■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
あたためる。
午後、仕事の合間に庭に出た。

萩ももみじも色鮮やかに紅葉したのも束の間、いまはもう葉を落とす準備をしているように色が抜けてきた。
今年もまた気付くと秋になっていて、吸い込むこともなく、味わうこともなく、心にしまう風景も見ぬまま、唐突に冬のノックを聞いた格好である。
しかしそれも今年まで。
仕事も落ち着いたし、来年は可能な限り、四季折々の特別な時間を持ちたいと思う。

ゆっくり、たくさん、遠くへ行きたい。
今年の夏は四国に行く予定だったのだが、あの超スローペースな台風5号が居座っていたため太平洋側を避けて、北陸を少し旅した。
福井、敦賀、舞鶴とめぐって、最後は城崎温泉で一泊した。
敦賀は台風の影響でほぼすべての観光地が閉鎖or休館だったが、 城崎温泉では雨の中花火を見た。
温泉街で花火を打ち上げるとはなんとサービス精神旺盛な温泉街かと感動した。
もう一度行きたい場所、行きなおしたい場所、まだ見ぬ場所、色々ある。
USJの「ミニオンパーク」もそのひとつ。(^^)/

来年の話をすると鬼が笑うというが、寒いときは夢や楽しい計画に胸躍らせるのが一番である。そうしているうちになんだか身内からほくほく温ってくるのである。
「園芸のスタートは冬から」とも言う。
作業が出来ない冬の間に来年の庭の計画を立てつつ、イメージトレーニングして楽しみましょうということだ。

しかし実際は、けっこう冬は外に出て作業する。
晴れの日が多いからだ。
あと正月休みもあるため、我が家では冬に大掛かりなDIYをすることが多い。
体を動かしていると息は白いのに汗ばんできて、それがまた気持ちいいのだ。
一番ダメなのはやっぱり梅雨。あと、今年がそうだったけど、秋の長雨。
そう考えると冬も捨てたもんじゃない。
来るべく春に照準を絞って、新しい花壇や飾り棚、お披露目スポットを作ったりするのは楽しいことだ。

あ、なんかワクワクしてきたわ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








産業廃棄物収集運搬業の許可が欲しい!


ガーデニング | 23:20:50