■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
夢のツールが生んだ現実
今日は六本木でさらっと仕事してそれから新宿でガチ仕事。
日差しがきつくて日向を歩いていると額に汗が滲んだ。
かといって半袖で歩いてるのは外国人くらい。
何を着るべきか悩む季節である。
空調も悩んでいるのかどこに入っても微妙な温度。。。(-_-;)
電車も駅も、商業施設のエレベーターもエントランスも廊下も風がない分むしろ外より蒸すような。。。
一番涼しかったのは銀行のATMだった。。クーラーガンガン。

話は変わるが聞けばトヨタとソフトバンクが手を組んで新会社を設立するそうな。
その名も「MONET」(モネ)
マネでもルノアールでもない。
その新会社では新しい未来型の車社会を創造するという。
例えば無人のワゴンが自動運転で家まで来てくれて、その場で試着や決済ができる「無人移動型店舗」や、車で移動しながら仕事が出来る無人運転の移動型オフィス、そして空飛ぶ車の開発。。。
夢いっぱいである。
しかし水を差すようで悪いが、インターネットが一家に一台行き渡り始めた頃(2000年代初頭)、巷では「ネットによってどこでも仕事が出来るようになるからもう出勤も満員電車もなくなる」などとまことしやかに囁かれていた。
仕事の効率化は格段に進み、残業も減る、新たな職種が生まれ雇用も促進される。
いいこと尽くめの夢の「ネット社会」が約束されていた。

考えてみればそう思うのは当然で、事務ワークに限って言えば電話とネットがあればある程度の仕事は家でも出来る。クラウドでファイルや情報を共有すればもっと出来ることは増える。
それも技術的にはとっくに出来るようになっているし実際SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)なんてのも00年代後半あたりから流行りだした。
もちろん製造業や接客業、サービス業のように必ず現場や店頭に立たなければならない仕事は別だが、世の中の「事務仕事」のきっとかなりの割合が、技術的には自宅でも可能なはずである。
しかしネットが普及してもう20年近く経つが、満員電車はなくなっていない。その兆しすらない。
スマホも出来た、そのスマホで冷蔵庫の温度管理もエアコンの電源も入れられる「ユビキタス化」も進み、さらにそのユビキタスも古くなって今は「IoT」(あらゆるモノがネットでつながり高度な情報共有や管理がされる社会のこと)である。
しかしながら我々の暮らしが格段に楽になったという実感はない。
残業もなくなるどころか「ブラック企業」なんて言葉が流行るくらい当たり前のように行われ、本格的に「社会問題」とされるようになったのだって電通の社員が自殺してからだからつい最近の話である。
スマホやメールやSNSやクラウドのお陰で仕事の効率は上がったかもしれないが、逆に便利になった分、こなさなければならない仕事が増えているのもまた事実である。

たとえば昭和の時代は外回り行ってきますとなったらメールなんてないから空いた時間は喫茶店でタバコ吸ってぼーっとしていても咎められなかった。
『サザエさん』のノリスケなんてイササカ先生が消えたら磯野家で昼寝して起きたらカツオにたぶらかされてうな重を取って食ってまた寝る、みたいなビジネスライフである。ノリスケはある意味特殊な職業だが、それを差し引いても優雅な時間の使い方をしていたもんだ。もしノリスケにスマホを持たせたらノリスケのキャラは成り立たない。
最近はどのカフェに行っても必ずそこでキーボードをカチャカチャいわせている人がいる。
電車の中でもやっている。
よく「もう波平みたいな家父長制の象徴みたいな父親は絶滅した」といわれるが、個人的にはノリスケのほうがずっと<絶滅危惧種>だと思っている。厳格な父親はいても、あんな優雅なサラリーマンはもういない。
喫茶店で紙と睨めっこして眉間にしわを寄せている人種なんて、昔は下手なラブレターを書いている学生か、締め切り間近の作家くらいのものだったはずである。
つまり、自由が広がり、その広がった自由の部分にまで仕事を詰め込んでいるのである。
中には「カフェでカチャカチャやる私ってどうよ?」と、いかにも出来る自分をアピールしたいだけの人もいたり、また逆に本当に切羽詰っている人もいるかもしれないが、いずれにせよ、自分には気の毒な光景に映る。それが私服でただ実家の母親に愚痴のメールしてるだけなら話は別だが、明らかにその手の人たちはそれを送信してまたオフィスに戻るような雰囲気なのである。大変だ。

で、そんなに頑張ってるのに日本人の仕事の効率(労働生産性)の悪さはG7中最低である。
労働時間に対して生産性が悪すぎると世界中から叱咤されている。
余計なお世話だ馬鹿と言いたいところだが、カフェでもカチャカチャ言わせているような民族なのに結果が伴っていないとなると確かにおかしい。
というか不思議である。
そんな訳だから、この不思議の国の「MONET」(モネ)が新しい車社会を実現させたとしても、やっぱり夕方6時の駅には「空いている車両からお乗り下さい」「無理に乗り込もうとしないで下さい」というアナウンスが響き渡っているのだろうと思ってしまうのだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


時事問題 | 21:11:45

FC2Ad

まとめ