■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
花と緑の専門店~ベルプラザ(埼玉県越谷市)
自営業の素晴らしいところは、仕事中にもかかわらず見慣れぬ園芸店が目に入ったらハンドルを切って車を停め、スーツ姿のまま乗り込んで「花ブロガー」に豹変できる点である。
昨日は事務所の所員総出で三郷市まで出向いた。その帰り道、バイパスの渋滞を回避するために選んだ県道の途中で、「花と緑の専門店」と書かれた看板が目にとまった。
「ベルプラザ」というお店。場所は越谷市である。

仕事そっちのけで花を見る。というより店を見る。園芸店に来るのは何カ月ぶりだろう。

シーズン中だけあって繁盛している。
店は普通に清潔で、品揃えも豊富だ。BGMの歌謡曲は頂けないが。
 
宿根草コーナー。けっこう充実しているように思えたが、一株800円は高い。

温室・観葉植物コーナー。


最近街でよく見るアジサイ。柏葉アジサイって言うんだ。。へー。

ペチュニアは堂々の126円。

総評すると、リピートしたくなるような要素に乏しい店。
まず↑のペチュニアを見ても分かるように値段が高い。それは良しとしても、その割に苗の質が悪い。苗の質が悪い、といったら語弊があるかもしれないので言い換えよう。
うーん、、そう・・この季節の園芸店の店頭というのは色彩のカーニバルで眩しいくらいが「普通」なのに、どういう訳かこの店は乾いて見える。特にこれが駄目!という部分はないのだが、みずみずしさが欠けている。もっと不潔でもっといい加減な店をいくつも知っているが、それでも春ともなれば輝く。花を売っているのだから当然だ。それがない。
安さは大事な要素だが、究極的にはそこに行って「得る物があるか」が重要である。「得る物」とは掘り出し物とか特価品のことだけではない。「刺激」や「ヒント」「インスピレーション」といった無形のものだ。それが得られるなら、ぶっちゃけ値段なんか二の次だ。清潔感なんかどうでもいい。BGMも気にならない。
イケアのキャッチコピーではないが、僕はそこに行って「ワクワク!」したいのだ。

抽象的すぎて何の参考にもならないかもしれないが、要するにどこまでも「普通」な店、普通すぎて退屈な店なのだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (6)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


園芸店めぐり | 22:50:46