ベッキーとSMAP問題の正しい見方

不倫騒動で巷を賑わしている女性タレントがテレビ番組に出演したら、「なぜ出演させるんだ」などと抗議の電話がテレビ局に殺到したそうである。10分で1000件というから相当なものだ。
テレビ局の電話番号を知っている人がそんなにたくさんいることに驚く。
苦情の多くは子を持つママさんたちからだったそうで、その内容というのが「教育上よくない」「子供にどう説明すればいいのか」「不倫中の人を子供に見せるな」
とか。
日本の「ママさん」と呼ばれる人たちの知的レベルが窺えるニュースである。

不義密通は現代では倫理的な罪でしかなく、それ自体に違法性はない。不倫なんかどこにでも転がっている。それが断罪の対象になるか大人の恋愛のままでいられるかは、もっぱら当事者以外の誰かにバレるか、バレないかによる。
僕個人は渦中の二人がテレビに出ていようがライブでキャーキャー言われていようが何も思わない。腹を立てたり眉をしかめる人の気が知れない。彼らの恋愛は僕にとって畳の上でジャンプするノミと同じで僕の生活にほとんど影響を及ぼさない。
怒る資格があるのは彼女に投資をしていたスポンサーや所属事務所の関係者と男が無名の頃から一緒にいたという「情報源」の奥さんくらいであろう。
居間のソファでふんぞり返って漫然とリモコンを握っているような主婦たちに一体どんな迷惑が及んでいるというのか、僕にはサッパリ分からない。
「不倫中の人を子供に見せたくない」というならチャンネルを変えればいいだけの話だ。
SMAPの分裂騒ぎにも首をかしげる。
なぜあの5人がテレビの生放送で全国民に謝罪しなければならないのか、僕にはどうしても理解できない。
古参マネージャーの独立に伴うメンバー間の意見の相違というのは、典型的な<企業内の人事の問題>である。それ以外の何物でもない。
普通の民間企業なら人事がこじれて関係者に迷惑が及んだなら、社長が出てきて謝るのが筋だろう。
この場合、ジャニーズ事務所の代表であるジャニー喜多川もしく副社長が出てきて頭を下げるべきなのである。
例えるなら、両親が大喧嘩して離婚することになり、5人の子供たちがどちらの親についていくかで分裂し、心配して様子を見に来た近所のおばさんに子供たちが頭を下げたようなものだ。
こんな馬鹿な話はない。
なぜ誰もメンバー5人が謝っていることに異議を唱えないのか。彼らは被害者である。
この不始末の責任は全て代表であるジャニー喜多川にある。
彼が直接関わっていようといまいと、何かあったら出てきて頭を下げる。それが社長の仕事である。
それをセンセーショナルな「謝罪ショー」「公開処刑」というイベントでうやむやにしたジャニーズ事務所の姑息さにまんまと乗せられて、ワクワクしながらチャンネルをフジテレビに合わせたオメデタイ日本人がたくさんいた。
『心の鏡』をピカピカにしてもう一度よく考えて欲しいものである。

女性タレントとやさミュージシャンの不倫も、SMAPの分裂騒動も、醜悪なのはそれ自体ではなく彼らを取り囲む<偽善者>の群れと、「ミソギ」だの「公開処刑」だのを意味もなく重んじるこの国の陰湿な慣習と民族性である。
この醜怪極まる<儀礼的集団リンチ>こそ僕は子供に見せるべきではないと思う。
もし僕に子供がいて、これらに関して何か質問してきたら、こう諭したい。
不倫はしても、安っぽい正義をふりかざす偽善者にだけはなるな、と。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.02.02 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム