ロックなリースの寄せ植え~GUNS N' ROSES~

先日紹介した「百円のリース」を使って、今回は男臭いリースの寄せ植えに挑戦した。言うなれば、ロック野郎の、ロック野郎による、ロック野郎のためのリース!



作品名:Welcome to the jungle

昨日、銀色に塗装したおもちゃの鉄砲の使い道はこれだったのだ。
全くの門外漢の人のために言っておくと、真正面に書いてある通り、これはガンズ・アンド・ローゼズというバンドをイメージしたリースである。ミニバラは説明不要として、両サイドの黒竜でハードロックのうるささを、ミカニアでイジー・ストラドリンのルーズさを、シロタエギクで「ユーズ・ユア・イリュージョン」以降の金属的な音楽性を表現!!・・・したつもり。個人的には上出来。特に百円ショップで買ったおもちゃのピストル。ラッカーでスプレーしただけでモデルガン並の光沢を放つようになったのは驚天動地。

愛用のベースとミニアンプと。



ちなみに、バンドネームの入ったプレートはステンシルで。

①気に入ったフォントをコピー用紙などにプリントアウトして、貼って剥がせるスプレーのりを吹きかける。のりが乾くまで少し待って、任意の場所に貼りつけたらカッターなどで文字を切り抜く。



②30センチくらい離してシュッシュと数回に分けてスプレーする。(近距離から一気に吹くとにじむので注意)
スプレーしたら乾くまで待つ。(1時間も待てばOK)



③ゆっくり丁寧にはがすと、はい、出来上がり。



こんなぼろぼろの木じゃなくて、もっとちゃんとした木やボードに「Welcome」とか「Merry Xmas」とかスプレーして玄関にぶら下げるのもいいかもしれない。

園芸店でミニバラを見て「あ、ガンズのリース作ろう!」とひらめきに任せてやったのだが、実際作ってみて気付いた。意外にガンズって園芸と相性がいいぞと。
でもよく考えればそのはずで、ガンズは今でこそ「ヘヴィー・メタル」「インダストリアル・ロック」のイメージが濃くなってしまったけれど、当初はブルースを基礎とした泥臭いロックンロール・バンドだったのだ。骸骨のジャケットとは裏腹に、その出で立ちはカウボーイハットにスカーフ、皮のブーツといった、まんまカントリー・スタイルで、特にボーカルのアクセル・ローズなどは、畑の隅に置いてあるオンボロのトラクターに寄りかかってタバコをふかしていてもおかしくないような、そんな田舎臭い雰囲気があった。サウンド自体も、柔らかかった。
だから園芸のような有機的な分野とも調和するのだろう。

今までの人生のかなりの時間をロックに費やしてきたガーデナーの一人として、これからも引き続き「ロック」と「園芸」をフュージョンさせた寄せ植えやリースを制作していこうと思う。

↓こういう人たちだっているわけだし・・・。






クリックしてもらえると励みになります!
guns_ba




関連記事

2011.10.31 | | 100円で出来るリース

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム