■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
サボリ後
また四国に出張だった。なかなかブログを更新する暇がなく、暇があっても飲んだり温泉に入ったり遊んだりしていたからろくでもないガーデナーなのである。

夏目漱石、正岡子規、坂の上の雲、道後温泉・・・松山という街は情緒と文化をこね回して創ったような、「大人のディズニーランド」とも言うべき少々出来すぎた街である。
松山に来たのは2度目。
20歳そこそこで初めて来たときの鮮烈な印象をひとつも損ねることなくその街は今日も歴史の中に輝いている。


徳島では祖谷(いや)を周った。

吉野川でラフティングを初体験した。

ラフティングというと分かりにくいが要するに渓流下りとかボート体験である。

かずら橋。

みんなオロオロしながらも橋上からの絶景と同伴者との記念撮影をしたくてスマホを取り出す。ガラケー時代のようにストラップというものがないからきっと自分のようなドジな人は落とすに違いない。

幸い自分はまったく怖くなかったので落とさずに住んだが、この川底に一体いくつのスマホが沈んでいることだろうと思った。

かずら橋を渡りきったところに滝がある。
その滝の近くで面白い光景を見た。

僕の大好きなシュウカイドウが群生していたのである。

壁に(笑)

苔むした壁面が巨大な苔球のようになって、そこにシュウカイドウがムカゴを落として自然に増えていったのだろう。
山登りや古寺巡礼をよくする人にはよく見る光景かもしれないが、2年ほど前にシュウカイドウを知ったばかりの自分にとってはこういう咲き方をしているのがなんとも面白く映った。

かわゆすぎる。。。
苔というのは考えてみると非常にユニークかつ汎用性の高い「素材」だ。
もちろん日陰で多湿の場所でなければならないから手軽に使えるものじゃないが、この「苔ウォール」にはなにかしら可能性を感じる。。。(-_-;)

そんな訳で出張のような遊びのような旅を続けているうちに9月になってしまった。気温も下がって今日などは非常に涼しい。
台風も来る。
台風に有給休暇をやりたい。
そう頑張らなくていい。
週末はずっと天気が悪かったから出張の間に荒れた庭の手入れも出来ずじまい。
明日からまた1週間身を引き締めて頑張ります☆

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












行政書士 産業廃棄物 許可


未分類(日常、随筆) | 22:36:53

FC2Ad

まとめ