こいのはな

3月というのは学生にとっても社会人にとっても色々意味のある月で、師走とは別の意味で気がせく。学生は入試、卒業式、就職、新生活への準備などでナーバスになる一方、大人は大人で確定申告やら異動やら決算やらでピリピリする。
この前「そごう」に行ったら、高校の制服を注文する親御さんたちの列が出来ていた。子を持つ家では学校の説明会に出席したり、携帯ショップについていったり、新しいフィールドに旅立つ娘や息子のために親が頭をフル回転させる。
3人、姪がいる。1人がこの3月に高校受験である。奥さんの妹の娘で、これはその姪の筆による。

このあいだ京都に帰ったとき部屋を見せてもらったら、壁に掛かっていた。。
彼女はEXILEと3代目Jソウルブラザーズと「弱虫ペダル」が好きで、友達とよくする遊びは「プリン顔面キャッチ」だそうである。1人が2階からプリンを落とし、もう1人がそれを顔面で受ける。その面白さを目を輝かせながら語ってくれた。
思春期特有の暗さや影といったものがほとんどない、天真爛漫なタフ・ガールである。
入試に落ちたら大工になると言っていたから、もしかしたらDIY野郎だった義父の遺伝子は僕の奥さんを経由してこの姪に伝わったのかもしれない。

ガーデナー的にも3月は大事な月。暖かくなってきて気分も前向きになるし、外に出て土を触るのが心地よくなってくる。
温めていた計画がある人はその準備を、やりかけていたことがある人はその続きを。

窓辺で春を謳うサイネリア。

花を咲かせる喜び。
見る喜び、見せる喜び、驚く喜び。
ただ買ってきて置いただけなのに、こんなに咲くとは思わなかった。
春のなせる業、だね。

カランコエは恋の花だ。
15歳の淡い恋。掃除の時間に始まって終わるような、渡り廊下を渡り切る間に芽生えて萎むような、束の間の恋。
その記憶を花にしたらこんな感じだろう。

紙吹雪のように地面を隠す梅の花。

ようやく少し仕事がトーンダウンしてきたので、こうやって外に出て季節を吸い込むことが出来る。
やっぱり春はいい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.03.08 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム