種とベジタブル

今日は種をまきまくった。
人から頂いたり自分で買ったりした種たち。。。

ひまわり、つわぶき、ほおずき、百日草、インパチェンスにローマンカモミール。

統一感のないラインナップだけど、それなりに思いをこめて播種している。
ツワブキは奥さんの実家の庭から採取したものだ。
このあいだ出張がてら立ち寄ったとき、ちょうど花が終わったらしく、先端にタンポポの種みたいな綿状の種が付いていて可愛かった。ツワブキの種があんな綿状のものだとは知らなかった。それを封筒に入れて持ち帰ってきた。
ホオズキはあの赤い袋に憧れて。。。あれ、食用品種もあるらしい。だからという訳じゃないが、ポタジェに植えたら似合うかも。
ローマン・カモミールもポタジェの隅っことかにひそかに茂らせたい。

そのポタジェにも種まき。
直接トウモロコシ、インゲン、枝豆、オクラの種を撒いた。

種をまくのは久しぶり。
家庭菜園、かれこれ6年目だけど、トウモロコシだけは満足のいく結果にならない。「これ売れるだろ」と思えるのは20株植えても1、2本で、あとは歯抜けの中途半端な長さのもの、もしくはまったく実が付かないかである。苗から育てても種から育てても場所を変えても引っ越しても、うまく行かない。
もうあまり期待しなくなった。
今年は万田酵素ぶっかけまくって無理豊作目指す。

ラナンキュラスラックス、結局ここに植えた。

ツルバラの下の花壇、オルレアの隣に。。
お店の人に訊いたら露地植えでも全然OKらしいので。夏に地上部が消えるが、また出てきて花を咲かせる。
上手く管理すれば、の話だけど。

菜園横の花壇でジギタリスが咲き始めた。

ピンクだったのね。

なんだかんだ体を動かしているから疲れが取れない・・・。
てか疲れが溜まっている気が。。。
映画『プリティウーマン』でジュリア・ロバーツが、四六時中仕事しているリチャード・ギアに向かって、「明日は一日ベジタブルしましょう」と提案するシーンがある。「ベジタブルとは何ぞや?」と訊くと、「何もしないで一日中テレビの前でゴロゴロするの」という。野菜のようにじっとしているのだと。
ちなみにその「ベジタブル」を毎日やってしまっている人のことをアメリカでは「カウチポテト」という。カウチ(ソファ)の上でテレビを観ながらジャガイモのようにゴロゴロして過ごしているからだ。
アメリカ人にとって野菜は「動かないもの」(怠けているもの)の象徴のようだ。
出来れば僕も「ベジタブル」したいところだが、僕の場合は沸騰した鍋の中のブロッコリー。ボコボコ浮き沈みして落ち着きがない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.05.03 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム