■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
我が家の鉢植えの飾り方
うちの庭の角に、胸の高さほどのブロック塀がある。そこに、数個の色を塗った鉢と、プランターが置いてあるのだが、数日前に紹介した時はポツポツ咲きだったコンボルブルスが、今や満開。

隣にはナスタチウム、見えないけど背後にはガザニアとミニバラがある。

でも今日紹介したいのはコンボルブルスでもナスタチウムでもない。

紹介するほどのものでもないのだけど、後列の鉢はこういう物の上に置いて段差を付けてます。

・・・ってただそれだけ。(-_-;)

奥さんが木材の切れ端を利用して作った。(色を塗ったのは僕ですが)
↑の画像のように、一個は立てて、一個は倒すとそれぞれ違う高さになるので、動きが出ていい。あと、空洞なので風通しが良く、蒸れない。

端材を利用したものなら、こんなのもあります。

これは害虫防除と通気性を確保するために、鉢の下に置く木。こんな風に↓
  
防腐剤ではなくペンキにしているのは、防腐剤だと元の木の色と防腐剤の色が分かりにくく、腐っているのかそうでないのか判然としなくなるのと、多分ペンキのほうが防腐剤より耐久性が高いと思われるから。
防腐剤は木材に染み込ませるものだが、ペンキは表面をコーティングするので、虫が齧ったり卵を産みつけたりしにくい。防腐剤の場合だと劣化した部分(腐り始めた部分)にゾウリムシとか小さいムカデとかが来て齧る。
現に、これを作る前に置いていた木は、それら不快な虫たちの温床になっていた。防腐剤は塗ってあったが、さすがに毎日のように水をやっていると劣化も早くなる。ペンキなら水もはじくのでいいかなと。それに防腐剤はあくまで防腐剤であって、防虫剤ではない。

―・・ってよく考えれば、木を使わなければいいだけの話なんだけどね。(泣)

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (56)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村



園芸アイデア | 17:10:32