■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
事務所の床の張替え
松阪、名古屋出張から戻って翌日(金曜日)は事務所の解体。全てのものを隣の居間に一時的に移すという大仕事。

前にも書いたが、床がブヨブヨなのである。入居時にリフォーム業者に頼んでおいたはずがどういうわけか中途半端にしか改善されておらず、工事のやり直しを仲介業者に求めて、先月、廊下の床の張り直しをしてもらったのはご記憶の方もいると思う。(⇒コチラ
事務所の床もそのリフォーム業者が補償するべきだが、あまり信用できないのと、頼んでも事務所までは補償してくれなさそうだったことと、何より、床以外にも直したいものが出てきたので、大家さんと仲介業者さんの幼なじみであるS氏にやってもらう方がよくね?ということになった。S氏は水周り、大工仕事、内装などハウスリフォーム全般をカバーするエキスパートなのだ。
床以外の悩みとは、トイレである。
TOTOの洋式便器なのだが、さすがに30年も昔のものだけあって、最近、水が流れっ放しになることが何度か続いた。
また、この便器、一度に放出する水の量が半端ない。12リットルくらい使う。しかも小・大の別はないから、ちり紙一枚流すだけでも12リットル使うのだ。おまけにそれだけの水量を使いながらキレイサッパリ流れないことがあり、「こりゃ無理」と担当のK氏(不動産屋)を通じて大家さんに交換を願い出た。
K氏によると、大家さんは快諾してくれただけでなく、「もうお前(K氏)のいいと思うようにしてくれてイイ、って言われました」
と太っ腹な親友を誇るように笑った。
子供の頃からこの家に入り浸って遊んでいたK氏はもはや大家さん以上にこの家に詳しく、入居者(僕たち)とも心を通じているから、大家さんも全幅の信頼をK氏に置いているのである。
ただでさえ奇跡的な物件(特に庭が)なうえに、こういう不思議な人間関係に包まれている家に住めて自分は幸せだとつくづく思う。
そういう訳で、事務所の床の張替え、1階のトイレの便器の交換&トイレの床の張替え(トイレの床も危ない箇所があるのだ)をS氏とS氏の助っ人さんがしてくれることになった。

そうそう、片付けの最中、なぎこさんから陣中見舞いのように「むかご」が届いた。

作業中の疲れた心をほっこりほぐしてくれた。
奥さんが作った巨大な書類棚兼事務机をバラし、数十枚のカーペットタイルを剥いで畳を掃除機でキレイしに、床に伸ばしていたPCのケーブルなども空中に走らせ、きれいさっぱり和室を空っぽにしたのが夕方4時ごろ。

集中して頑張ったから意外に早く終わった。

で、今日(土曜日)。。朝9時にS氏が来るというので8時前に起床し、眠気まなこのまま昨日バラした書類棚と机を外に運び出した。

色を塗るためである。
「どうせ事務所を空っぽにしたんだから、何か変えたいよね?」
と昨夜突然奥さんが言い出した。そう言われてみると確かにそうだ。こんな大作業は滅多にない(あってたまるか)のだから、これを機にイメージチェンジするのもいいかもしれない。
それで、床を変えるか上物の色を変えるか話し合い、「あなたがあれらを全部塗り替える」と言う結論に達した。
僕が今日、朝9時から午後3時半頃まで独りで塗装作業に没頭していた理由はそれである。今迄で一番大変な塗装作業だった。
しかしこれによって事務所がアメイジングに生まれ変われるなら、本望である。
S氏と助っ人の大工さんがやって来たが、僕は小屋の前での塗装作業に追われて彼らの仕事をほとんど見られなかった。助っ人さんが事務所の床を、S氏がトイレを、という風に分担してるようだったが。。。

畳を取り払い、床板の上に新たに根太を張り、その上にコンパネを打ち付けていく。つまり二重の床である。


便器登場!

便座はこちらで用意したので、便器だけである。
大家さんは快諾してくれたが、それは通常使用するのに不便のない範囲内での話。奥さんの「だったらいっそウォシュレットにしたい」という希望はもちろん自己負担。床の工事と便器代までは大家さんが負担してくれ、便座は僕らが好きなものを探して用意しておくことになっていた。

ビフォー。(いかにも昭和風のカーペットである)

アフター。 

レバーの「大」「小」という文字を見て感動。
流れる水の量も少ないし、タンクに水溜まるの早いし、これでやっと人並みに用が足せるよ。。。

2階のトイレは便座だけ新品に交換。

僕が庭で塗装している間、取り付けから配管まで奥さんが全部ひとりでやった。

午後5時前、全ての作業が終了~。(僕も塗り終えた)

二人のプロフェッショナルのお陰で、事務所の床は超人ハルクがタップダンスしてもビクともしない(??)カチカチの床になりました☆
でもまだ終わりじゃない。
この上にフローリングを張り詰める・・・という途方もない、かつてやったこともないDIY作業が待っているのだ。(奥さんは目をキラキラさせてますが)
それが終わったら全ての「復元作業」・・・。
これらを明日中に全て終わらせなければならない。(>_<)

☆クリックしてもらえると励みになります☆



出来ればこっちも!
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


未分類(日常、随筆) | 23:53:56