ポタジェ計画とジャガイモの逆さ植え

3連休2日目は絶好の園芸日和。ただ空を見ているだけで満たされるような、気持ちのいい朝。

今日絶対やらなければいけないことは、畑作りとジャガイモの植栽。
畑のレイアウトは大体決まった。
このあいだ、あーでもないこーでもないと僕が紙に書いていたのは、こういうイメージのものだった。

曲線の小道を走らせて、畑を3分割にする。理由は簡単。その方が楽しい感じがするから。
普通、作物は直線的に作る。ストライプ状に畝、通路、畝、通路とやったほうが畑を無駄なく使えたくさん収穫できるからだ。
奥さんもそのつもりだった。今年は畑全面を使ってきっちりプロっぽく「趣味じゃない菜園」(=本気の家庭菜園)をするつもりだった(らしい)。
しかし僕の案も気に入ってくれた。
「どうせならマリーゴールドやバジルを通路の縁に植えてポタジェにしましょうよ」
「それいいね」
「花苗を植えてもいいしね」
野菜と花の共演で、見せる菜園・・・いや魅せる菜園を目指そう。
かくして今年はポタジェ風菜園で行くことになったうちの畑。

そうと決まればあとは腕を動かすのみ。
二人でスコップを手に小道を作った。マリーゴールドも置いてみる。

あえて通路は太めに取った。夏、野菜が茂って、通路もクソもないただの畑にしか見えなくなるのを防ぐため。
レンガなどは使わず、あくまで花やハーブなどで縁取りする予定。というのも、レンガなどで固定してしまうと、来年は違うレイアウトでやりたくなったときに元に戻すのが大変だから。ある程度小回りと融通が効くように、あえて簡易な通路にしておく。

未完成ポタジェだけどジャガイモ植えちゃいます。

普通、芽が出ている方を上に向けて埋めるのだが、「逆さまにして植えたほうが発芽までの時間はかかるが、たくさん芋が出来る」って、さいたま市内の市民農園でプロ顔負けの菜園をやっているオジサンの本に書いてあった↓↓

何個かは保険の為に通常植えで・・・・なんてこともせず全て逆張りで勝負。
危険に生きたい。

とりあえず今日はここまで~。

畑は畑で独立していたのが、通路を設けたことでダイダイや奥の花壇とも空間的につながった気がする。特にダイダイはむしろ畑の中の障害物というか、浮いている感じだったのだけど、こうして見ると畑の一部分って感じで、少し、シンボルツリーらしくなった。・・・かな。

小屋側からのアングル。奥のここ↓↓を、ナス科にしようと思っている。



今はまだ何も植わっていないので寂しいけど、これからあんな物やこんな物をゴチャゴチャくっつけてディフォルメしていく予定。
「目で見て楽しい菜園」にしたい。

あ。今、通路だけでなく、色々な場所で花が咲いている。

ボケの奥にヒヤシンスとニホンスイセン。
これらはもともと植えられていたもの。
自分で植えたもの、そうでないもの、色々あるけど、いざ花があちこちで咲き始めるとなんか焦る・・・っ。
ガーデナーの性(さが)だろうか。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.03.20 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム