■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
冬にビビる。
昨日の植栽作業のおかげで腿の内側が激しく筋肉痛である・・・。(-_-;)
おまけに寒いっ。2、3日前に急に寒くなって、あれが冬の扉だったかと思うほど、埼玉ももう本格的に冬の寒さ。
さすがにエアコンの暖房では効かなくなって、ヒーターを出した。
おちおちしてると霜が降りそうなので、昨日、ついでに通路の球根ベゴニアを掘り上げて鉢に植え替え、玄関前に避難させた。
自分が寒がりなのでそういう気も回る。

僕が花だったら真冬はヒーターのある部屋に置いて欲しい。

いまはまだ通路にも花壇にもサルビアやコリウスやベゴニアが咲いているが、あと1月もすると中島みゆきの歌よろしく「みんなどこへ行った~」(プロジェクトX)な状態になる。
そう思うと寂しい。
こんなことは毎年経験していることなのだが、うちのように安苗1年草の多い庭だと霜が降りる前と後のビフォーアフターがけっこう激しくて、がくんと庭力が下がるのである。

お花ちゃんも美容・健康のように意識高く持ってアンチエイジングしてたらずっと咲いていてくれる☆というのならいいのだが、ボトックス打とうが『皇潤』を与えようが霜が降りたら1年草は枯れる。僕が『皇潤』を飲んでも枯れる。(当たり前だけど)

馬鹿なことを書いていやがると思われるだろうが、これでも切実な気持ちいっぱいなのである。

これは去年の暮れの画像だが、冬苗60株投入しても大して変わらなかった。


パンジーは冬庭のアイドルだが、どかーんと花が大きくなるのはやはり3月4月。真冬の間はまだ花も小さく、数を植えても「点」にしかならないのだ。
その点、葉牡丹は大きくて見た目もゴージャスだからたくさん植えたいのだけど、葉牡丹ばっかりそんな植えても・・・・というのもある。春~初夏になると急激に浮くからね。。。存在も、首も。
まあ、季節に抗って無理やり「花のある庭」にすることもないんだけどね。
好きだから。

明日は朝早くから仕事~。
休みが欲すぃ。
あっそういえば今週は祝日あるんじゃなかったっけ?
天気がよければその日に庭木の剪定かな。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物収集運搬業の許可が欲しい!


ガーデニング | 23:40:47