■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
日陰の庭をリブートする。
今日はやっぱり雨。。。と思ったら午後から晴れた。でも雨上がりの湿った草木に触るとかなりの確立で発疹が出る為、ガーデニングはしないでおいた。

庭木の剪定はまた延期だね。フぃー。

どうでもいいけど日陰の庭、荒れ過ぎ(-_-;) 汚いといってもいい。
テーブルの上は花苗のケース置き場と化してるし・・・。
よく考えたらこの1年間、ほっとんど手を入れてない。放置状態だ
僕などよりよほどその辺のハトとかスズメとかネコとかのほうがこの場所に詳しいかもしれない。
当初は確かなビジョンがあった。夢があった。野望があった。

柿の木の周りにサークル状にレンガを埋め込み、その内側にシランを植え、背後のブロック塀を覆うようにクレマチスを植えたり、ユリをたくさん植えたり、気取ってアルケミラモリスやヒューケラを植えたり・・・・色々やった。
クレマチスは消え果て、レンガは落ち葉と土に埋もれて半ば見えなくなり、ヒューケラは大きくならず色もなぜか緑色で、ユリは咲くに任せるだけでたったの一枚の写真も撮らずに気付いたら倒れている。
こんなんじゃダメである。
ガーデナー失格である。

日陰といえどもせっかく庭があるのだから初心に戻ってまたイチから頑張ろう。
日陰の庭を「リブート」するのだ。
リブートとはシリーズものの映画などで、それまでの連続性をいったん捨て、新たに一から仕切りなおすことをいう。簡単に言うと、シリーズの中には数えられるがいわゆる続編ではなく、<刷新された別次元の新作>みたいな。。。(-_-;)
こじつけ感ハンパないが、とにかく、我が日陰の庭も気持ちをリセットして別次元の高みへ持って行きたい。
まずは落ち葉をきれいにして、庭木も剪定して、伸びっぱなしのユリたちも切り戻して・・・・サッパリしたら、さらに何が出来るか、何をしたらもっと見映えがよくなるか、考えよう。
冬は長い。
なんとかなるさ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







解体工事 登録 行政書士


園芸コラム | 22:30:37