■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
やれやれ、というスタンス。

テレビで政治のニュースを見ていると、よく「街の人の声」というものが紹介される。インタビュアーが商店街などを練り歩いて道行く人に質問をする、あれだ。
テレビ局の都合のいいように編集されていると分かっていながら、つい見てしまう。「マトモな意見を言う人もいるかもしれない」と、かすかな期待を抱くからだろう。
最近観た「街の声」では、野田首相の突然の解散について尋ねていた。で、こんな答えを返している人が非常に多くいた。

 

「関心がない」
「よく分からない」
「誰が(首相に)なっても同じ」

 

こう答えた人の中には大学生もいれば老人もいた。主婦もいればサラリーマンもいた。
恥ずかしい人たちだと思った。
いい年をして、民主党と自民党の違いも分からない。民主党が何を「やる」と言って、何を「しなかった」のかも知らない。3年前に民主党に投票しておきながらなぜ投票したのか説明できない人たち。

しかし我が国における「有権者」とは、まさにこういう人たちのことを指すのも事実だ。
いま僕は「ニコニコ動画」で各党党首による公開討論会を見ながらこれを書いているのだが、アカウントなしでも試聴できるこの討論会への来場者数は、たかだか百万人である。テレビの視聴率に換算したらたったの1%だ。空しくなる。
つまり多くの国民が未だに政治的な判断や価値基準を旧メディア(新聞・テレビ)に頼っているというわけだ。
そう考えれば、政治に関心がなくなるのも無理はない。
なぜなら、日本のテレビは国民が政治へ関心を持たないようにするのが仕事なのだから。

 

やれやれ・・、というスタンス

 

「政局より政策論議を」
ニュースの司会者は決まってこう言う。今夜も言うし、明日も言うだろう。しかしテレビほど政局を愛し、政局に依存し、政局に時間を割いているメディアは他にない。嘘だと思うならニュース番組を見てみるといい。政治に疎い人でも、よ~く見、よ~く聞いていれば、彼らがいかに政策より政局が大好きか分かるはずだ。

誰が離党するとどうなる、維新の会と合流するのかしないのか、これとこれがくっつくと過半数割れでどうとか、小沢ガールズがどうなる、石原慎太郎が首相になる可能性は何%か。。。。

どーでもいい。とまでは言わないが、そんな話ばかり延々と垂れ流されると、「政策を紹介しろ!」と言いたくなる。
政治家には上から目線で「語るべき問題がもっとあるはずです」などと涼しい顔で言いながら、その実、自分たちは難しい政策の話にすぐ飽きてしまう。興味もない。
それだけでも許しがたいのに、さらに許しがたいのが、大好きな政局話で盛り上がったあと、ため息ま混じりにこう言うのだ。

「やれやれ、、という気がいたします」

 

そして次のニュースへ移る。
このスタンス。
進歩派気取りのコメンテーターや知識人によく見受けられるスタンスである。

「やれやれ」
・・・これほど無意味な言葉はないし、これほど卑怯なスタンスもない。
このような諦観を示すことで、彼らは自分が一歩下がって冷静に物事を見ていることを示そうとしている。政治が分からないのではない。俺は醒めた目で見ているのだ。諦めているのだ。呆れかえっちゃうのだ。考えるのも野暮なんだ。分からないんじゃない、物事はそんなに単純じゃないんだ。

相手に馬鹿だと思われずに、むしろ賢いとさえ思わせつつ、自分の無知を隠すことが出来る便利な言葉、「やれやれ」。

 

巷の人たちがマイクを向けられた時、「関心がない」「よく分からない」「誰が(首相に)なっても一緒」などと口走るのは、テレビを通して無意識に上の様なスタンスを身につけてしまっているからである。
そしてそれが一番<マトモな>解答だと信じている。

このようにして、我が国の国民は「政治に関心を持たなくてもいいんだ」「関心を持たないのが普通なんだ」と思うようになったのである。
しかし僕から言わせれば、そんなオトナは恥ずかしい。

ちなみに、安倍総裁が掲げる「戦後レジウムからの脱却」の内には、このような不健全なテレビと国民の関係を断ち切る、という面もある。
こんな進歩的でリベラルな主張をしている政治家は他にいない。

ニコ動の討論会にさえ出席を拒んだ野田や安住のインターネットに対する偏見を見ると、どちらが保守でどちらがリベラルか分からなくなる。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (48)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif


政治 | 21:39:31