■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
竹箒で作ってしまうリーススタンド
リースが百円で作れることはもう何度となく実証したので、今度はそのリースを可愛く、しかも格安で飾れる方法を紹介しよう。

これはうちの奥さんのアイデアで、制作も奥さんである。実は最初のリースも奥さんの手づくり。ていうか百円のリース自体、奥さんのアイデアだったりして・・・。せっかくリースは百円で出来たのに、リーススタンドにお金をかけては本末転倒である。
そこでうちの奥さんが持ってきたのがコレ。

竹ぼうき。(178円)

これでリーススタンドを作ると聞いた時、正直、「絶対失敗するからやめとけ」と思った。それでも自信ありげなので、「ああそうか、硬い柄の部分を使うのだな、何本かホウキを買ってきて、柄の部分だけ切り取って、それらを組み合わせて・・・」と思ったら、「たった一本の竹ぼうきで十分、しかも掃く部分(ホウキの部分)を使う」と言う。なにをどうするのか説明してくれたのだが、まったく想像がつかないので適当に「なるほどねー」と得心したフリをして放っておいた。すると、いつの間にか完成していた。
これのいいところは、釘もノコギリも使わず、ワイヤーだけで出来てしまう点である。

作り方
①ラッカーで白く塗る。 乾いたら束ねてある針金を切ってバラす。 柄の部分に針金が巻きつけてあるので、それをニッパーで 切れば、簡単にバラせます。
  ②バラしたら、7、8本を束にして、ワイヤーできつく縛り、棒状にする。枝は向きをそろえ、太いほう(枝元)の切り口を合わせて、太いほうから縛って行く。ここは手が疲れます・・・。
  ③これを三本作る。毛利元就の「三本の矢」ではないけれど、束ねることで細い枝も結構硬くなります。
   
  ④バランスを見ながら立ててみて、上から20センチくらいのところでワイヤーでぎゅう~っと縛る。
   
 ⑤ ②の要領で棒状のものを二本作り、安定させるため、足元をT字で固定する。飛び出した部分は剪定バサミで切ってしまう。剪定バサミで切れちゃうところがミソ!
   
  ⑥このままだとワイヤーがもろ見えで格好悪いので、余っているバラの枝を数本それぞれの棒に被せて目立たないところで留めつけてカモフラージュする。
   
  ⑦こんな感じに。ふんわりした印象。
   
  ⑧どの家にもある、針金ハンガーでこんな形を作る。
   
  ⑨ ⑧の針金ハンガーをスタンドの首の部分にひっかける。ハンガーのL字の部分にリースの内輪をかける仕組み。

完成!!



絶対無理だと思っていたので、「できたよー」と呼ばれて見たとき、軽い衝撃を受けた。見た目は軟いのに、ちゃんとリース乗ってるし。4時間くらいで完成したらしい。
ちなみに、このリース、一か月半前にアップした時はこんなだった。

百円のリースでもちゃんと育つってことです☆

クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111107235429.gif




園芸アイデア | 23:37:20