共有できる痛み。

今日は朝から夕方まで、台風顔負けの暴風が吹き荒れていた。それこそ狂ったような風で、晴れてはいたが危険なので家の中で仕事していた。(本当は強風でなくても片付けなければならない仕事があったので好都合ではあったんだけど)
九州の地震と連動しているような気がして、軽い末世的な胸騒ぎを覚えた。
現地熊本ではいまもなお余震が続いている。14日夜から今日の午後8時までの間に体に感じる地震が475回にも上ったというから相当なものだ。
大きな地震のあとに震度3や4の余震ですと聞いても大したことないように見えるものだが、震度3でも家がザンザンいう。(単にうちが古いだけかもしれないけど・・・)
そんな余震が一晩中続いたら・・・・
東日本大震災の時はまさにそうだった。あのとき、東日本の人間は数日間「余震の掌」の上で揺さぶられ、神経をすり減らされた。みんなウンザリしていた。天気だけカラっとしていた。
長野の人は別の地震で苦しんだ。
ほとんど誰も知らないだろうが、東日本大震災の翌日(3月12日)、長野県北部でマグニチュード6.7、最大震度6強の「長野県北部地震」が起きたからだ。
栄村を中心に死者3名、重軽傷66名、家屋の全壊・半壊合せて約400棟の被害をもたらしたが、タイミングがタイミングなだけに全くといっていいほど報道されなかった。
さらにその4日後の15日には静岡県でマグニチュード6.4、富士宮市で震度6強を記録した「静岡県東部地震」も起きている。
それ以前には言うまでもなく新潟県中越地震、阪神淡路大震災、北海道西南沖地震もあった。
いま熊本の人たちが直面している苦労や悲しみは日本中の人たちが自分のことのように理解し、共有できるものである。
地震の恐怖を知らない日本人などいないのだ。
一日も早く日常を取り戻せるように祈っている。

夕方近く、風が弱まってから庭に出た。
玄関前の寄せ植えでは、サフィニアが咲いた。

2ヶ月ほど前、岐阜の園芸店で「おつとめ品」だったパッとしない苗を奥さんがお持ち帰りしたものだ。
変な時期に植えたのにちゃんと咲いてくれた。嬉しい。

これからどのくらい派手に咲き乱れてくれるのか、楽しみ。

エビネランとシュウメイギク。

明日からまた忙しい1週間になる。
この土日、結局大して休めなかったけど、気を引き締めてがんばろう~。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.04.17 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム