーではそれこそ牛のよだれのようにダラダラと時間をかけて容疑者の過去や生活を暴き立てているが、実は重要なことは何も伝えていないのである。視聴者国民が一番知らなければならないことは省いて、外郭だけを腫れ物に触るように報道するから見ていても何も残らないのである。
そんな報道に飽き足らず、インターネットでより多くの情報を得ようとする人たちを僕は非難できない。たとえそれが犯人の国籍や宗教や所属する団体を調べることであってもだ。興味本位で調べる輩も無数にいるだろうが、それは犯罪を犯した人間が受けるべき社会的制裁と言うもので、仕方のないことである。犯人はそんな物とは比べ物にならないくらいの悲しみを他者に与えているのだから文句は言えまい。

民主党が何であんな反日政策ばかり採るのか?⇒「日本人じゃないから」
こう考えるとすごくガテンがいってスッキリするのと同じで、耳を疑いたくなるような凶悪犯罪が起きた時、在日のせいにすると気持ちが楽になる。すごくスッキリする。
それは、その憶測が<日本人がそんなことするはずがない>という信じたい気持ちを成就させてくれるからである。
それはラクに出せる必殺技みたいなもので、一回覚えたら何でもそれでクリアしようと思ってしまう。
だから、自分の望む結論に導いてくれそうな素材ばかり集めて、安易に「またザイニチでした☆」みたいな結論を垂れ流す人もいれば、気に入らないことは全部ザイニチで片付けようとする人もたくさん出てくる。
究極的には自分自身がそれらの情報をどう租借し、どう飲み込み、どう表に出すか(出さないのか)の問題だと思うが、一つだけ確かなのは、この国のメディアは、加害者が在日外国人であった場合、被害にあった日本人より先に、通名報道により加害者の「権利保護」を優先させているということだ。
おかしい。
この「おかしい」をメディアがいつまでも放置していると、「おかしい」から「許せない」になり、憎しみに変わる。
歪んだ正義が跋扈しはじめる前に、マスコミは通名報道をやめるべきだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.07.27 | | トラックバック(0) | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム