■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
理想のお玄関に
庭はそれ全体としてひとつの生命体だから、毎日気に掛けていなければならない。いや気に掛けようと掛けまいと一日に必ず一回は庭に出るので何かあったら目に入る。目に入ったら対処しなくちゃいけない。カキの実が落ちている。ハナガラが散っている。風で倒れている。雑草が生えている。水が切れている・・・・。
人間が皮膚の角質を日々更新するように、庭も庭なりに汗をかいたりバテたり元気になったりしている。こうやって急に涼しく、日が短くなったりすると庭もそれに合わせて季節の顔を作る。古い角質が取れて新しい肌を見せる。
だからつい庭にばかり意識が行って、インテリアが中途半端になる。
玄関をもっと良くしたいと思い続けて早半年・・・。可もなく不可もなくの状態でここまで来た。

靴脱ぎ場の左側に窓があり、そこに花が置けるようになっているのだが、この気の利いたスペースを活用できていないのが我ながら腹立たしい。
前の家では失敗ばかりだった観葉も、風通しのせいか日照のせいか、この家ではどれもまあまあうまく行っている。それゆえに残念度も増し・・・。
自分に気合を入れて「玄関革命」を起こしたい。外の通路で実践したように、お客さんの記憶に残る、ドアを開けるのが楽しくなるような玄関にしたい。
わけよ。
玄関だけでなくリビングや寝室や事務所にももっと緑を置きたいと思っている。
よく雑誌などに「観葉植物で部屋を飾る」などと書いてあるのを見るが、ベースとなる部屋と調和をしていなければただの悪趣味で終わってしまう。ということは植物を飾る前に部屋自体をキレイにしておく必要がある。キレイというか、あるコンセプトに添った形に整えておく必要がある。
庭もそれなりのコンセプトが必要だが、インテリアのほうが庭より神経を使いそうだ。
とりあえず玄関から始めよう。
その前にグズマニアに液肥をやらないと。。。

最初は鮮やかだった葉の色が最近薄くなってきちゃって。
調べると「成長期に入った証拠なので施肥をしろ」という。なんとなくそんな気がしていた。
理想の庭、理想のインテリア、理想の家。
季節のせいか、色々「野望」が芽生える。秋は何かしたくなる季節なんだろう。
事務所も閑古鳥鳴いてるし、週末は観葉の苗でも買いに行こうかな。
野菜は値上がりしても花苗はそこまで上がらないし。
ほうれん草298円(税抜き)とか・・・。もう種買って自分で育てるわ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村


園芸コラム | 19:32:02