裸で寝る。

最近、服を着て寝ることを辞めた。ランニングシャツだけで寝ている。
かれこれ3週間になる。
まだ夜は冷える。始めた当初は上着(トレーナーとか)はそのままで、下だけ裸になって寝た。マヌケな姿である。だが、毛布とシーツが素肌にスルスルして気持ちがいい。なんとなく自由である。それに不思議と寒くない。夜中、途中で起きることもなかった。それどころか起きるとこめかみが汗ばんでいたりする。気のせいか素肌の部分が発熱している感じである。
「なかなかいいよ、これ」
この健康法(?)を薦めてくれた奥さんに報告したら
「長澤まさみもやってるのよ」
と言われた。
「長澤まさみもやってるの」
「そう、裸で寝ているんだって」
どこから仕入れた情報だか知らないが、そう言われるとなんだか仲間が出来たみたいで嬉しい。そうか、長澤まさみも全裸で寝ているのか。
それからは上着も脱いだ。
ランニングシャツ一枚で寝てみた。
4月だからって夜は10度以下の日もある。さすがに寒いだろうと思ったがこれが真逆で、暑くて寝苦しさを感じるほどなのだ。
「今日は暖かかったからでしょう」大げさな、と言わんばかりに奥さんに笑われた。
「いや違う。お前もやってみりゃ分かるさ」
きっと体が体温が下がらないように発熱するのだ、ちょっと寒いくらいのほうが代謝が良くなるに違いない。
と力説した。
「そういえば、沢尻エリカも裸で寝てるって」
「・・・・・」
といって、僕はろくにこの二人を知らない。テレビを観ないので名前と顔くらいしか知らない。ハッキリ言ってその二人には近所のおばちゃん程の関心もない。
にもかかわらず裸で寝ていると知った瞬間に友達になれそうな気がするのだから不思議である。
通販番組で「○○さんも愛用している!」「○○さんも飲んでいる!」なんてよく言っているけど、なるほど、と思う。
実際、舞の海はグルコサミンなんかどうでもいいと思っているかもしれない。八千草薫は「皇潤」なんか飲んでないかもしれない。藤原組長もスッポンエキスなんか飲まなくたって元気かもしれない。
でもユーザーからしたら、「あの人もやってるんだ」と思うことは意外と大事なのだ。どういう回路でそう思うのかよく分からないが励ましになる。苦難を共にする仲間みたいな感じがする。
一体全体今日は何の話なのか自分でもよく分からないが、さっき、「カラダにピース」とカルピス片手に笑っている長澤まさみを見たとき、「あ!俺の裸友達!」と思ったのである。
アホであろう。
でも「皇潤」を飲んでいる人は八千草薫を見たら「皇潤友達」と思うのである。
世間の人は、「ああいうものの看板になるようになったら落ち目だ」と嘲笑するが、その健康食品に自分を託し、続けている人にはかなりの好感を持ってもらえる。
「ファン心理」とは不思議なもので、全然好みでもなんでもない有名人が、何かの拍子にぐぐっと自分に近づいてきて、身近に感じられるようになる。「裸で寝ている」というただそれだけの情報で、長澤まさみの印象が随分変わった。人間として見られるようになった。実際どうしているかなんてどうでもいい。そう思い込むことが大事である。
というわけで、今夜も裸で寝る。
個人差はあるだろうが、不思議と安眠できる。
嘘だと思うならあなたも僕の「裸友達」になればいい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.04.28 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム