シマトネリコ計画

我が家の通路。雪で残念なことになってから少しずつ色々植えて、今では点々と、地味だけど「なんか咲いてるねー」くらいにはなった。

花の小径とは行かなくても・・・
これはこれでいっか。
と思う。
もちろん、明日またむっちゃ植える予定だけどねー!
それとはまたちょっと違う話で、ここに実は背の高い庭木を置いたらどうかと今考え中。
こんな感じで↓

ここには(昨日も少し触れた)ソテツ君が植わってたのだけど、何が気に入らなかったのか去年からもう葉っぱも全部落として、多分×になっちゃったぽい。。ので、場所が空く。
後釜は昨日買ったアガベでもいいんだけど、背の高い樹木の方が奥行きも出るし、ここで庭木が梢を風にそよがせたらきっと素敵だろうと思うのだ。
奥さんも同意してくれた。
今日、近所のお店でランチ後、二人でぶらぶら街を歩いていたら、マンションの植え込みみたいなところにイメージに合いそうな樹木が植わっていた。立ち姿に知性と清潔感を感じた。葉が密集しすぎてなくて、透かし気味なのも爽やかだ。
「これがいい。シマネ・トリコだって」ご丁寧に名札がついていた。
「シマトっ、ネリコでしょ」生意気にも奥さんはその木を既に知っていた。いつも1.5歩先を歩いている。
「島根・トリコのほうが覚えやすくね?」
「これって観葉植物じゃないんだ、外でもいけるんだね~」と奥さん。(軽くスルーされ)
「シマトネリコでいいんだったらあそこでも安く売ってたよ。小さい苗だけど」と行きつけの園芸店の名を挙げた。
「じゃあ島渡練子さんを通路に置こう」
どうしても人格化したくなるのだった。
その島渡練子さんがどういう性質の庭木だかまだよく知らないし、気が変わって全然違う庭木を使うことになるかもしれないけど、まあ、もっと胸キュンな通路を目指して頑張りますってことで、乞うご期待。

窓辺の多肉の寄せ植え。

冬の冴えた光を吸い込んでる。
小さい息で。
止まったまま。
はにかんで、
タニカんで。

西の空はしろく輝く。

夕もやの衣に包んだ今日が
帰りたくないと泣くから。
僕は窓辺に立って
手を振る。
明日が来たら、
新しい太陽の胸倉をつかんで、庭に放り投げろ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.02.10 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム