映画「フラワーショウ!」

園芸や庭が関係する映画といえば、まだ無名だった頃のクライブ・オーウェンが出ている『グリーンフィンガーズ』、市の公園管理課に勤める女性とフランス人(ジェラール・トバルデュー)とのギクシャク園芸生活を描いた『グリーンカード』、イギリスの階級社会の現実を「市民農園」をモチーフにシニカルに描いた『家族の庭』などなど、ないようで、結構あったりする。。。
直接園芸と関係はないが、M・ストリープの『恋するベーカリー』など、庭や緑が効果的に使われている映画まで含めたら、もっとたくさんある。最近では『借りぐらしのアリエッティ』や『言の葉の庭』など、アニメでも本格的に「庭」が描かれているから、実は「園芸」や「庭」は、いま地味にホットなカテゴリーになりつつあるのかもしれない。
その感をさらに深める、こんな映画が2日より公開中。





僕が宣伝してあげる理由はどこにもないのだけど、やはり「日本の家に庭を取り戻せ!」と主張する僕としては、少しでも若い人たちに園芸の楽しさ、庭の楽しさを知る機会を持って欲しいな、なんて思うわけよ。
クソ映画だったとしても。
(予告編観る限り大丈夫そうだけど)
アイルランドの著名なガーデンデザイナー、メアリー・レイノルズ(42)の実話に基づく、大どんでん返しのガーデニング・サクセス・ラブ・ストーリーだそうだから、ガーデナーならずも女子全般が楽しめそう。

さて、今日のうちの庭。
うちも2年半前はリアルに「雑草だけの庭」だったが、大ドンデン返し(?)で花園にした。

ナチュラルガーデン、狭小の庭、日陰の庭、コンテナガーデン、ベランダガーデン、カントリースタイル、モダン庭・・・・どんなスタイルの庭であろうと、そこには色んな希望が詰まっていて、他人には分からない、伝えようにも伝えられないような苦労があったりする。

もちろん喜びも。
庭とは、小さな夢を、少し先の未来に実現させる場所でもある。
そのささやかな試み、挑戦を、楽しみながらする場所だ。
この映画の主人公のように前向きに、夢を咲かせたいものだ。
観てないけどね!一秒も!

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.07.05 | | トラックバック(0) | 映画の感想

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム