白い、小さな春

今日はさいたま市内は朝から晴天。出張先の岐阜で買ってきた苗たちをやっと植えられる♪

この中で通路に植えるのは斑入りのブルーデージー、ヒメキンギョソウ、ノースポール、ジュリアン、ハナカンザシ、デージー類。全部で20株くらい。
最近、腰痛やら頭痛やら仕事疲れやらで庭から離れていた奥さん。今日は僕が励まして外に連れ出し一緒に植栽。まだ本調子ではないけど、久しぶりに一緒に作業できて嬉しかった。

といっても・・・劇的に「植えました!」ってならないのが切ないんだけど。。。
結構買ったと思ったのに、あの程度の苗じゃ焼き石に水らしい。


僕が通路の後片付けしている間、奥さんはすずらん水仙を植えた。

場所は梅の木の下。奥さん曰く「むちゃいい土」。
梅の落ち葉が天然の腐葉土になってフカフカの土になっているのだ。うちは庭木が多いので、ちょっと掘るだけで巨大なミミズが何匹も出てくる。でもそういう場所は大概日陰だからあまり役に立たない。。。
奥さんが植えた梅の木の下は冬は西日がよく当たり、夏は半日陰になるような場所。元気に咲いてくれますように。

ところでその梅の木・・・

知らぬ間に蕾むっちゃついてるなーって見上げてたら・・・・


咲いてた!

蕾の膨らみ具合からして、来週には満開になるかも。
花を見てこんなに嬉しい気持ちになるのは、きっとそれだけ春が恋しいからだろう。
買ってくる花苗はもう蕾がついているから咲いて当たり前で、こういう驚きや喜びはない。むしろポット苗の場合、ちゃんと植えたのに枯れちまった時の怒りと絶望だけが鮮明に記憶に残ったりする。
まあ、その喜怒哀楽のジェットコースターこそが「安苗ガーデニング」の醍醐味といえばそうなんだけどね。

その梅の木のすぐ隣に、でっかいテラコッタのコンテナが置いてある。

去年の夏はこんな姿だった。↓

それも雪だの霜だのでみんな溶けて消えちゃって、ワイヤープランツだけが残った。(エレモフィラは最近僕が慰め程度に植えたもの)

エレモフィラだけぽつんと立っているのもあまりに寂しい(てか逆に切なさUP)なので、残った花苗を使って寄せ植えた。

サフィニア(2株)を主役に、種から育てた発育の悪いビオラ、斑入りのゼラニウム、ハナカンザシなど。
玄関を開けてすぐ目に入るので、やっぱりこのくらい明るくないとね☆

梅も咲いたし、最近は少し日が長くなった気がする。

通路はあんまり変わり映え映えしなかったけど、地味~に色々仕込んであるので暖かくなったらそれらがどう「暴走」するのか見物ではある。チューリップもどこにどう植えたかイイ感じで忘れてるし(汗)
束の間の休日にグッバイ。
明日からまたお仕事頑張りまーす。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.02.07 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム