■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
「チョン」を考える。
「馬鹿でもチョンでも」という言い回しがある。
この「チョン」とは何か。
朝鮮人の蔑称という人もいれば、江戸時代からある言葉で「まともでない人」「半人前」を意味するという人もいる。
どっちにしろあまりいい言葉ではない。
日本人が朝鮮人のことをいつから「チョン」と呼び始めたのが知らないが、蔑称として全国的に使われ出したのはおそらく近代以降、半島の人々と日本人が密接に交流するようになってからであろう。
「チョウセン」が訛って「チョンセン」になり、略して「チョン」になったのか、それとも上にある、もともと日本語としてあった「チョン」(まともではない人、半人前)を語源にしているのか分からないが、後者だとしたら最初から日本人は朝鮮人を「どっかおかしい」と思っていたことになる。
「どっかおかしい」と思うから胸のすくような蔑称が必要となったのかもしれない。
「マイブーム」しかり「女子会」しかり、言葉とは必要から生まれ、反復され、広まるものだ。
語源に大した意味はない。
<今現在どう使われているか>が重要である。
で、「チョン」という言葉は現代では主に朝鮮人を馬鹿にするときに使う差別用語として定着している。
戦前からずっと使われていたであろうその言葉がネットを介して若い人に継承された。
2~30代の若い世代は、戦前~戦後すぐに生まれた世代に比べたら在日朝鮮人は身近な存在ではなかったはずで、ましてや在日朝鮮人が他の外国人より優遇されていることなんて知るよしもなかったのだから、朝鮮人を罵る蔑称など必要なかったはずである。
ちなみに僕の祖父も朝鮮人を「チョン」と呼ぶことがあったし、僕の母(60代後半)は昔アパートの隣に朝鮮人一家が住んでいて嫌な思い出があるから朝鮮人に良い印象は持っていない、と以前言っていた。
この世代は時代的にも身近に朝鮮人がいた世代だから彼らにマイナスイメージを持つのは理解できる。学校にも近所にも朝鮮人がいただろう。良い朝鮮人も要れば悪い朝鮮人もいただろう。
しかし80年代生まれの僕の身近に在日朝鮮人はいなかった。
今、学校にも近所にも朝鮮人なんていない。
いや、いても帰化しているか通称名を使っているから分からない。
現代における在日朝鮮人は、外形的には日本人とほぼ同化している。
そう考えると、いまネットで叫ばれている「チョン」だの「ニダ」の嵐はどこから来たのか?
という疑問が湧く。
残念ながら韓国と北朝鮮が自分で作り出したもの、と言わざるを得ない。
「チョン」がもともと「まともでない人」という意味であるならば、ここ20年の韓国や北朝鮮はまさにそれであった。
北朝鮮は社会主義の独裁国家だからまだしも、韓国の理屈を抜きにした極端なまでの反日政策は、日本人に再び「チョン」という言葉を必要とさせた。
くしくもそれがネット社会の広まりと時期的にシンクロしていたため、本当の「チョン」を知らない若い世代が「チョン」を使用するようになった。
口に出してではなく、手で打って。
テポドン発射、拉致問題、竹島の不法占拠から「日本海」の使用禁止の訴え、慰安婦像、徴用工賠償命令、そして今回のレーダー照射問題・・・と、この20年間、南北朝鮮は日本と日本人の名誉を汚し、貶め、ケンカを売り続けてきたといっても過言ではない。
日本政府はいまだに戦後レジウム的倫理感で「未来志向」などと大人の対応に徹しようとしているが、それが美徳である時代はもう終わった。
国民の声に耳を傾ければ、それに気付くはずである。
もはや韓国と仲良く手を携えてアジアの平和を築いていこうなどと考える日本国民はごく少数であろう。
最初は右翼の啖呵でしかなかった<断交>が、最近は現実的なカードとして真剣に叫ばれている。
若い世代の人たちは身近に在日朝鮮人を知らない人が多い。それは同時に、在日朝鮮人の友人を持つ機会もないということである。
祖父の世代は戦友であれ学友であれ、パクさんキムさんという友達や知り合いがいた。スタジオジブリもそうやって出来た。
朝鮮人でもフツーに友達になれることを祖父の世代は知っている。
しかしたとえば平成生まれの人にとって韓国人というのは、年がら年中日本を罵り、平気で嘘をつき、金をせびり、五輪でも反日活動をし、サッカーをすれば殴りかかってくるような、姑息で下品で暴力的な民族でしかないだろう。
友達になんかなれる訳がない―・・・。
そう思うのも無理はない。
が、だからこそ怖いのである。
口で「チョンころが!」と言えた世代より、スマホやキーボ-ドで連日「キムチ野郎が!」と連呼している世代のほうが韓国(人)への怒りと不満は上を行っている。
この怒りと不満はいずれ世論という形で政府に反射する。
弱腰の大臣が更迭され、強気の外交官が支持されるようになる。
政治が変わる。日本が変わる。
韓国は少しはそれを感じ取ったほうがいい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











産業廃棄物の許可 行政書士

政治 | 21:43:32
防寒少年暖
韓国の徴用工問題は多くの日本人を驚かせ、呆れさせ、同時に大いに怒らせた。
関連ニュース記事のコメントを覗いていると必ずといっていいほど「断交」という言葉が目に入る。
韓国との国交を断て!というのである。
そんな過激なコメントにいいね!がたくさんついて、そう思わない人はほんの少ししかいない。
つまり一般国民の大半が断交OKとまでは言わずとも、そう言いたくなるほど腹を立てているのである。
ロッテのお菓子は買わない、ガムでも買わないという頑固な人も多く見かける。
たとえば先日、菓子メーカーのロッテが「爽」というアイスを値上げする、というニュースがあった。
そのコメント欄も
「そもそもロッテの商品買わないから」
「『スーパーカップ』だったら泣く」
といった嫌韓ムードに支配されていたり。。

こんなに誰もが韓国を嫌っているんだから、『もし本当に韓国と断交したら、韓国製品が出回らなくなったら』・・・・・・というシュミレーションをテレビでやったらきっと受けるだろう。
とりあえず僕の生活上で「韓国」が禁止されると困るのがチョコパイである。
これまでの人生でチョコパイに投じた額は恐らく数万円は下らない。。
『雪見だいふく』は年に数回食べるか食べないかだが、秋冬春は『チョコパイ』は毎月のように買う。
奥さんは『クランキー』の大ファンであるから買えなくなったら嘆き悲しむだろう。

それから僕はK-POPが大好きである。
寒がりだから自分のことを『防寒少年暖』と名乗るくらいだ。
というのは嘘だがKARAとかBOAとかAOAとかTWICEとかRED VERVETとか手当たり次第に聴いている。
ボーイズグループは聴かない。音楽がつまらない。BTSもどこがいいのか分からない。原爆Tシャツなんか着てくれなくても最初から好きではない。セブンティーンもあのボーイズラブ感が無理だ。
韓国人の音楽ビジネスの真骨頂は女性グループの楽曲の中にこそある。
そこにはABBA、カルチャークラブ、シンディ・ローパー、マドンナ、バナナラマ、SPEED、小室哲哉、PUFFY、モーニング娘。といった世界中のPOPS要素が詰め込まれてミックスされている。
KARAがSPEEDに憧れていたのは有名な話だし、最近人気があるAOAは浜ちゃんの「WOW WOW TONIGHT~時には起こせよムーブメント~」をカバーしそのMVには小室自身が出演していたりする。
TWICEの楽曲は質、メロディ、サウンド、イメージ、どれをとっても英米のPOPSにまったく引けを取らない。
BTSは好きではないが彼らが全米ナンバーワンを獲得したのは驚かない。
韓国人は大衆音楽を作るのが上手いのである。
音楽だけではない、「エンターテイメントとは何か」を心得ている人たちなのである。
それは時にアメリカの模倣であり、日本の後追いであろうが、それだけで片付けられない「オリジナリティ」や「強さ」を持っているのはちゃんとK-POPに触れれば誰でも感じるはずだ。
反面、韓国にはこれといった芸術はない。ノーベル文学賞の候補にあがるような作家もいない。そもそも古典がない。
いわゆる「ハイカルチャー」、「正統派」の文化では中国、日本の足元にも及ばない。
だから、かどうか知らないが、彼らはエンターテイメントに特化したのではないかと僕は推測している。
BTSの快挙は、それが結実したものだと思った。

断交というのはナンセンスだが、別に韓国と仲良く未来志向でとも僕は思わない。
自分は日本人で日本ファーストである。
ただバンドでも歌手でも映画監督でも「お芸術」ぶった輩が大嫌いな僕は、どうしてもエンタメ路線しか出来ない韓国カルチャーが痛快すぎて好きにならずにいられないのである。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物 許可 行政書士

政治 | 23:58:00
忖度と偏向
日本ボクシング連盟の山根会長はクーデターにあって辞職に追い込まれた。
助成金を不正に流用したり、ジャッジを変えさせたりとにかくぶっ飛んだオヤジだったのは確かだろう。
しかし彼が退場を余儀なくされた決定的な理由は、山口組系暴力団の元組長と長年にわたり親交があったことではなかろうか。
ニュース番組でもなぜかそこを強調していた。
スポーツ庁の鈴木大地長官も「反社会的勢力との交友が事実であれば、一刻も早く辞任すべきだ」と辞任を迫った。
しかし反社会勢力と「交友」どころか「結婚」してしまっている総務大臣の野田聖子には「辞めろ」の声はどこからも聞こえてこない。
先週、週間誌のスクープによって野田聖子総務大臣の現夫が実は前科2犯の元暴力団だったことが発覚した。
おまけにその夫は自身が関与する仮想通貨運営会社が無登録だと監督庁の金融庁から通告を受けた際、秘書を使って金融庁の役人を議員会館の野田事務所に呼びつけ<説明を求めた>という。
つまり「俺は野田聖子の夫だけど何か問題ある?」
と言わんばかりの示威行為をしたわけである。
国会議員、それも初の女性首相候補ともてはやされる現役の国務大臣の夫が元暴力大臣で、おまけにタレントのGACKTが広告塔の仮想通貨に関係する問題で、金融庁の役人を事務所に呼びつけて圧力をかけるようなことをしていた―・・・・
普通に考えれば大スキャンダルである。
連日連夜テレビで大きく報道されてしかるべきネタだ。
モリカケなんて目じゃない。

でもだーーーれも知らない。
野田聖子が放送事業を監督する総務省のボスだから忖度して小声でしか報道しないようにしているのか、それとものちのち担いで女性首相の座に座らせて利用するときの事を考えてのことなのかしらないが、とにかくヘタレ地上波ではほとんど報道されない。
日本ボクシング連盟の会長の顔と名前は覚えても、野田聖子が元暴力団組員と出来ちゃった婚していたことなんて誰も知らない。
一民間人の山根会長ですら反社会的勢力と親交があったら職を辞さねばならないのに、現職の大臣は報道もされない。島田紳介も同じ理由で芸能界から完全に消し去られたが野田聖子は無傷で今日もバッジをつけている。
「マスコミは権力のチェック機関」などと言われるが、正確には「自分たちの気に入らない人間や組織だけをチェックする機関」であって、そこにフェアネスだの信念だのなんて尊い精神は微塵もない。
あるのは忖度と偏向だけである。
そんなだから視聴者がYOUTUBEやAbemaTVやプライムに流れてゆくのだ。
既存マスゴミなど平成の終わりと同時に滅べばよいm(__)m
オウムと同じく、次の御世に引き継ぎたくない不の遺産として平成に置いていきたい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









政治 | 23:40:11
グレー
今日は午後から江戸川区の顧客のオフィスでミーティング。壁に薄型テレビが掛かっており、ミーティングの間ずっと佐川前国税庁長官の証人喚問の中継が流れていた。
思えばこの疑惑はひとりの詐欺師と天真爛漫な首相夫人の意識の低さから生じたスキャンダルであった。それがグチャグチャになっていつの間にか愛媛の大学の獣医学部創設と岩盤規制の問題にスライドし、それが落ち着いたと思ったらまた振り出しに戻って今度は役所の文書改ざんという新たな形になって昼間にテレ東以外の全局が国会を中継する程になった。
そんなに国会中継が好きなら、なぜ民放キー局は加計学園問題のとき元愛媛県知事の加戸氏の証人喚問をろくに放送しなかったのか。
きっとテレビ局は「今回は国民の関心が高いから」と答えるだろうが、その「関心」を持たせる/持たせないもマスコミの胸三寸なのだから、我田引水もいいところである。
昭恵夫人が口添えをした?官邸の無言の圧力で値段交渉がスイスイ運んだ?
それの何が問題なのか分からない。
そんなことは辻本清美だってやっている。報道されないだけで。
あなたの住んでいる街の市議会議員や町議会議員もやっている。
企業もやっている。
その企業の下請けの社長もやっている。
料亭に役場の課長を招いてお願いする。
新聞社もテレビ局も記者もやっている。
NHKなんかしょっちゅう中国・韓国に「忖度」している。
「強い人のご威光に頼る」。
そんなことは大人の社会の常識である。
「うちはそういう薄汚い忖度などに頼って仕事を取ったことはただの一度もござらん!」と言える組織がこの国に一体どれだけあるのか。
「罪のない者だけが石を投げよ」とまでは言わないが、そんなにビックリ仰天するような大疑獄か???とは思う。

石川に住む義理の叔母の住む町では選挙が近くなると議員が叔母の家にスイカを持ってきてくれるそうだ。
普通に公職選挙法違反だ。
そういう町で道路やダムが作られるとなったら、どういう力学がどのように働くか子供でも分かるだろう。
こういうことは田舎に行けば行くほど露骨に行われているものだ。
ハッキリ言って褒められたことではない。
推奨もしない。
自分が政治家になったらよほど必要に迫られない限りしないだろう。
だが、首相夫妻が吊るし上げられたところで、そのような「慣習」の是正には毛程も役に立たないだろう。

芸能人の不倫スキャンダルが連日報じられ、いかに不倫が割に合わないかをお茶の間に突きつけても、世の男たち女たちは不倫を止めない。
「不倫」という行為の反社会性が中途半端だからである。
犯罪ではないが、ちょっと反社会的、くらいのものが、一番始末が悪いのである。
体罰、暴力、イジメも同様である。
盗撮や痴漢はめでたく犯罪に「昇格」したため、やりたいヤツは一生を棒に振る覚悟が必要になった。
しかし「忖度」だの「圧力」などというのは不倫よりさらにグレーで、程度にもよるが「仕事」「ビジネス」の範疇と言って言えなくないレベルのものだ。
この問題に解決などない、ということだけは分かっている。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









解体工事 登録 行政書士

政治 | 23:39:34
いつものダブルスタンダードね
前川前事務次官が名古屋の小学校で公演をした際に、文科省から名古屋市教育委員会に講演の内容など15項目にわたって質問するメールが送られていたことが明らかになり、「教育現場への国家権力の介入だ」と問題視されている。文科省に照会して教育委員会に質問メールを出させたと目されているのは池田佳隆という自民党の議員だが、この人もまた吊るし上げられている。
去年の4月、小説家の百田尚樹氏の講演会が一橋大学の学生有志により企画された。KODAIRA祭という学園祭である。
しかしその講演会は結局開かれることはなかった。
百田氏を差別主義者と信じてやまない一部の組織とその組織の息の掛かった学生らにより、講演会を企画した学生らに妨害活動が行われ、潰されたからである。
その「百田氏に講演をさせない運動」への賛同を呼びかけるツイートをし、反対運動をバックアップしたとされているのが民進党・参議院議員の有田芳生だ。事実だとしたら現職の国会議員が一般人(百田氏)の言論の自由を不当に奪い、大学の自治にまで介入したことになるが、一部週刊誌とネットの中で騒がれただけで大してニュースになんかならなかった。
出会い系バーに足しげく通い、天下りで辞めて行った曰くつきの元官僚の講演会にイチャモンをつけるのは<言論弾圧>だが、百田尚樹の講演会を潰すのは<正義>。
お決まりのダブルスタンダード。
この件では実は百田尚樹より実行委員会の学生たちの方がダメージを負った。反対派の妨害はかなり苛烈だったらしく、学生の中には身の危険を感じた子もいたようだ。怖かったろう。
軍靴の音が聞こえてくるようだ。
これに比べれば前川喜平や名古屋市教育委員会が受けたストレスなんてそよ風みたいなもんだ。
「安倍は怖い!安倍は怖い!」と念仏のように唱えている人たちのほうが何倍も露骨に、暴力的に、権力からメディアまでありとあらゆるものを使って、自分が忌み嫌うものを社会から消そうとする。
独善を通り越して、もはやHATEに支配されているかのようだ。
そしてそのことに自ら気付くことがない。

平和が一番。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









解体工事 登録 行政書士



政治 | 23:56:53
次のページ

FC2Ad

まとめ