夏の古城

今日は朝10時から茨城で仕事だったので7時起床。
晴れてはいるが涼しい。

涼しいのはけっこうだが、なんとなくこのまま秋になっちゃうのも寂しい。
何をしたいわけでもないのに何かし忘れたような気がするのが嫌である。
要するに仕事に追われて気づいたら秋になってました、というのが嫌なだけ。
とも言える。。。
僕は10~20代の頃、外に出て「楽しむ」ということにあまり積極的でなかった。金もなかったし今の100倍くらい人間嫌いだったので、出かけても不機嫌になって帰ってくることが多かった。思いっきり「楽しむ」ためには自分の一部を殺さなければならず、それは時にストレスであり、当然、思いっきり楽しむことなど出来ないで終わるのが常だった。
今思えばただのひねくれ王子、卑屈なオタンコナスだったと思うが、マジメに働き始めたお陰か今ではそんなことはなくなり、むしろ「楽しみたい」と思うようになっている。
4年前に父が59歳で死んでから、どこで覚えたのか
Life is short and time is swift(人生は短く、時は過ぎやすい)
という言葉がネオンサインみたいに僕の頭の中で点滅するようになった。
だから、という訳でもないのだが、時間の経過に若い頃より敏感になっているのは確かで、まだ8月も始まったばかりだというのにひんやりした夜風がカーテンを揺らしたりすると「おいおい待てよ、俺の夏をそんなに早く持ってかないでくれ」と言いたくなるのである。

水戸での仕事を終えて埼玉へ戻る途中、古城に寄った。

逆井城という。「さかさい」と読む。

夏を楽しむならもっとふさわしい場所があるだろうと思われるかもしれないが、夏の古城は静かで趣があってなかなかいいものである。
木に囲まれた場所を数分間うろうろするだけで、なんとなく気分が軽くなる。櫓に登って風を浴びるのも気持ちいい。


もっとも、「ムヒ」があればもっと楽しめた。(-_-;) 痒ーっ
こういう時に限って何も持ってきてないんだよな。。。買ったのに。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







2017.08.03 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム