立春ガーデニング

今日は立春らしく朝からポカポカ陽気。庭の雪もほぼ溶け、溜まりに溜まった「園芸したい欲」を解き放つべく庭に出た。
買ったまま手付かずだった花苗たちを持ってきて、鉢植えやハンギングにした。

ジュリアン、キンギョソウ、葉牡丹、パンジーといういつものメンツだが、こうしてひっちらかして園芸を出来ること自体がうれしい。


途中、弱い雨が降っては止み、降っては止んだ。
西の空は明るく、雲の縁がオレンジ色に輝いていた。
まだ春は遠いが、きっとあっという間だろうと思わせる空の色であった。

植栽のあとは通路の大掃除。
まだ隅っこに雪が残っていたのでシャベルで雪をどかし、折れた枝を剪定し、猫背に傾いてしまったストックをまっすぐに植えなおしたりした。
道行く人が雪をかく音を聴いて「この家はまだ雪が残ってるのか」と言わんばかりにガン見しながら通り過ぎてゆくのを「見世物じゃねえぞ」と心の中でつぶやきながら黙々とクリーンアップしていった。
確かにずっと雪が残っているというのはイコール「日当たりが悪い」ということだから、自慢できることではない。
今日の「趣味の園芸・野菜の時間」で、菜園に積もった雪をどうするかと訊ねられた講師が「東京の雪は溶けるのが早いですからそのままでいいです」と言っていたが、うちの場合放っておいたら桜が咲きそうである。
というのは大げさにしても、全体的に日当たりがあまりよくないのは確かである。
その割りによくやってるなと自分でも思うが、咲かない花はまったく咲かないし、出来ない野菜は何度やってもできない。トウモロコシもトマトもサツマイモも、連敗記録更新中である。今年はサトイモさえ失敗した。このうえさらに隣家が家のリフォームなどして3階建てになどしようものならそれこそジ・エンドだろう。
ふぅ~。

まあ、すべては気の持ちよう。
うだうだしてたら本当にすぐ春になりそうだ。
一昨年の春より、去年の春より、今年の春の庭が一番だねと思えるように出来ることはやっておこう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物の許可なら

2018.02.04 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム