知多(愛知県)の園芸店

全国で桜が満開になり始めた金曜日。僕は愛知県の知多半島にいた。朝一番で半田市で仕事があったからである。桜はちらほら咲いていたが天気は悪かった。
半田のあとは岐阜市、さらに夕方には滋賀県の大津へ・・・という相変わらずの急行軍だった。(いまはもう家へ帰ってますよ)
半田から名古屋方面へ走っている途中で園芸店を見つけた。あまり時間はなかったが、気になったので入ってみた。
阿久比町というところにある「福住園芸」というお店。小雨がパラつくなか、店員さんたちが忙しそうに品出しをしていた。
清潔感のある店内には季節の花苗が並ぶ。

4月。「うちもちょっと花でも飾ろうかな」というライトな購買層をターゲットに、サントリーの無双フラワーを目立たせるのは基本です。

観葉コーナー。


奥には多肉コーナーも。
花苗の品揃えは悪くはないが、多肉コーナーはちょっと寂しいかな。

多肉がすごく充実しているお店とそうでないお店が、最近ハッキリ分かれてきた気がする。
多肉なんか小さいんだからどのお店でもたくさん置けるだろうに、と思っていたけど、よく考えたら多肉といっても無数に種類がある上に、多肉に合うような雑貨(ブリキの缶やアンティーク調のあれやこれや)もたくさん仕入れ、それらを用いながらジャンク風だったりカントリー風だったりにディスプレイもしなければならないから意外と大変か。。
特に多肉に力を入れているお店でなくても、あの小さな植物を売るためにけっこうなスペースを確保し、ディスプレイしているし。

個人的に「おや」と思ったのが一番奥の談話室。

園芸店では珍しく、というか初めて、植物と音楽を絡めているディスプレイを見た。
デヴィッド・ボウイとジョーン・バエズとマイルス・デイヴィスかな。
ギターも置いてある。写っていないがピアノも置いてあった。
あとで知ったのだが、このお店、2階が貸しイベントスペースになっていて、よく音楽のLIVEをやっているそうだ。おそらく店長の趣味なのだろう。
花を売りつつ自分の店の2階でイベントも開催か。。地方にはこういう、人生を楽しむ人の店がけっこうある。
通好みのお店ではないし、特に激安というわけでもないけど、ある程度の花苗はそろっているし、清潔感のあるお店なので居心地はよかった。

夕方、大津での仕事を終えて開放されてから、そのまま奥さんの実家のある京都へ。。

ラナンキュラス・ラックス・・・。
いろいろ考えてやっぱり義母にプレゼントすることにした。
義母はまあまあ喜んでくれた。(見たことのない花だったので少し訝しそうではあったが)
土曜日、このラックスの植え替えをした。
勝手の違う奥さんの実家での「庭にいます」はまた次回。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.04.04 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム