■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
待ちながら攻める。
今日は午後から千葉でお仕事。駅のホームに立っていると空っ風が容赦なく吹き込んできて寒い寒い。まだまだ春の遠いことを痛感。。(>_<)

千葉の人にこの前の大雪のことをきいたら「千葉市内も降ったけどすぐ溶けちゃいました」。羨ましい限りである。うちなんか30センチくらい積もったよと言ったら誇張していると思われた。
しかし季節は巡る。
寝ていようと走っていようとずっとホームに突っ立っていようと必ず春は来る。
草は芽吹き、ヘレボの蕾は膨らみ、梅の花が咲き、虫が飛び始める。
仕事も恋愛も何もかも「待ってるだけじゃ始まらない」とよく言われるが、季節だけは待っていれば良い。むしろ待つことが肝要だったりする。何か自分からアクションを起こしたところで暖かくなる訳でもなし、ただじっとこらえて待つしかない。
出来ることといえば運動をして汗を流し風邪を引かぬよう気をつけることくらいである。
正月からジョギングを始めたのだが、冬ほど走るのが気持ちのいい季節はないと知った。走り終わった後、空気の冷たさと自分の熱とが皮膚の数センチ上でこすれ合い、まるで爽快感のマントをまとったようなあの感覚は冬だからこそ味わえる。
なぜだか汗もたくさん出る。体が汗を流すことを喜んでいるような感じさえする。
待っていても春にはなるが、その頃今より5キロ痩せていればなお結構である。

園芸的な話をすればバラを植えたり、またバラの剪定や誘引をしたり、畑の土の天地返しをしたり、花壇やお洒落空間を作ったりとオフシーズンだからこそ出来る「作業」が色々ある。
我が家も色々プランがあったが雪で出鼻をくじかれたのと仕事が忙しいのとで頓挫中。。。
ギリギリになってあたふたするのも一興だが、徐々に<待ちながら攻める>ようにシフトしていこうかな。
って、何から手をつけたらいいかよく分からんのだけど・・・・(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








産業廃棄物の許可なら

園芸コラム | 23:10:41

FC2Ad

まとめ