■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
最近観た映画~サッチャー、大人のけんか~

マーガレット・サッチャー~鉄の女の涙~

「よく公開出来たな」と感心するほどの駄作。
冒頭、痴呆老人となったサッチャーが亡き夫の遺品を片付けながら過去に思いをはせる。その始まり方は別にいい。だがいつまでたっても過去に行かないのはどういうことか。10分経ってもヨタヨタと部屋をうろつき、クローゼットを漁ったり、独り事をぶつくさ言っている。だんだん不安になってくる。
僕は映画を観るとき、いつもプレイヤーのカウンター(再生分数)も注意している。それでテンポが計れるし、劇中の進行状況と分数を比べれば、まだ見るべきか、やめるべきか(観続ける価値があるかないか)大体分かるからだ。

「おいおい、ボケ老人のタワゴト聞きたくて借りたんじゃねえぞ!」とリモコンに手を伸ばしかけたとき、ようやく時間が過去に移り、初々しいサッチャーが登場。
さてと、じっくり波乱の人生を楽しむか。どうやって政治家になったんだろう?夫はどういう人だったんだろう?思想的には誰の影響を受けているんだろう?母親として妻としてどういう女性だったのだろう??
ダレた集中力を立て直し、ワクワクして待つ。するとなんと、また現在のボケ老人サッチャーに戻ってしまった。そしてまたヨタヨタと部屋をうろつき、亡き夫の幻影と寒い夫婦(めおと)漫才をダラダラと続けるではないか。アホかっ!

「タイタニック」以降多用されるようになったこのような<老婆の追想スタイル>だが、これだったら「タイタニック」とか「プライヴェートライアン」のほうが千倍マシだ。ここまで出しゃばってこなかった。いくらメリル・ストリープだからって許せるレベルと許せないレベルがある。
もちろん、上述した僕の「知りたかったこと」などほとんど描かれていない。子供が生まれました、育ちました。立候補しました、最初は落ちたけど二度目に当選しました。テロが起こりました、解決しました。フォークランド紛争が起こりました、軍隊を指揮して勝ちました。
すべてにおいてそんな感じである。
それ以外のシーンは痴呆老婆と死んだ夫による寒い夫婦漫才。「そのとき歴史が動いた」でももうちょっとマシな再現ドラマ作るぞと言いたくなる。
もったいないのが、これが作られたばっかりに、もう当分の間はサッチャーの映画を作ろう!と思う監督がいなくなることだ。せっかくの題材を台無しにしたゴミ映画。

大人のけんか

ヤスミナ・レザの戯曲「大人は、かく戦えり」をロマン・ポランスキーが映像化。ジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレットが共演(いや競演)しているので借りた。(「リトル・チルドレン」以来、すっかりケイト・ウィンスレットのファンである。(タイタニックにも出てるけど))


子供同士がけんかし、ひとりの子供が相手の顔を棒で殴り、ケガを負わせた。その子の両親(ケイト・ウィンスレットとクリストフ・ヴァルツ)は、話合いによる解決のため被害少年宅を訪れ、少年の両親(ジョディ・フォスターとジョン・C・ライリー)と対面する。子供は出てこない。場も変わらない。ヒッチコックの「ロープ」と同じように四人が同じ場所でしゃべり続ける。

この映画のテーマは<偽善>である。

文化芸術を重んじるリベラル作家の母親ペネロピ(ジョディ・フォスター)、その夫で気のいい金物売りのマイケル(ジョン・C・ライリー)、投資ブローカーの仕事をするナンシー(ケイト・ウィンスレット)、やり手弁護士だが礼儀を知らず、食事中でも携帯電話が離せないその夫アラン(クリストフ・ヴァルツ)
「大人の態度」で子供のけんかの解決をするはずだったこれら4人の親が、相手が何気なく口にした皮肉や当てこすりによって少しずつ本性を表し、エゴむき出しの「生身の人間」に化けてゆく。その過程が非常にスリリングで、同時におかしくもある。最終的には子供のけんかなどそっちのけの、人格攻撃にまで発展する・・・。
久しぶりに面白い映画を観た。借りて損のない一作。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


映画の感想 | 21:57:37