ブロック塀との共生

週末、剪定や植栽とともに、通路の<残念なブロック塀対策>として、ワイヤーメッシュを設置した。

要領は過去記事「ブロック塀でも諦めない☆エスパリエ仕立て」とほぼ同じ。

ホームセンターで売っているワイヤーメッシュを、曲がる平っべたい金具に引っ掛けるだけ。
ここにツル性の植物を絡ませてブロック塀を隠す作戦。
手始めにクレマチスを。。。

既に錆びている(笑)のは、エスパリエ仕立てのときに通路用にも買っておいたのに軽く3ヶ月も放置したから (-_-;) (一気に全部は出来んよ)
本当はこんなワイヤーメッシュなどではなく、防腐剤を塗った杉板でもバババッと立てかけて板塀にしちゃうのが一番オシャレなんだろうけど、右側のブロック塀を隠すだけでもたぶん板が2~30枚は必要になる。やれば出来なくはないが、ここは借家で、いつか全て取り外し「原状回復」するときが来る。
それを考えると、そこまでして隠したいか、隠す必要があるのか。。。。という問題に直面する。
個人的にはブロック塀はキライだ。灰色なのがキライだ。ナメクジが這うからキライだ。どれも同じ積み方、同じ用途なのがキライだ。意味もなく穴(それも星形とかハートではないナニコレ?な穴)が開いているのも気に入らない。こいつをこの国から消し去ればきっともっと毎日が明るく楽しいものになると思っている。
だから隠せるものなら隠したい。。
だが悲しいことにこの国はブロック塀が大好きである。ブロック塀大国である。ブロック塀のない日本など考え付かないくらいそこら中にブロック塀が溢れている!
そんな国にあって、ブロック塀に目くじらを立てても詮無いことであろう。
いつかマイホームを建てる時がきたら、自分の敷地だけはレンガなり漆喰なりにすればいいのであって、とりあえず借家身分の今は我慢、我慢。
とまあ、そういう結論に達し、ワイヤーメッシュで行くことにしたのだった。
スプリットペタル(朝顔)も忍ばせておいたから、2ヶ月もしたらけっこう楽しいブロック塀になるんじゃないかな。


週末に「恥ずいライブガーデニング」で植栽した部分・・・・。

マリゴ、サルビア、ジニアは庭を明るくする「キラートリオ」。丈夫で花期も長いので11月くらいまでこのまんま。
ブットレアを剪定したら足元が寂しくなったので、看板の下に青系の花を。
イソトマ、ブルーセージ、矮性のアンゲロニア。
青い花はグレコマとよく合う。
これを植えている最中、一人のマダムに「○○の道の駅でイソトマ、5株で300円だったわよ!」とのマル得情報。「レジがすごい列だったから買えなかったけど」
「お宅はどこで買ってらっしゃるの」と別のマダム。
「いやー・・・その辺ですよ、ディスカウントストアとか」(ホントは岐阜とか三重とか愛知とかでも買ってるケド)
こういうやり取りをしているとき、自分は一体どういう顔をしているのだろうか。。
案外目を輝かせてたりして。。。汗

とりあえずそのイソトマ、狙いだろ。。(-_-)/

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.05.31 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム