■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
テレビの劣化は主婦のせい??

今週の「週刊ポスト」(11月11日号)の特集は、お得意のメディア批判である。「テレビは死んだ」と題して、消費税増税も年金カットもまともに報道せず、夕方のニュースでは飽きもせず毎日「デパ地下」「動物」「芸能」ばかりやっているテレビを「壊死」(えし)状態と批判。
特に夕方のニュース番組の劣化は目に余る、ということで、「ポスト」は、2つのニュース番組(日テレの「ニュースエブリィ」と、フジの「スーパーニュース」)内におけるニュースの占める割合を調査。その結果、いずれの番組も純粋に「ニュース」と呼べる報道に割いている時間は、全体の半分程度であることが分かった。具体的には、「エブリィ」は全127分中60分30秒、「スーパーニュース」は全119分中、同じく60分30秒・・・。
これで「ニュース」を名乗っているのだから笑わせる。

しかし、ここまではまだ許せる。僕が怒りを覚えたのは制作側の意識である。彼らは口をそろえて言う。「番組が劣化しているのは視聴者(ここでは主に主婦を指す)のニーズに合わせているからだ」と。

 

「主婦には政治、国際、ヤクザなど硬派ネタはサッパリウケない。例外は、人魚の刺青が入ったニューハーフの遺体発見のようなエログロがらみの事件だけ。ギリシャのデモなんかはやらないわけにはいかないからやりますが、正直あまり時間は割きたくない」(「エブリィ」のスタッフ・談)
「TPPや年金やったって、政治家の顔ばかりですからね。大火事だったり、山から降りてきたサルやイノシシの捕り物のほうがやりやすいんです。荒川に出現したアザラシの「あらちゃん」にはどの番組も飛びついた。動物ネタは女性相手には鉄板の企画なんです」(番組製作会社・談)

 

自分たちは政治問題や国際情勢についてもしっかり報道したいが、ターゲットである主婦層がそれを望まないから、視聴率のために仕方なくやっているんです、とでも言いたげである。つまり、視聴者が悪いと。視聴者が低俗だから、番組も低俗になると。一見もっともらしく聞こえるが、これほどの欺瞞はない。

 

温泉、グルメ、ワンコインランチ、ファッション、コスメ、話題のショップ情報などなど、これらの番組では動物だけでなく、かなりの数の店舗や商品も紹介している。「紹介」といえば聞こえはいいが、要するに宣伝である。宣伝である限り、どんなに「静かな」ブームであろうと、金さえ払えば取り上げてもらえると考えるのが自然だろう。事実、

 

「確実に数字が取れるグルメネタは、何種類かの使い回しです。デパ地下、行列のできるラーメン、駅弁、ワンコインランチといったところ。(中略)最近はデパートからの売り込みも少なくない。」(制作会社スタッフ)

 

という。

事件・事故の取材は骨が折れる割に視聴率が取れないが、その辺のデパ地下にでも出向いて女性客にインタビューするだけで宣伝料と視聴率が見込める・・・・。ならばどちらを優先させるべきかは明らかだろう。
つまり、視聴者のニーズがどうの、などというのは詭弁、すり替えにすぎない。単に自分たちが楽して利益を得られるからそうしているまでである。にもかかわらず、「主婦には政治、国際、ヤクザなど硬派ネタはサッパリウケない」などと、自分たちの怠慢は棚に上げてのたまうその無神経さ、卑劣さ、欺瞞。
何より女性蔑視である。そんなに女を馬鹿にしたいのなら、男でも感心するようなタフな報道姿勢を見せてからにしろと言いたい。

「ポスト」も「ポスト」だ。「テレビは死んだ」などと言いながらこのような番組制作者の声を無批判に取りあげ、「主婦=低俗→番組劣化」というテレビ側の言い分に同調している。確かに政治に無関心な主婦もいるだろう。デパ地下に目がない主婦もいるだろう。しかし、ニュース番組の劣化と主婦の嗜好にそれほど関連性があるとは思えない。その証拠に、「スーパー・ニュース」の関西版である「スーパー・ニュースアンカー」(5時台)は一秒も「デパ地下」も「動物」も出てこないが人気がある。すべての女性が「デパ地下」に反応するわけではないのだ。現に僕の奥さんは「小沢が映ってる方が何事かと思ってチャンネルをとめてしまう」そうだ。

 

漫然と見ている分にはただの「グルメ特集」「生活情報」にすぎないが、よく考えるとこれは、「番組内コマーシャル」とでもいうべきものである。コマーシャルはコマーシャルで時間をとっているのに、さらに番組内でも宣伝をしているのだから、一体テレビというのは誰のものなのか?と改めて思う。しかも「ポスト」はこれらの番組のニュースの占める時間を60分30秒としているが、もし天気予報や御用コメンテーターの無意味なコメントタイムまで含んでいるとしたら、純粋にニュースを報道している時間はもっと少なくなるのではないか。

別に、僕は動物やグルメ情報をやるなと言っているのではない。その時間帯は子供も家にいるので、親子の会話のタネになるような映像も必要だろう。それにずっと政治や殺人事件の話ばかりされても気が滅入るだけだ。ただ、それにしたって時間をかけすぎだ。他にも報道するべきニュースが山ほどある。


クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111026013358.gif





TV・メディア考 | 23:44:06