地面を削って「逆レイズド」作戦

おととい(土曜日)の夜。隣町のホームセンターへ赤玉土を買いに行ったら・・・

いい感じのレンガ(しかもデカイ)がむちゃ安で売ってて・・・

大人買い50枚。

といっても衝動買いではない。・・・と言いたい。
前にも書いたと思うけど、つるバラが植えられている西側の家の壁面を縁取りしたいという願いがあって、防腐剤を塗った2×4材を埋め込もうとか色々考えた。
過去記事↓(2015/11/3)

考えたけど木材でやるという選択肢は激安のレンガの前で吹っ飛んで忘却の深海へと沈んだので、結局レンガでやることに。。。
レジのオバチャンに協力してもらって、二重にしたビニール袋に5枚ずつレンガを入れ、計10袋のダンベルのような重さの袋を車に積み込み、家の駐車場からは手押しの台車へ積み替え、あの長い通路を台車を押して上り、玄関前にガラガラと降ろして搬入終了。正直、これだけで何かの達成感を感じるレベル。
レンガって1枚1枚が小さいからつい軽い気持ちで買っちゃうけど・・・・
重いよ!(笑)

そして日曜日の朝、前日より最低気温が5度近く下がった寒風吹きすさぶなか、腕組みしてレイアウトを考える馬鹿が1人。
さてどうするか。。。

自分の案は↑の画像のように、奥の小さい物置(蛇口とホースがある)の前に半月型のサークルを作りつつ、ツルバラの前はシンプルにレンガを寝かせて埋め込んで縁取りにしようというものだった。
奥さんにそれを提案したら、
「私はここ(植え込みの前)の土を掘って低くして、ツルバラの辺りを盛り土したみたいに高く見せる計画だったんだけど。そう言わなかったっけ?」
と言われた。
「そう言わなかったっけ?」と訊かれるとき、男はひどく情けない気持ちになる。確実に自分が聞き漏らしていたか違うことを考えて聞いていなかったからである。
情けない気持ちになると、そういう自分とそういう気持ちにさせる相手に対して腹が立って来る。否定したくなる。否定したって自分が抜けていることには変わらないのに、あがけるだけあがいてみようという愚かな、そして無駄な試みに自分を賭けてみたくなるのである。
「お前は俺のブログを読んでないらしいな」(あんなに面白いのに)
と僕は言った。
僕は以前にこの場所を「縁取りたい」と書いたことを説明した。
「だから俺は最初っから地面を掘ってどうこうしようなんて考えもしなかったのだ」
「あなたは考えもしなかっただろうケド私はそうしたかったの。削った土を畑に移したいって、言わなかった?畑の土、減ってきてるからって」
「それは聞いた。でも反対」
「なぜ?」
①土を掘ったり削ったりするなんて大変そうだし、②雨の日にそこだけ水溜りになりそうだし、③ガス屋さんがプロパンの交換に来るとき歩き難くなるし、④どうなるかイメージが湧かない。
「ガス屋なんて2ヶ月に1回しか来ないじゃない。まあいいわ。じゃ、あなたの好きにして」
降参のポーズをとって奥さんはどこかへ消えた。
彼女はよく「あなたの好きにして」と言い残して去る。別の言葉で言うと「勝手にしやがれ」という意味だ。
去られると男は猿になる。所在ないアホな猿に!
「くそったれ、低くしてやろうじゃないか」
僕はスコップを握り、地面に突き刺した。植え込みの縁に沿ってスコップを入れ、土を掘り返していった。
そうするうちに、だんだんと、奥さんのしたかったことが分かってきた。少し離れて掘り返した穴を見たら、パっと鮮明な写真が目の裏に浮かんだ。その絵はなかなかクールだった。オモシロイと思えた。
「ちょっと、何してるの?」
奥さんが戻ってきて呆れたように言った。実際呆れていた。
「見えたからやろう」
「はあ?」


奥さんの監督のもと、まず10センチほど掘って、小道を作っていった。

掘り出した土はテミへ入れて背後の畑へ。
「この調子ならかなりの土が補充できるな」
「ちょっと削っただけなのにね」

整地完了。約10センチ掘り下げた。

元の地面との境目がガクンとならないように、なだらかな傾斜にするのがなかなか難しかった。

花壇部分は10センチ上がったように見えないと意味がない。このままだとよく分からないので、レンガで縁取りをする。

ここからは僕のソロタイム。
奥さんは日陰の庭へ先日買ったジギタリスを植えに行った。レンガ嵌めは僕の方が慣れているので・・・。
こんな感じに花壇の縁にレンガを立てて半分ほど埋め込んでいく。

ギリギリではなく少し前に縁取りした。その分新たな植栽スペースが生まれてあれやこれやと植えたいものが浮かんでは消える。
<植えられる場所が増える>って、ガーデナーにとって最上の喜びだよね。

遠くから見るとこんな感じ。

「わー。あの高さを歩いてたんだねー。なんかもう信じられないわ」と奥さん。
「不思議なもんだ」

仕上げに余ったレンガでステップを作った。

ヤバイ。。暗くなってきた。。。
太陽が沈む10分前くらいにどうにか完成した。

とまあ、そんな訳で・・・新しい花壇の誕生です☆
今までは花壇って呼べなかった。ただの「つるばらが植わってる場所」だった。
今は立派な花壇。胸張って花壇。
ケンカした甲斐があった・・・。

最終的に土・・・

こんなに。
これで「高畝栽培」できるようになるかな。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.12.28 | | DIY(園芸雑貨・家具)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム