カレーパン夜話

仕事で出張したとき、よく地方の焼きたてパン屋さんに行く。
車で移動するのでロードサイドのスーパーやモールの中のパン屋さんに行くことが多いけど、タイミングが合えば知らない街角のパン屋さんにも足を踏み入れる。たぶん年間で2~30軒のパン屋さんでパンを買っていると思う。お店でゆっくりランチを摂る暇がないとき、店自体が周囲にないときなど、パン屋さんがあると助かる。運転しながら食べられるからだ。
僕はあんパンとカレーパンが特に好きで、パン屋さんに行ったらどちらかは必ず買う。後悔するほど不味いものに当たることはまずないが、まぶたがウルウルするほど美味しいものにあたることも稀である。
カレーパンに関して言えば、もう「最高のカレーパン」は見つけてある。
↓の鴻巣市にあるパン屋さんのカレーパンが、自分の中ではベスト。
P1170024aaikj (3)
ザックザクの大きめの衣と、辛すぎず甘すぎないルーが絶妙。
P1170024aaikj (4)
生地が分厚くて、「のじ」があって、冗談抜きで食べ終わる頃にはアゴが疲れている。揚げたてのものだと、かじった瞬間にバリバリ!とでかい音が鳴り、じゅわっと油が沁み出てくる。
このレベルのカレーパンをいつも求めているが、このお店以外でお目にかかったことはない。
カレーパンにも色々タイプがあって、僕が不愉快に思うものを挙げると・・・

①ルーがとろとろすぎる
本格派を気取りたいコンビニのオリジナルパンなどによくあるタイプ。噛んだときに脇からはみ出て大変なことに。しかもこの手のルーはえてして不味い。
②具がゴロゴロ
「カレーパン=カレーの入ったパン」と勘違いしている頭の悪いパン屋が不要なサービス精神で作る代物。
ほうれん草やトマト、豆といった一風変わった具がたくさん入っているなら可愛げもあるが、この手のカレーパンの場合、入っているのは往々にして硬いニンジンの角切りと筋張った何肉とも知らぬ肉である。肉が特に大きく、不味い。
③衣が細かすぎる
どういう作り方をしているか知らないが、表面の衣がやたらと細かすぎて、ピロシキのように見えるもの。この手のタイプはカレーパンの作り方を知らない人が作ったものであるからほぼ確実に不味い。

・・・まあ、あくまで僕の好みだから、トロトロのルーが好きな人もいればゴロゴロの具が入っていると嬉しいという人もいるだろう。
とありあえず↑のお店のカレーパンは僕の苦手な要素は皆無で、100点満点。

アンパンマンを観ていてもカレーパンマンが出てくると応援したくなる。

て今日なんの話?(汗)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2016.02.01 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム