■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
手作りのリース・第2弾

手作りのリース、第2弾はハート型。前回は男っぽいリースだったので、今回はフェミニン(?)なリースにした。例によってリース枠は百円ショップの網目のゴミ箱。

作品No.2:Mrs.Robinson






使用した花
・・・・・・・・・・・・・・・
ミカニア(デンタータ)
ポインセチア
四季成りイチゴ
ムラサキオモト
カルーナ
リシマキア
ジュリアン
・・・・・・・・・・・・・・
作品名の「Mrs.Robinson」は、サイモン&ガーファンクルの有名な曲から。映画「卒業」で主人公を惑わす人妻、ロビンソン夫人のテーマとして記憶している人も多いと思う。トップのミカニアからのぞくリース枠の「Vの字」が、ネックレスをした女性の胸元に見えたのでこの名が浮かんだ。また、ゴージャスでいながら気品を残すムラサキオモトの大人びた感じ、赤・白二色のポインセチアのコントラストが、情緒不安定なロビンソン夫人を彷彿とさせる。
ところで、このリースを作っている最中に、通りがかりの男の子がうちのコスモスを見て「きれいだ」と言うのが聞こえた。道路の脇に種をまいて放ったらかしにしておいただけなのだが、そういえば前にも小学生くらいの小僧どもがうちの庭を見て何か言っているのを聞いた。別に耳をそばだてて待っているわけではないが、庭にいれば聞こえてくる。
同じ年ごろの女子もよく通りかかるが、女子は何も言わない。女子のほうが反応するような気がするが、スルーである。多分年頃の女の子は花は見るものではなく、男からもらうものだと思っているのかもしれない。それとも、自分を「花」だと思っているから、自分以外のきれいなものに関心がないのだろうか。「花より団子」を「花より男子」ともじった少女漫画があるが、案外そんなものなのかもしれない。
男の子は単に、きれいなものが好きなんだろう。花でも、女でも。
だから「高嶺の花」を手に入れようとする。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


shop_here.jpg


100円で出来るリース | 19:46:34