■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
理想の家はマフィアの家
図書館でインテリア&ガーデニング関係の雑誌をしこたま借りてきた。

本当はオフィス系のインテリア雑誌を目当てに行ったのだが一冊もなかった。「社員がやる気を出す素敵なオフィス作り」とか「お洒落なSOHO」とかありそうなものだが・・。図書館にないだけで市販はされているのだろうか。
書棚の前に座り込んでパラパラめくっていると、3年前にも一度参考にした雑誌もあったりして、この家に越してきた頃のことが思い出された。
このブログをはじめたのは越してきて一年経った2011年。ガーデニング歴1年の頃である。その頃にはすでにテラスをハンギングの花で埋めていたが、木工やDIYはそれほどしていなかった。本格的にDIYをし始めたのは2年目からで、並行して園芸力もアップし、「100円で出来るリース」だの「ストリートガーデン」だの「逆さまハンギング」だの「サインボード」だのと幅を広げて(スピンアウトして)いった。いま振り返ると、人間って趣味の為にこんなにエネルギー使えるのかと驚く半面呆れるが、今度の引越しはそれらを全部合わせたくらいしんどいかもしれないと思うと泣きたくなる。
話はがらりと変わるが、皆さんは「完成!ドリームハウス」というテレビ番組をご存じだろうか。「劇的!ビフォーアフター」と似たような番組だが、「ビフォー~」がリフォームならこの「ドリームハウス」は理想の新築を建ててもらうという番組である。このあいだ大阪に出張した時、何気なくホテルのテレビをつけたらやっていたので見たのだが、驚いた。
家に物がない。引越しがまだ済んでいないのかとも思ったが、そういう訳でもない。その証拠に「キッチンで使う小物は専用のウォークインクローゼットを完備」といってキッチン横の小部屋を紹介していた。そこにサランラップやら弁当箱やらをしまっているのだ。一応物はある。でも見せないようにしてる。ラップをちょっと一枚切るためにわざわざ隣の部屋まで取りに行くとか。アホだと思うのは僕だけだろうか。
「税理士をしている旦那さんの仕事部屋」といって映し出されたのはノートパソコン一台がポツンと置かれただけの殺風景な小空間。書類、なし。文房具、なし。ファイルの束、なし。カレンダー、なし。ブックエンド、なし。本気で仕事に打ちこんでいるまともな税理士なら仕事場がこんな空っぽでいられるわけがないのだが・・。
借りてきたインテリア雑誌を見ても似たような「からっぽの家」「からっぽのダイニング」が「理想の家」「ステキな部屋」として紹介されている。
要するに今の日本人が望んでいるのはマフィアの家である。
アクション映画を見ているとよくマフィアの家が映る。外にはプール、30畳くらいありそうなフローリングの空間に大きなシャンゼリアがぶら下がり、壁には鹿の頭の剥製が怪しく月の光を受け、暖炉では薪がパチパチ音を立てている。そしてバスローブをまとったひげ面の男がワイン片手にやってきて苛立たしげに部下に電話する・・・。「奴を殺せ」と。
マフィアの家は物が極端に少ない。せいぜいソファとテレビが置いてあるくらいである。それはマフィアの非道さ、冷血な、非人間性を強調するための演出だが、現代日本人が理想とする家は、まさにそういう家なのである。現代日本人はマフィアの家に憧れているのである。
嘘だと思うなら今からコンビニに走ってインテリア雑誌を立ち読みしてみるといい。ほぼすべての雑誌で「理想」=「物が少ない」という方向へ読者を導こうとしているから。
上述した番組の一家の家も、極端に物が少なかった。居間などソファとテーブルと壁に掛けられた60型の薄型テレビただそれだけである。それで「夢が叶いました」というのだ。
家はその人の内面を写す鏡である。
ゴミ屋敷も困りものだが、リビングに観葉一本、本一冊置いていない家もつまらない。キッチンを新品同様のまま保とうとわざわざ小物収納用のクローゼットを作らせる女性より、つっぱり棒や「すのこ」を駆使してどうにか収納スペースを確保しちゃう女性の方が僕は好きだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (46)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif


園芸コラム | 23:04:07
ホームセンター
うちの場合引越しと言ってもただの転居ではなく、それぞれ別々だった事務所と自宅をひとつにするので、考えることも多い。ブヨブヨの床やボロボロの壁紙、引っ掻き傷だらけの砂壁などは全てリフォームされるそうだからいいにしても、何をどこに置くかについては他人任せにはできない。そしてこれが一番頭を悩ませる所でもある。
部屋で悶々としていても仕方がない。こういうときは外に出て実際に「物」に触れるに限る。
とりあえずホームセンターに行って必要になりそうなものを物色。
タイルカーペット。

新居では一階部分の和室を事務所に化けさせようと考えている。畳のままだと格好悪いのでこういうもので隠すつもり。。このタイルカーペットは安くて高品質だったので買うことに決めた。
しかし床の雰囲気が決まっても事務机や接客用テーブルをどこに置くかは決まらないまま。そもそも買うのか、作るのかすら決まらない。なまじDIYの心得があると選択肢が増えて困る。

土のう袋。。

最近異常気象だから・・・ではなく、樹木を運ぶのに使えるかもしれない。せいぜいつるばらとユキヤナギ、ソテツくらいしかないのだが、掘り起こして土と一緒にこれに包んで持っていこうかなと。

この台車買った。

ダンボールを積むのに便利そうだったので。。。取っ手の部分を折りたたんで底板にはめこめるタイプ。すぐ壊れなきゃいいけど。

行っても買えないのに行ってしまう園芸コーナー。パンジーだらけ。

ストックやジュリアン、葉牡丹まで当然のように陳列されていた。
あ~早く落ち着きたい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif


未分類(日常、随筆) | 21:16:17
サフラン発芽
目下スーパーでダンボール集め&荷作りにてんてこまいの我が家である。幸い最寄りのスーパーはレジ奥にきれいなダンボールが畳んだ状態で立てかけてあり、パンと卵と牛乳しか買わないにしては明らかに不自然なアメリカサイズの大カートにわんさか積んでも何も言われない。
先日など品出し中の店員さんの足元に置いてあるダンボールがあまりにも理想的だったので頼んでみたら「何枚でもどうぞ~」と言ってくれた。最近ではダンボールの一片を四角く切り抜いて、そのまま商品棚に陳列している店も多いので、無傷のまま、しかも清潔な状態でもらえるのは非常に助かる。
ちなみにそのスーパーの名は「OK」(オーケー)である。名前通りOKな店だ。(野菜は高いけど!)
ところで庭では知らぬ間にサフランが発芽して、つぼみになっていた。

めしべが見えます。普段なら咲いたらすぐ摘み取って瓶にでも入れる所なのだが、いかんせん今は引越し準備中である。めしべを摘む代わりに球根ごと掘り起こして一緒に連れてゆこうっと。それにしてももうサフランが咲く季節なのか。。早いもんだ・・・。
でも南国の花もバリバリ開花中。訳分からん。


ストリートでは菊がアホみたいに咲いている。

しかし残念ながらこいつらは持っていけない。もともと自生していたものだし、いざ掘り起こすと言っても根っこが半端ないのは想像に難くない。(そもそもストリートだっちゅうの。スコップ入らないっちゅうの)

そんなこんなで足の踏み場もない居間からブログを更新してみました。。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (6)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


ガーデニング | 22:45:23
新居の庭と小屋
お知らせしたとおり、我が家は近々引越しをする。新居は同じさいたま市内で、築30年くらいの貸家である。自営業の方なら理解してくれると思うが、案外「事務所可」の貸家というのは少ない。テナントやアパートならたくさんあるが、戸建で「事務所可」の物件となると一気にヒット数が下がるのだ。ましてや「庭あり」それも「広い庭あり」なんて言い始めると不動産屋に蹴っ飛ばされるのである。あっても、大概がどうなってもいいオンボロハウスだったり。
さいたまは10年前に周辺の市町村が合併して、それまでキツネやタヌキが支配していたような地区までも「市内」になった。庭付きの家に住みたければそういう所で探せばいいのだが、仕事が仕事なので市街地でないと話にならない。
そういう訳で、どうせ探しても無駄だろなと思って検索したら、たまたま見つかったのが次に越す家である。なぜこんな家が存在するのか、そしてなぜわざわざご親切に「事務所可」となっていたのか、神の思し召しとしか思えない・・・。


広い庭だけでも嬉しいのに小屋付きとかありえねwwwww。しかも二棟。
この小屋はDIYの道具置き場、工作室、腐葉土などの園芸資材置き場として使う予定。もちろんこのまま無味乾燥なトタン小屋にしておく気はない。小物でカスタマイズするのが一番楽しそうなエリアである。

さて週末は引越しの準備。
膨大な数のビデオとCD、レコードをダンボール箱に詰めると言うファンタスティクなイベントが待っている。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif


新居の庭造り | 00:50:45
大阪~静かすぎるアウトレットモールMARE~
きのうは大阪に出張だった。埼玉から大阪まで新東名、新名神、名阪国道と乗り継いで走ること7~8時間。幸い渋滞にも事故にも遭わず到着。
夜はベイエリアの咲洲(さきしま)という地区のホテルに泊まった。翌朝は用のある場所まで歩いて行けたこともあり、午前中にさっさと仕事を終え、あとはショッピングでもしようと思っていたら、ちょうど近くにアウトレットモールがあるというので夫婦そろって行ってみた。MARE(マーレ)という。

開店してすぐということもあってか閑散としていたが、出入り口前の広場には誰が手掛けたのかなかなか素敵な小庭のディスプレイがあったり。

赤い椅子がグッドである。「うちもあんな風なアイアンの鉄枠のテントみたいなものをアクセントに置こうか」「木にアイビーをからませるのもいいな」
これから新たなる庭づくりに挑戦しようと思っている自分たちにはイイ刺激である。。

さて、大して購買意欲もないけどせっかく来たからモールでも冷やかすか、と思ったのだが。。。。

ひっそりしている。

店内BGMもなければ人の話し声すら聞こえない。開店間もないとはいえ、これはちょっと静かすぎやしないか・・・。

2F3Fとエスカレーターで上っても一向に店らしい店がなく、ガラス張りのフロアにそそぐ秋の陽がもの哀しい。

4Fまで上がってきて、やっとそれらしいフロアに出た。

もうこの時点でここが「アウトレットモール」だと思うことを止めていたが、このフロアだけはその看板を死守すべく頑張っているように見えた。我が奥さんなどエスカレーターを降りてたったの10秒で一着のレディススーツを発見し、気付いた時には店員さんと試着室に向かっていた。10秒で欲しいものが見つかり、しかもそれがサイズピッタリ、なんてことは滅多にない。
BGMもなければ迷子のお知らせもない静かなモールだが、凝ったデザインの洋服や小物が低価格で売っていたり、よく分からないが手に取らずにはいられないものが置いてあったり・・・。
一体何のアウトレットなのか、そもそもアウトレットなのかどうかは別として、「買い物をする楽しさ」を味わえる場所であることは請け合う。
もっとも、半歩足を踏み入れただけでぴろぴろぴろぴろ~♪とインターホンが鳴って気まずかったり、買わずに店を出たら地獄に落ちるんじゃないかと思うほどの「お声がけ」を受けたり、次から次へと洋服を持ってこられたり、そういう億劫さはある。。透明な存在になって静かにゆっくりマイペースにショッピングをしたい僕には全てが逆効果だったが、もともと関西出身の奥さまはむしろエンジョイしていた。。

僕はと言えば、Yシャツ1枚とこのアヒルちゃんを購入するのがやっとだった。


1Fに戻り、腹ごしらえ。昼時ということもあって少し人が増えてきていた。

ディスプレイにあった「オムソバメシ」が気になってしょうがなかったので頼んでみた。

オムライスとヤキソバとご飯が一体となったありえない料理。

多分テレビとかよく見る人はすでに知っているのだろうが、こんな珍妙な食べ物は初めて見た。ソースの味しかしない。しかしそのソースが美味いので結局美味いのである。
このMARE、すっかりファンになってしまったのでぜひ引越しが終わったら(ユニバーサルがてらにでも)また来たいのだが、このモール自体がアウトレットっぽいので、次来たら「閉店しました」なんてオチは・・・・いやいや、ダメダメ。
ぜひ頑張って人を呼び戻して欲しい。僕の為に。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


行ってみた | 22:03:32
前のページ 次のページ