■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
悩める秋の花苗選び
今日は朝から晴天。ぽかぽかした行楽日和。久しぶりに苗の買出しに行った。普段は空きが目立つ園芸店の駐車場は既に満車状態。店内は秋~冬に庭を彩る苗を求めるおばさまたちで賑わっていた。
まだ10月だが園芸店の陳列棚はもう冬である。パンジー・ビオラはもちろん、ストック、スウィートアリッサム、ジュリアン、葉牡丹、ガーデンシクラメンなど、毎年白い息を吐きながら世話をした花たちがずらり。ポインセチアまで売っている。(買ってしまったが)
パンジー・ビオラは1株68円だった。
9月に種を蒔いたが発芽率が悪く、うちの「パンジー・ビオラ種から育てて節約大作戦」は失敗に終わった。一袋200円の種を5袋蒔き、2割くらいしか発芽しなかったので節約どころか大損である。奥さんは「覆土しすぎだったのよ」と言うが種自体にも問題があったと思う。
だからもし1ケース24株入りで1000円!なんて値段でパンジーが売っていたら相当心を揺さぶられたはずだが、幸か不幸かまだそこまで安くなっていなかった。そんな値段になるのは年を越してからである。
ストックなどの「ガチ冬苗」も気分的にまだ買う気になれず、今回は多肉やポインセチア、アザレアといった室内観賞用と、チョコレートコスモス、キンギョソウなど寄せ植えで使えそうな苗を少し買うだけにした。

アザレアは初めて買う花である。
昨夜、山田太一(しつこいようだが観続けている)の『早春スケッチブック』を観ていたら、出てきた。このドラマはある意味貴重である。なんてったって岩下志麻が花屋でパートしてるんだから。で、劇中、エプロン姿の岩下志麻が客に「これなんですけど~」と質問されて、「これはアザレアといって、ツツジの仲間なんですよ」とレクチャーするシーンがあった。
別に岩下志麻が持っていたから素敵な花に見えたわけではない。岩下志麻が「これはアザレアといってね」と言うまで何の花か分からなかった自分が恥ずかしかったのである。だが育てればイヤでも覚える。だから買った。
ポインセチアは奥さんの希望で。一度もちゃんと育てたことがないので、クリスマスまでしっかり育ててみたいそうだ。

2軒目では、昨日紹介した、自転車置き場脇の「日陰の庭」に植えるための苗を物色した。これがなかなか難しい。まず季節のせいか日陰でも育つ草花自体があまりなかった。気に入った苗があってもスマホで検索して調べると「日当たりと風通しの良い場所で」と書いてあったりして・・・。
とりあえず大文字草とツルバキアを購入した。あと野地菊。

左のツンツンしているのがツルバキア。ある程度耐陰性があり、半日影でも育つとか。葉の色も明るいので、薄暗いあの場所に映えるかなと。大文字草は山野草で、基本的に日向に植えるが、日の当たらない渓谷の岩場でも自生しているという話なのでいけるかな~と。
苗を買っても肝心の「空間作り」が手付かずなので、すぐには植えられない。植えることを目的化してしまうと、菜園の前の花壇のようにのっぺりとした学級花壇みたいになって、結局あとでリメイクする羽目になる。せっかく高い苗(山野草って普通の苗より高いんだわ)を買ったのだから、どの角度で見せるか、中心はどこか、関連性やストーリー性も意識して植えたい。
エアープランツの飾りつけもあるし、明日は忙しくなりそうだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


園芸コラム | 21:20:40