大晦日もガチ園芸!

大晦日。今日は午前中車を洗って、午後はお正月の飾りつけをしたり、

門松を付けたり、
  
先日「逆レイズド工事」で拡張したつるばらの花壇に種から育てたパンジーを植えまくったりした。

長らく行く宛てもなくポットのまま根詰まりを待つしかなかったチビっ子パンジーたち。
普通の花壇のノリでレンガの近くにスコップを入れたら「硬っ!」
そうか。。そういえばここは数日前まで地面だったのだ。。。
後ろの方は耕してあるから柔らかいが、パンジーは背が低いから前に植えないと・・・。
結局、土をイチイチほぐし、元肥のマグァンプKを入れて、植える・・・という感じだったから意外に時間がかかった。もう途中からマグァンプを上から振りかけて適当に穴掘って苗を押し込んでいく「やっつけ植栽」にしちゃった。。。

こんなに植えてもまだあと3~40株ポットに残ってる。。
そのポットは大きめのサイズだから生育に問題はないと思うんだけど、種から育てるのも考えものだな~。

園芸店に行ってもパンジーを買えない(買う気にならない)ので、色とりどりの植栽が出来にくいし、春まで多分花は咲かないだろうし、植える場所に困るし。。
コスパはいいけど即効性がないし。。。
う~・・・ん。。
って、大晦日に庭に突っ立って考えることじゃないか。

僕が植えている間に奥さんが収穫した、正月料理に使う野菜たち。

サトイモ、ホウレンソウ、大根。買わずに調達できるのって、やっぱり贅沢☆

通路にも色々植えた。
中でも、これ。
ケントランサス・コクキネウスという花。(セントランサス・コッキネウスともいう)

オミナエシ科の宿根草で、タグの写真のように草丈80センチくらいまで伸びるらしい。耐寒性は-10℃。
上がピンクで、もう一株は白。(スノークラウト)

初めて植えるのでどんな風になるのか楽しみ。

来年から奥さんは「邪道」な花苗にも果敢に挑戦していきたいそうで、手始めに購入したのがこれ、「スーパーアリッサム」。夏を越えるように品種改良された多年草型のスィートアリッサム。

「邪道」といわれても意味が分からない人のために説明すると、花苗にも音楽や映画などと同じように「王道」と「邪道」がある。
例えばチューリップやアイビーやバラやひまわりのように大昔から親しまれてきた草花を「王道」だとすると、ビール会社の駐在員がブラジルからペチュニアの原種を持ち帰って改造して作った「サフィニア」などというのはお堅いガーデナーたちからしたら邪道もイイトコロ、となる。
ロックで例えるなら、ユリやギボウシやジギタリスをローリングストーンズだとすると、この「スーパーアリサッム」だの「サフィニア」だのというのはワム!みたいなものなのである。
同じように「ミリオンベル」、「アズーロ・コンパクト」、「サンパチェンス」といった品種も同類で、こんなものばかり玄関先で咲かせていても一生涯、正当な評価は得られない。それどころか嘲りの対象である。
まあ、まず間違いなくイングリッシュガーデンやナチュラルガーデンを目指しているような人はこれらの花は買わない。彼女たちからしたらこの手の花は己の庭の価値を貶める<邪悪な花>なのである。
まあ、気持ちは分かる。
だってあからさまに試験管ベビーなんですもの。
ナチュラルライフの原則に反しますわ!
でもよく聴けば、ワム!もローリングストーンズに引けを取らないグルーヴ感と技術力を備えていることが分かる。イメージだけで食わず嫌いせず、何でもやってみましょう、というのが奥さんの考えである。彼女は春になって「アズーロコンパクト」を買うのを今から楽しみにしている。
それにウィキペディアによると「サフィニア」は1990年代から始まる日本におけるガーデニングブームの火付け役で、サントリーがサフィニアを大ヒットさせたことで同業他社もペチュニアの品種改良に乗り出し、「ペチュニア戦争」と呼ばれる事態にまで発展したらしい。
つまりサフィニアのような育てやすい、ちゃんと咲いてくれる花が登場したことで新たな市場が開拓され、園芸人口増加に繋がった、ということだろう。ニューウェーブな花だったわけだ。
すごい花じゃないか。まさにワム!だ。
それだけでリスペクトものである。

って、
うわ。。
大晦日に熱く語ってしまった・・・。
およよ、今年もあと3時間か。。
こんなブログを1年間応援してくださった方々、ありがとうございました。
皆様よいお年を。
2016年も「庭にいます」をよろしくお願いいたします。m(__)m

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.12.31 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム