■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
夏と戦争
テレビをつけたらニュース番組が、特攻隊の生き残りの老人を取材したルポを放送していた。
平和のありがたさを伝えるものだ。
そうかそろそろそんな季節かと思った。

戦後日本の夏は戦争とは切っても切り離せない。
僕のような、「戦争を知らない子供たち」が生んだ子供世代にとっても、この国の夏とは、決して明るく楽しいだけの季節ではなく、ランニングシャツの裾に、イヤでも慰霊の鐘の音と線香の香りが染み込んでくる、そんな複雑な季節であった。
もちろんそれは濃度は違えど今の子供たちも同じであろう。
夏には、日本人としてこの国に生まれた者すべてが等しく吸い込む「悲しみのにおい」がある。
そんな「夏」は、当然ながら明治の人も江戸時代の人も室町時代の人も経験していない。漱石も芭蕉も利休も親鸞もこの独特の日本の「夏」を知らない。
知っているのは日本の歴史上、僕たち戦後を生きるものだけである。

無論、戦争はいつの時代にもあった。
京都の人が「先の大戦で」というとき、それは大東亜戦争のことではなく応仁の乱のことを指す(!)、なんて話も冗談半分にせよあるくらいだからいつだってどの季節にだってどの地方にだって、何かしら鎮魂、慰霊、反省、平和への祈念といったものが季節に織り交ざって流れてはいただろう。
しかしここまで高度に近代化・民主化した社会の中で、国民全体がメディア等によって同じ反省や後悔、平和の尊さを半ば強制的に感じさせられなければならない時代は以前にはなかった。
良い悪いではなく、大東亜戦争へのあらゆる感情は、儀式化され慣習化され、戦後日本の夏に溶け込み一体となって、汗ばんだYシャツの背中に、アナウンサーの声の中に、サンダルに、物干し竿に、畳に、そうめんのつゆの中に、甲子園のグラウンドに、午後の静かな駅のホームに、高い高い夏の空に、せみの声に、公園のベンチに、空き缶に、点滅する信号機に、宿っている。

そして僕はそんな日本の夏を嫌いになれない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





時事問題 | 23:58:08
賭け
今日は午後、図書館に行ったついでにホームセンターに寄ってトウモロコシの種を買って来た。
トウモロコシはGWの前に奥さんが確かに蒔いた。
しっかり蒔いた。
去年の使い残しの種を・・・。(-_-;)
どうせ出やしない、二度手間になるからやめておけと散々忠告したが無視された。
「賭けてみたい」というので放っておいた。
「わたし、去年の腐った種に賭けてみたいの!」ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
そしたら案の定、発芽率0パーセントという驚異的な結果を呼んだ。
自分も人の忠告を無視して賭けてみたくなることは多々あるので何も言わなかった。
腹の中で愚か者めが!と思うくらいである。

種を買ったあたりから雨が本降りになってきた。
すでにかなりの遅まきになるから出来れば今日蒔いてしまいたかったけど、しょうがない。
帰宅後は仕事仕事。。
重苦しい梅雨の空の下に咲くルドベキアの能天気さが可愛い。
早く夏にならないかな。。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












行政書士 産業廃棄物 許可


ガーデニング | 23:07:57
農家
今日は朝から晴天で気温も30℃近くにまで上がった。
半年がかりで手がけてきた未経験の大仕事(農地関係の仕事)が今日ようやく終わり、肩の荷が下りすぎて逆にしばらくのあいだ喋るのも億劫なくらい脱力した。
自分ではそれほど意識していなかったが、やっぱりずっと気を張っていたようだ。
クライアントのところへ業務終了の報告と今後の流れについて説明しに行ったらねぎらいの気持ちとして敷地内で育てている野菜を頂いた。
なすとシシトウと、珍しい白いキュウリが入っていた。初めて見た。
先方は僕がガーデナーだなんて思いもよらないので「接木苗を買いなさい」とか色々教えてくれた。

今回の仕事は農家と農家の間を走り回っては話を聞き、相談に乗り、行政とのパイプ役になったりとなかなか骨の折れるものだった。
普段農家との接点などないので最初はどう接したらいいのか分からず結構緊張した。
僕が普段接しているのは会社の事務員さんとか社長とか個人事業主さんとかなので、「必要なものFAXするんでメールでシュイッとおなしゃーっす」みたいなノリでやれる。しかし農家さんというのは事業主といえば事業主だが大概は兼業農家であり、ましてや窓口になってくれるのが奥さんだったりするので言ってしまえば普通の主婦である。
日常、普通の主婦と話すことなんてない。僕が主婦の人と話すのは頭にタオルを巻いて通路の先っぽで安苗を植えまくっているときくらいである。
何度も通ううちに次第に信用されて最後には自分のスマホに直電してきてくれるまでになったが、なぜだかコワモテの建設会社の社長と話すより緊張した。
多分、プライベートだったら農家だろうと酪農家だろうと笑福亭鶴瓶なみにフランクに話す自信があるが、仕事だとそうも行かない。難しい話を砕いて、出来る限り分かりやすく説明しようとか考えなきゃいけないからだろう。鶴瓶はあれが「仕事」だからラクでいい。

明日は雨らしいからチビチビ仕事してまたーりと過ごすとするか~。
やっと休める。。。(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










産業廃棄物の許可が欲しい!


未分類(日常、随筆) | 22:51:02
錯覚サッカー
サッカー日本代表が強豪コロンビアを2-1で下して初戦を白星で飾った。
テレビをつければまるで優勝したみたいなお祭り騒ぎだが、4年後、8年後、未来の日本サッカーの成長という点で言うと完膚なきまでに惨敗しておくべきだったと個人的には思う。
明らかに本調子でない国(しかも一人少ない)を相手にとんでもない幸運を味方につけて勝っただけの試合を、あたかも実力で勝ったかのように錯覚すれば、この4年間の間に露呈した無数の問題・課題を見つめなおす機会を失う。
たとえばオマーンだのシリアだのといった「勝てそうな国」を呼んで圧勝して国民に日本は強いと錯覚させる、毎度おなじみの「国際親善試合」の無意味さも、興行収入とスポンサーの都合が優先されて決まるA代表の選考基準についても、アギーレ、ハリルホジッチといった外国人監督の連続解任劇の責任の所在についても、この勝利の爆風で全部吹っ飛んでしまう。ウヤムヤどころじゃない、消え去るだろう。
相撲協会は改善の見込みはほとんどないが、マスコミに連日取り上げられたため世間的に「相撲協会黒すぎ」と思う人が増えた。レスリング協会もアメフトの日本大学も然り。
しかし日本サッカー協会はというと、そういったダメージをほとんど受けずに済まされている。
少なくとも既存メディアで田嶋会長やサッカー協会を名指しで批判する人間はいない。
それがスポンサーの圧力によるものなのかテレビ局お得意の「忖度」なのかは定かではないが、とにかく日本サッカー協会は試合に勝とうが負けようが大会直前に監督を辞めさせようが意味不明な選考基準で代表チームを作ろうが、テレビの中では袋叩きに遭うことがない。批判はネットの中だけに封じられている。
小柳ルミ子やセルジオ越後がどんなに毒舌だろうと、地上波で本田や香川やサッカー協会をボロクソに言うことなどない。そんなことは許されないのだ。
日本にプロサッカーリーグが出来て27年。
27年だ。
27年も国を挙げてサッカーをやって来て、いまだに物凄いハンデを負ったコロンビアにほとんど運だけで勝って、それを頭空っぽにして無邪気に大喜びしているレベル。
これを問題といわずに何を問題というのか。
本当の「金星」というのは、ドイツに勝ったメキシコや、アルゼンチンと引き分けたアイスランドのような国のことを言うのだ。
アイスランドなんて人口35万人しかいないうえに冬は外でサッカー出来ない国なのに初戦の相手がアルゼンチンで、普通なら「やってらんね」と腐るところが臆することなく果敢に戦い引き分けた。
関係者たちの綿密な戦略と選手たちの「勝ちたい」という気持ちがあったればこその結果だろう。岡田監督によればなんでもアイスランドでは青少年が冬でもサッカーに励めるように室内サッカー場を建設し、その結果未成年の喫煙率と飲酒率が激減したという。競技は違うが北見市のカーリング女子を思い出した。
突如として躍進する国やチームには背後に必ず入念に組まれた合理的で論理的な戦略(ストラテジー)がある。
目標達成のために、どういう階段をどういう風にいつまでにどの程度上がっているべきか・・・それを考えて実行するのがチーム運営組織の仕事である。
日本サッカー協会にはそれがない。
目標は何なのか?
世界で通用するワールドカップで勝てるチーム作り??
それも違う。もしそうなら普通は「ハリルじゃホンダが試合に出られないから」なんて理由で開幕直前にW杯未経験の人に代表監督を託したりしない。
つまり、日本サッカー協会に目標なんてないのである。
日本における「代表」の意義とは、なんとなくそのときそのとき盛り上がってスタジアムに客が来て協賛企業が広告を打てて、勝った負けたの一喜一憂を繰り返し、ときどき日本人選手が海外の有名クラブへ移籍して話題を振りまき、W杯予選が始まれば「負けられない戦いがそこにある」などといかにも神妙な顔で見守ったりするその気持ちよさを提供すること、これに尽きる。
そう考えるとこうやって大真面目に日本のサッカーの未来のことなんか考えるのも馬鹿らしくなるが、勝利から一夜明けたネットやテレビの単純馬鹿さ加減があまりにも酷かったので言わずにいられなくなった。
自国の代表チームを、国威発揚とお祭り騒ぎの発生装置として見るしかないというのがいちサッカーファンとして悲しい。
どうせなら未来を思ってワクワクしたいのに。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






産業廃棄物の許可が欲しい!

未分類(日常、随筆) | 23:55:33
楽しい庭
今日は真夏のような暑さ(>_<)
庭では八重咲きのユリが咲いた。

水仙が咲き、オダマキが咲き、バラが咲き、クレマチスが咲き、バーバスカムが咲き、リアトリスが咲き、アガパンサスが咲き・・・・ユリが咲いた。
なんだかんだ言ってうちも以前よりずっと多年草や宿根草、球根の恩恵を受ける庭になってきたと実感。
これは別に僕が1年草に飽きたとか路線変更したとかではなく、単に今年はちょっと1年草を買いに行って植える暇がなさすぎるだけ。
本当だったらコリウスばーん!ユーフォルビア・ダイアモンドフロストばばばーん!サルビアどっかーーん!ジニアうりゃああー!
。。。な賑やかな庭になっているはずなのだ。
そう考えると1年草ってなにげに大変だな。。。
買って来て植えて、枯れて、掘り起こして、また違うの買って来て・・・・
の繰り返しだからね。
今まであんま意識したことなかったけど、なんか知らんが宿根とか多年草が頑張りだした今の庭を見るとそう思うわ。。
買うのが楽しい☆買いに行くのが楽しい☆なにより植えまくるのが楽しい!♡
みたいなノリでしかなかったから面倒とか手間だとかいう意識がなかった。

自分としてはやっぱり1年草を取り入れたポップな庭が好き。
この庭じゃお洒落にするといっても限界があるし(貸家だし)、かといって自然派の庭って柄でもないから、とにかく楽しい庭になればそれでOKだわ。

あーー。そろそろ園芸店行って爆買いしたい。。。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






産業廃棄物の許可が欲しい!

ガーデニング | 23:23:59
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ