ドラクエ展に行って

ドラクエ展に行ってきた。奥さんはゲームにまったく興味がないので、友人A君と冒険の旅へ。

開場三十分後に到着。あいにくの雨にもかかわらず、すでに入場待ちの長い列が。


「ロトのテーマ」を聞きながら待つこと20分、やっと入れた。

入り口をくぐるとまずゲーム中の名場面のパネル展示。これが9まで続く。しかも両側の壁に飾られているので、みんなここで足を止め、あっちにいったりこっちにいったり・・・のっけから団子状態という美術展などではありえないカオス状態に。主催者が展示の仕方を何も考えていない証拠。でも客は大喜び。何がそんなに嬉しいのかさっぱり分からん。ドラクエを知っていればいるほどモチベーションが下がっていく展示内容だと思うのだが。

結論から言って、こんなデタラメなイベントもないだろうと思った。一緒に行ったA君いわく、「ニーズを全く理解していない」(怒)イベント。
子供を喜ばせたいのか大人をうならせたいのかよくわからない。すべてが中途半端で、「貴重な資料」と言われるものもファンにとっては既知のものばかり。全く新鮮味がない。「誰を対象にしてるの?」とスクエ二に訊きたくなった。

クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111111170903.gif




関連記事

2011.11.19 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム