おしゃれな茨城

今日は園芸したい欲、夏野菜植えたい欲を抑えて小さな旅に出た。
理想のソファを見つける旅である。
すでに書いたとおり(コチラ)、理想のソファには一度出会っていて、購入もしていた。しかし1ヵ月半待ってやっと我が家に運び込まれたソレは、ガタつきのある、おまけに細かいキズがあちこちに付けられている欠陥品で、泣く泣く返品した。
気を取り直して新たなソファ探しを始めて2ヶ月。
まだ見つからない。
近隣の大型家具店からデパートで開かれている大商談会、時には群馬や神奈川のアウトレット専門店まで足を伸ばしたが、候補は見つかっても「これだ」というのがどうしても見つからない。
困ったことは、ピンからキリまでの色んなソファに座っているうちにこっちの目が肥えてきて、どんどん基準が高くなってくるのである。
○十万円以上する総革張りのソファに座ったあとに布張りの廉価品に座ったりすると、それをソファと呼んでいた自分が信じられなくなったりする。そのくらい違う。
と思ったら値段の割りに座り心地の悪いものや、安くてもまあまあのものもあって、でも決め手に欠けるから店を出る・・・・その繰り返しである。
こんな調子じゃいつまで経っても見つかりそうにない。
そう思ってネットで調べて、茨城に「個性派家具専門店」があることを知った。
取出市にある「BOOMS」というお店。

HPを見る限り、普通の家具屋さんとはだいぶ趣を異にする品揃え。それこそここにしかないソファに出会えそうだ。
期待して行ってみたら、別の驚きが・・・・。
花苗も売ってた。。。

一階の入り口脇に花屋さんが併設されていて、多年草・宿根草中心とした草花が並べられていた。
園芸店めぐりのつもりじゃなかったんだけど・・・結果的にそうなった。

お店の中に入ってもあちこちにエアプランツや多肉が置いてあって、カントリー&ボタニカルな雰囲気。


店内はたくさんのお客さんで賑わっていて、人気店であることを窺わせた。
「店内撮影自由、公開自由」と貼紙がしてあり、経営者の意識の高さも見て取れた。

品揃えは本当に個性的。
基本的に男子好みのロックでアメリカンなテイストが中心で、いつもは駐車場で待ってるダンナさんでも飽きずにいられそう。

 
↑この鍋つかみ買っちゃった。
 
肝心のソファはあいにく買えなかったのだけど、庭造りの役に立ちそうな雑貨類やインスピレーションを得られる、僕的にはド真ん中のお店だった。
しかもここは1号店で、ほかにちょっとテイストの違う2号店、3号店もあるという。

2号店までは行ってみたけど3号店は時間の都合上行けなかった。
値段も良心的、店員さんもとてもフランクで、2号店は薄暗い迷路のような空間の中にお洒落な雑貨が溢れていて、イベント感も◎。カップルの客が多かったのはそのためだろう。
「こりゃリピするわ」と納得させられるお店だった。
知れば知るほど好きになる、茨城である。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.04.23 | | 観葉植物・インテリア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム