母来る。

週末は「祐平ママ」が来ていた。ちょうど近所の公園で「バラ祭り」が開催されていたので、奥さんと3人で見に行った。

たくさんの屋台と来園者で、いつもは静かな公園もこの日ばかりは賑わっていた。

今年は暖かいのかバラが咲くのがやや早く、お祭りが1週間出遅れた形。どのバラも株本に花びらが落ちていたり、やや色あせたりしていたけれど、やっぱりバラはバラである。
また来年を楽しみに・・・。

日曜日は僕らの<新たなるソファ探し>に母が付き合ってくれた。
幕張メッセで開催されていた家具バザール。

どうせ母の家まで車で送っていくのに幕張は通るし・・・ってことで行ってみた。

この会場、実は前にも来ている。
去年の10月に来た、「国際ガーデンEXPO」である。

結論から言うと、理想のソファは見つからなかった。
何故かやたらと馬鹿でかくて、デザインもイモっぽいものが多く、たとえ金があってもそれは買わんよ・・・って物ばかりだった。ふうー。

そのあと母の家でプチ・ガーデニンッ☆

兄が作った花壇。ユキヤナギ、僕があげたイベリス、クリスマスローズ、ホオズキなどが無造作に配されている。
隅っこに、柏葉アジサイを植えてあげた。
母にプレゼントしようと思ってこの間爆買いした時に一緒に買っておいたのだ。
母は物の価値を、第三者からの評価があって初めて決める人である。つまり、何かをもらっても、その時は「へえー」くらいの反応しか示さないのに、いつかどこかで友達などに「それ!○○よ、いいわねえ」なんて言われて初めてその「重み」や「価値」に気付くのである。
上の写真に写っているクリスマスローズをあげたときがそうだった。母はヘレボなど知らず、あげたときも、むしろ「地味な花ね・・・」って感じだった。それが数ヵ月後家に行ってみたらヘレボが増えているではないか。近所の人が「それ、クリスマスローズでしょう?」と母に声をかけて、自宅にある株を分けてくれたらしい。それで母もクリスマスローズの「人気」に気付いた。
そうしてプレゼントした当の僕にドヤ顔で言うのである。「クリスマスローズって人気あるんだよぉ!」
「だからあげたんだっつうの!」
「あ、そっかそっか」(笑)
そういう母だから、やっぱり柏葉アジサイを見てもピンと来ない様子だった。やたらと隅に植えろという。
しかしそれも成長して、通りがかりの人などに「それ、柏葉アジサイですよね!ステキ」なんて言われさえすればガラリと変わるだろう。そしてあたかも自分で選んで買ったかのように自慢するだろう。
時に疲れるが、あまりにもアッケラカンとしているので憎めない。
そんな母である。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.05.23 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム