ラナンキュラス・ラックスとか

ラナンキュラス・ラックス買いましてよ。(アリアドネ)

このラナンキュラス"ラックス・シリーズ″は、「綾園芸」という、宮崎県の会社が作った、ラナンキュラスの園芸品種。
「半耐寒性多年草。毎年こんな立派な花が咲きます!」と、店頭で売り出されていたのを初めて見たのは先月、群馬の園芸店でだった。
夫婦揃って「マジすか」と驚いたが、値札を見てもっと驚いた。
4500円。
確かにゴージャスで育て甲斐もありそうだけど、この値段はないわ。
「私欲しい!一株だけなら買ってもいいかな」と奥さん。両頬をひっぱたいて止めた。
というのは冗談にしても、まあ、そう言いたくなる気持ちは分かる。こんなのが本当に毎年咲いてくれたらさぞかしハッピーだろうよ。
それから1ヶ月・・・
先週、行きつけの園芸店に行ったらなんとその憧れの「ラックス様」がほぼ半額の値で置いてあるではないか・・・っ!
思わず「ラックス、スーパーリッチじゃねえ!」とか言っちまった。銃殺刑ものだ。
「これなら庶民でも手が出せるぜ」
「わーい」
そういう経緯で今うちの庭に置いてある。
でも植えてない。
奥さんが実家の母にプレゼントしたくなったからである。自分の物にするか、実家の庭に植えて母親を喜ばせるか、迷い中・・・。
二株買うほどリッチじゃねえし。
かといって株分けする訳にも行かないしね。。

ならこっちあげたら?と思うんだけど。。。

これも買って来たはいいもののまだ植えられてない、クレマチス「カートマニー・ジョー」という品種。
クレマチスを諦めたくない奥さんは最近どこへ行ってもクレマチスを買おうとする。
園芸雑誌などで時々トレリスやアーチにこんもりとクレマチスを咲かせている人が紹介されるが、いつも火星人か未来人を見る目で見ていた。「遠い遠い、遥か彼方の銀河系」の庭を見る気分だった。
いつかうちの庭でもクレマチス自慢をする日が来るだろうか。。。

クレマチスはないけど、うちには夕方になると点りだす自然のイルミがある。

蒼い、ハナニラLED。僕らがここに越してくる前からの住人。
点る、というより浮かぶ。
という感じ。
普段は踏んで歩いていても、この時期だけは別。
地面に咲いた小さな蒼い星は、さすがに踏めない。
ちょっと自慢。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.03.28 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム