いつもそんなふうに夏が終わる。

窓の外で「カチ」「カチカチ」と妙な音がするので出てみたら、セミだった。

まだミーンミーンとちゃんと鳴けないヤツが呟いていたのだ。

気付けばもう7月も終わり。
季節は流しそうめんのようになめらかに流れ、サルビアはあくまで赤く

コリウスは狂った森のように笑う。

僕は
音もなく過ぎゆく季節を
散漫な意識と
穴だらけの感性で
少し義務的に
傍観している。

想像以上に
何も起こらない夏に

未練などないのに

セミたちが死んだら

きっと舌打ちするだろう。

歩道に落ちているソイツを
つま先で小突いたら、
ギギギ!と叫ばれて
心臓が飛び出しそうになるのだ。

いつもそんな風に夏が終わる。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.07.25 | | トラックバック(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム