■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
ふるさとニュウサイラン
今日は日曜なのに仕事。顧客とのミーティングのため房総半島のとある町に来た。実は僕の故郷のすぐ隣の町。海が近い。

ここの空がこんなに澄んでいることも、日差しがこんなに眩しいことも、一度捨てたからこそ分かることだ。
埼玉とは明らかに違う。気候そのものが違う。
この空の下で走った。この風を受けて髪の毛がぐちゃぐちゃになった。この日差しで目を覚ました。この景色から逃れたかった。
いいことも悪いことも、全部ひっくるめてここを自分の<故郷>と認められるようになるまで時間がかかったが、今ではすっかり和解して、人並みに郷愁など感じるようになった。
故郷だから実家がある。実家というか、母の住む家がある。
仕事のあと、手土産に持っていく花を買いに地元の園芸店に行った。
この店は僕が小学生低学年の頃からある。毎朝毎夕、前を通りながらほとんど入ったことはなかった。見向きもしなかった。それがこうして自分の奥さんを連れて、<ガーデナーとしての目>でチェックするようになるなんて!タイムマシンで過去の自分に「そうなるよ」と教えても絶対信じないだろう。

ところで、母に持っていく花は・・・・。
シクラメンの季節も過ぎたし、サイネリアは安すぎてプレゼント感が薄いし、コチョウランは難しいし・・・
色々考えてペラルゴニュームに決めた。

ペラルゴニュームは外の軒下でも室内の明るい窓辺でもいけそうだし、乾燥気味を好むから手間もそんなにかからないだろうと。。上手に育てれば長持ちするし。(ズボラなうちでさえ3年目の株がある)
なにより母が自分では買わなそう。。(やや高めなので)

同時に、休日出勤した自分へのご褒美も。

今年初ペチュニア☆68円だったから色とりどり、10株も買っちゃった。
さてレジに行こうとカゴを持って立ち上がったら、「ちょっとちょっと」と奥さんが手招き。外の売り場へと連れて行かれた。
そこにあったのはニュウサイラン。。。

「でかいな・・・」1メートル30センチくらいある。
「でかいでしょ。3000円だよ、安くない!?」
「この大きさでは、安いね」
ニュウサイランは数少ない奥さんの憧れの植物である。街で巨大なニュウサイランが植わっているのを見る度に、目をキラキラさせる。しかし草丈20センチほどの(それも長いこと放置されていたような矮性の)チビ・ニュウサイランでさえ800円くらいする。おハイソな植物なのだ。このレベルのニュウサイランだと7~8000円してもおかしくない。やや状態は悪いけれど。。
ここで見送って、違うお店でさらに安い値段でこのサイズのニュウサイランに出会える可能性はきわめて低いだろう。全国の園芸店を見ているのでそのくらいは分かる。あったらとっくに買っている。
結局買った。。。
最近、買う苗がどんどん巨大化している気がする。。。アガベ・・シマトネリコ・・ニュウサイラン・・・。
「園芸レベルが上がったからだよ♪」と言えればいいがそうじゃないことは明らかなのが切ない。。。ただのバカ買い。

あ、やっぱり母へのペラルゴニュームは、花の大きい品種に変えた。
かなり喜んでもらえた。

実は母のところでちょっとした事件(?)があり、そのあと夕飯を頂いたので帰宅したのは夜10時半。
車から運び込んだニュウサイラン。。 やっぱデカイわ。。。
てか植える時間もないのにさらに苗を買いこんでる自分らの愚かさよ。
でも買い物は一期一会である。
買わずに後悔するより、枯らして後悔したほうがマシじゃないか!(キリッ)
いや・・・マジメにどうしよう。
明日は朝イチで横浜出張・・・・(~_~;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ガーデニング | 23:56:31