■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
ひょうたん島
春の嵐がもたらした温かさがヘレボの開花を促したのか、こんなに元気よく咲いている。


とはいえ、植えられている場所が場所だけに他にも咲いていてもまったく目立たない。

たとえ咲いていても写真撮りにくすぎ。
この空間もなんとかならんもんかね。。
せっかくのヘレボがまったく活きてない。
最近、「フォトジェニック」という言葉をよく目にする。
「写真(photo)」と「~に適する」という意味の「genic」を掛け合わせた造語で、インスタグラムの流行とともに使われだした言葉だ。
「間接照明がお洒落なフォトジェニックなお店」とか「高さ30センチのパフェなどフォトジェニックなメニューが揃う」とかいう。
なんでこの言葉を持ち出したかといえば、このヘレボの植わっている場所がまったく「フォトジェニック」じゃないからである。
むしろ「フォトに適さない」という意味で「フォト駄目ック」と言いたいくらいだ。
そんなことは数年前から分かっていたのだが、結局どうにも出来ずに今に至る。
何もしないまま新しい言葉が生まれ新しい写真文化が広まり・・・この庭はまったくそういう時流に乗れずに今日もぷかぷか浮かぶひょうたん島みたいな庭である。

ヘレボといえば、こんなものも植わっている。

原種のヘレボだ。奥さんによると僕が買って植えたらしい。
そういえば植えたような植えないような。。。
それにしてもデカイのよ。

同じヘレボでもここまででかけりゃイヤでも目に付くけど、デカすぎてなんか怖いんだよね。。。(-_-;)
葉っぱもギザギザしてて。花も白とかパープルじゃなかった気がする。
しかしそれも見せ方次第。
がんばろ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

ガーデニング | 23:53:18

FC2Ad

まとめ