庭にいましょう。

テレビドラマの一区切りをクールとかシーズンと表すように、このブログにも区切りがある。2011年の4月に始めたときは、まだこの家ではなく、同じさいたま市内の別の一軒家に住んでいた。
そこは平屋建てでまあまあ広い庭が付いていた。その家に住まなければここまで園芸なんぞにかかずらわらなかっただろうから、ある意味で特別な家だ。(もっとも、当所は園芸ブログじゃなかったんだけど・・・)
その家に暮らしていた間の2013年11月までを「シーズン1」とするなら、今住んでいるこの家との出会いからは「シーズン2」と言えるだろう。
海外ドラマで言うなら舞台や出演者に幅が出て、脚本も油が乗って、内容も充実するシーズン。このブログは最初から同じテンションで庭のことなんか全然書かない日もあるのだが、お陰さまでやっぱりこの家に越してからたくさんの方に見て頂けるようになったと思う。

転居前に、ネットで見つけたこの家をこっそり偵察に来たことがあった。門扉が閉じられていたので中には入れなかったが、こっそり盗撮した。(こっそりしない盗撮なんかないか。。)
imagehouse1.jpg
P1100861beforehouse2.jpg
我ながらよくこれで借りようと思ったな。。。という感じだが、不思議とその時はワクワクした。可能性が無限大じゃねえかと。
DSC_0358acckis.jpg
「シーズン1」の家の庭は、最初からきれいな更地だった。しかしすぐ近所に住む初老の大家がコントロールフリークで常に店子の動向に目を光らせていたので、あまり思い切ったことは出来なかった。(それでも強行したけど)
その点、ここの大家さんは寛大で、庭に関しては好きにしていいと言ってくれた。
お言葉に甘えたのは見ての通りだ。
house_before_tuuroxxx.jpg
ただ楽しさに任せて花を植えていったらこうなった。
DSC_0361llllsa (1)
通路に関して言えば、計画なんか大してなかった。計画通りになんか咲いてくれないのが花だというのはそれまでの経験で分かっていたし、植える花を絞ってしまうと単調になりそうだった。
だから「そこでも育つか」以外あまり考えなかった。軽く調べて大丈夫そうなら植える。1年草も多年草も球根も低木もなんでもごちゃ混ぜである。
DSC_0361llllsa (3)
しょせんは借家だからいつかは出て行く。それが5年後か10年後かは知らないが、その日まで家を、庭を、遊び切るつもり。
マイホームの人、借家の人、マンションやアパートの人、庭のある人、ない人・・・条件や環境は違えど、園芸店やネットで苗を買う「ガーデニング人口」のひとりであることに変わりはない。
僕の稚拙な庭づくりや植栽が誰かの参考になったり刺激になったりするなら、「シーズン3」も庭にいようと思う。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.04.02 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム