トランプの「強み」

今年のアカデミー賞の授賞式で、あろうことか作品賞の受賞作を言い間違えるという事件が起こった。最初に読み上げられた「ラ・ラ・ランド」の出演者やスタッフ一同登壇しスピーチまで読み上げられていた時に、司会者へのメモを渡し間違えた、別の作品「ムーンライト」が正しい受賞作ですと改めて発表された。「ラ・ラ・ランド」の主演女優だったエマ・ストーンの凍りついた顔が印象的だった。
それはそれとして、今年の同賞はいたるところでトランプへの皮肉や批判が披露され、さながら誰が一番痛烈にあの暴君をギャフンと言わせられるかを競っているようでもあった。
コマーシャルではニューヨークタイムズが「真実が今ほど重要な時はない」といった趣旨のテロップ入りのCMを流した。
チャイナマネーにすがりつき、中国にいわれるまま反日広告、反日特集を打つ「ご都合プロパガンダ新聞」が「真実」とはよく言ったものである。そういえばNYタイムズの日本支社は朝日新聞社内にあるが、類は友を呼ぶとはこのこと。
このNYタイムズのCMを受けてトランプは
「落ち目のNYタイムズが失われた名声を取り戻す為にはじめて広告(悪いやつ)を流す。正確かつ公正に報道するんだな!」
とツイート。
アカデミー賞授賞式まで今年はトランプ劇場と化したわけだが、繰り返されるアメリカでの著名人らによるトランプ批判を目にするたびに、僕は逆にトランプの凄さを思い知るのである。
全米の9割のメディアが民主党を支持し、レディー・ガガやマドンナ、ケイティ・ペリー、ビヨンセをはじめ、およそ名のある歌手や映画スター、映画監督、司会者、作家、コメディアンなどが右へ倣えでヒラリー当選を叫んでいたにもかかわらず、トランプは負けなかった。
土壇場でFBIがヒラリーのメール問題を蒸し返したのが敗因だとかヒラリー陣営は言っていたが、悪いがそこまで援軍がついていて負けるほうがどうかしている。
おおっぴらにトランプを支持する有名人なんてスティーヴン・セガール(アクション俳優)とハルク・ホーガン(プロレスラー)くらいなんだぜ?どうやったら負けられるんだ?
「もしこれが日本ならどうだったろう?」と考えると怖い。
毎日のようにテレビで見る俳優やタレントやキャスターがことあるごとに民主党を褒めちぎり、自民党に投票するなんて言語道断とののしる。もう選挙を実施する必要すら感じないほど、国民は民主党に走るだろう。実際、2009年の衆院選、民主党が政権を取った時がそうだった。
日本国民の政治音痴ぶりがよく分かる「不幸な事件」だった。

だからトランプは偶然勝ったのではない。ロシアがサイバー攻撃したからでもない。票を操作したからでもない。大体、そんな手で大統領になれるなら莫大な資金と時間をかけて全米を遊説する必要はない。
トランプが当選したのは、ヒラリーよりトランプを望む国民が多かったからである。

アメリカの著名人が「Not my president!」(彼は私の大統領ではない)と叫べば叫ぶほど、僕はアメリカ国民というのは本当にリテラシーが出来上がってるんだなと感心する。
レディーガガもビヨンセもマドンナもデ・ニーロもスピルバーグも、全米で聴かれ、愛されている。共和党支持者だって彼らの歌や映画を楽しんでいるだろう。しかしアメリカ人の美点は、「それはそれ」「これはこれ」と割り切っているところだ。
いくらマドンナやガガの音楽を愛しているとしても、政治的立場や思想信条までは捧げない。追随しない。
それは自分で考えること。決めること。と考えているようだ。
そういう国民性だからこそ、9割以上のメディアが反トランプだろうと、ほとんどの映画人やアーティストがトランプのケツの穴に中指を突っ込もうとしていようと、トランプは勝利することが出来たのだと僕は思う。
アメリカの健全さを見た、とでも言おうか。
そうは思わない、という人は民主主義を理解していない人である。
スターたちやメディアがその絶大な影響力や発信力を駆使してもなお、彼らの思うように出来なかったことこそが、アメリカに健全な民主主義が生きている何よりの証拠である。
もしメディアの思うように何でも進んだら、それこそ気持ち悪い。
トランプは「メディアが公正に報道しない!」と口を開けば大新聞やテレビ局を罵っているが、内心、メディアの報道など屁とも思っていないだろう。それでも大統領選で勝てたのだから、彼にはアメリカ国民を信じることが出来、それが強みに、励みになっているはずだ。

メディアに流されず、自分で自分の意見を作ること。
どこかの「自分ファースト」の都知事の厚化粧の下に何があるのか、それを考えてみるところから始めてみるのもいい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.02.27 | | 政治

安倍でよかった。

アメリカ大統領選はトランプが勝った。
良かれ悪しかれ彼の当選は世界の流れを大きく変える。
時代錯誤すぎて逆に新鮮ささえ感じる彼のアメリカ(の白人)至上主義と、自国のことは自国でどうにかしろ、アメリカはアメリカの幸福のみを追求する、というモンロー主義的なアティトゥードが今の世界でどこまで通用するのか・・・。
イギリスのEU脱退もそうだったが、世界の国々は徐々に「個人主義化」しつつある。国単位での個人主義である。呑気に「垣根を取り払い、みんなで手をつないで一緒に困難を共有しましょう」という時代は終わりを告げ、「自分の国が第一」という、不干渉の時代に変わりつつある。行き過ぎたグローバリズムの反動だ。
トランプはTPP交渉からの離脱や、日本に対しては在日米軍の撤退、自衛力の強化などを求める発言をしていたが、大統領として公式にそれを求めるかどうかは定かではない。
定かではないが、つくづく、今の日本のリーダーが安倍総理でよかった。と思う。
政治家としての経験はなく、政治的信念やイデオロギーも極めて明快に見えるだけに逆に胡散臭い男を相手に交渉するというのはなかなか技術の要ることである。安倍首相のように暇さえあれば世界中を飛び回って日本の国益のために日々押したり引いたりの折衝をしている人ならとりあえずは安心出来る。
TPPにしても日本としては「白紙撤回」はウェルカムだし(アメリカが抜けるなら日本も抜けると主張すればいい)、日米安保の見直し⇒中国の影響力増大⇒自衛隊の国軍化議論⇒日本国憲法改正・・・という流れが、トランプの当選によって現実味を帯びてきた。
トランプ当選は日本にとって逆風だと言われるが、経済的にはそうでも、日本が「普通の国」になるのには追い風だ。
この流れを「理解している」人が首相でなければ、トランプの札を自国のために活かすことは出来ない。ドナルド・トランプという劇薬を投入した世界がどう変化していくのか想像もつかない、なんて言っている首相ではその札は「ジョーカー」にしかならない。買いかぶりでもなんでもなく、少なくとも安倍首相はそんな低次元の政治家でないことは確かだ。
それに、アメリカ、イギリスが政治的に不安定になれば、世界での日本の役割が相対的に増し、日本の常任理事国入りも夢ではなくなる。政治的にも経済的にも比較的安定している日本がキャスティングボードを握るようになるかもしれない。
トランプ大統領誕生によってロシアや北朝鮮がどう反応するかいまいち読めないが、だからこそ安倍首相で良かった。
この世紀のアメリカン・(バッド?)・ドリームを実現させた予測不可能な大統領と渡り合うには、冷徹な判断が出来る、外交能力に長けた首相でなければならない。

人間・トランプを理解しようなどと思わず、彼の起こす「嵐」をどう利用するか―・・・。
そこが肝だと僕は思う。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.11.09 | | 政治

小池劇場に思ふ

小池百合子の主催する政治塾に約5000人が参加を希望し、そのうちの3000人が入塾したとかしないとか。

あの人から一体何を学ぼうというのか理解に苦しむ。
民主主義のルールに則って議会で議決し、無数の人間が汗を流して国際社会にお願いしてきたことを今更になって深く考えもせずひっくり返し、メディアを使って自分を英雄に見せる方法を学びたい、というのなら別だが。
個人的には同氏には世渡りの上手さと運の強さは認めても、政治家としての魅力は微塵も感じない。
民主党も小泉純一郎も橋下徹もそうだったが、ポピュリストはみなワンパターンである。
自民党、派閥、地方議会、都議連・・・マスコミ受けする<わかりやすい敵>を用意して、それらを完膚なきまでに否定することで自分を大きく、正しく見せようとする。
この手の人は野心はあってもビジョンがない。国家的スケールでの戦略、連綿と続いてきた日本史と現在の日本との関係性、それに基づいた正しい歴史認識と国際感覚、そして文化的な知性と教養、ユーモア。
こういったものがない。もしくは欠けている。
嗅覚や反射神経は鋭いが、地に足がついていない。
だから何をするよりまずぶっ壊そうとする。
無意味に郵政民営化だ規制緩和だとわめく、ありもしない埋蔵金を求めて仕分けだなんだと役所を叩く。二重行政だ都構想だと言って引っかき回す。
否定、否定、否定。。。破壊。
見直し、撤回、白紙に戻す・・・彼らがそのような派手でセンセーショナルな行動に走るのは、このような裁量的行動は経験も能力もさほど必要なく、かつ、マスコミさえ味方にすればどれだけでも美化してもらえるからだ。
さらに「敵」が自民党とあればマスコミはホイホイ乗ってくるから劇場化はカップラーメンを作るより簡単である。

豊洲や五輪の透明化など、いつ東京都民から「早急に解決してくれ!」と声が上がった?
カンケーない。
どこから聞こえてきたか誰にも分からないが、カンケーない。本当は待機児童をどうにかして欲しいとママさんたちは願っているだろうが、カンケーない。
小池百合子はやりたいようにやる。小池がやりたいことをやる。
いま彼女は政治家人生でおそらく初めて、ヒロインになれたのだ。ジャンヌ・ダルクの快楽ほど野心的な女を酔わせるものはない。
自民党と敵対している限り安倍首相のように「権力の暴走」などというアホな批判を受ける気遣いはないし、周りにいるのはたかが地方議員である。派閥の領袖や政界のドンじゃない。大臣まで務めた人からすれば、サルにしか見えないのではなかろうか。
要するに彼女は東京をナメている。
地方政治をナメている。
そういうオーラがむんむん出ている。
だから政治塾などという思い上がった発想が出てくる。
児童虐待や待機児童やストーカー被害やワーキングプアや仕事と育児の問題、首都高の渋滞緩和・・・いろいろやることはあると思うが、その目には光り輝く自分しか映っていない。

そんな人の政治塾に入るくらいなら、いまアメリカ合衆国大統領になろうとしている大富豪の靴でも磨いたほうがまだマシだ。
少なくとも彼は自分をヒーローや善人になど見せようとはしていないし、スポットライト症候群でもない。

小池氏を見ていると、いかに都知事というのが強大な権力を握っているかというのがよく分かる。
そういう意味で、勉強にはなる。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.11.01 | | 政治

赦される女

民進党の蓮舫が台湾国籍を保有したままだったことが分かった。日本と台湾の「二重国籍」だったわけだが、マスコミのこの問題に対する手ぬるさは気味が悪いくらいである。いつもは舌鋒鋭く切り込むあの司会者も、あのタレントも、あのコメンテーターも、元グラビアアイドルの代表代行にはどこか及び腰である。
もしこれが丸川珠代や稲田朋美だったら公開処刑どころの騒ぎじゃないだろう。それこそ蓮舫その人が率先して松明を投げ込み火あぶりにするところだ。
生まれた星の下が良かったのか、幸い、面と向かって(テレビの中で)彼女に松明を投げつける者はなく、せいぜい、みんな遠巻きに首をかしげる程度。
こと政治家の説明責任については口を酸っぱく一刀両断してきた共産党の小池晃のような人でさえ「(蓮舫氏は)3回の参院選で国民の信任を得て公人として仕事をしている。どこに問題があるのか」とすっ呆けてみせ、何を勘違いしたのか「父親が外国籍という理由で排斥するのは極めて差別的だ」とのたもうた。
昨日、コンビニでたまたま見かけた「日刊ゲンダイ」の1面にも「民族主義跋扈の時代」がどうのとあった。
要するに蓮舫へのバッシングは民族主義者たちによる<差別>だというのである。少なくともそのような「空気」「思想」がこのバッシングの根底にあると。
これはサヨクお得意の<論点のすり替え>以外の何物でもない。
国民は、彼女が台湾国籍を有しているから怒っているのではない。ましてや父親が外国籍だから怒っているのでもない。
ただ、彼女が政治家としてふさわしくない、信用に足らないと思うからである。自分の国籍がどういう状態になっているのかも今の今まで気にもせず、確認もせず、漫然と政治活動を行ってきたというその意識の低さにあきれ返っているだけである。
そもそも、多くの国民は彼女が何で政治家をやっているのか、何を専門とし、得意とする人なのかもよく分からないままなんとなく「許容」し、なんとなく応援してきた。(少なくとも僕は彼女の思想信条も専門分野もよく分からない)
そんな選挙に強く、男顔負けの迫力で政権・与党を批判し続けてきた彼女が、いま、発言を二転三転させながら、かなり不細工なハンドルさばきで、ガードレールから火花を散らしてコーナーを曲がりきろうとしている。
逃げ切れるか-・・。
いま彼女の頭にあるのはそれだけだろう。
「本人も知らなかった、では済まないんですよ!」とはいかにも蓮舫氏が言いそうなセリフだが、いま、彼女にそのセリフを吐くのは僕たち声なき国民だけである。
大きい「声」を持った人たちは皆、彼女の味方だ。
雑誌の編集長も、テレビ局も、大新聞も、政治評論家も、おそらくは習近平も。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.09.13 | | 政治

いろんな無党派層

選挙になるたびに注目されるのが「無党派層」と言われる人たちの投票先である。
無党派層とは一体なんぞや。
一般的には支持する政党や政治家がいない、政治に関心がない、日本がどうなろうと知ったこっちゃない人たちのこと-・・と解されている。
無党派層にも類型があって、早稲田大学の田中愛治教授によると以下のように分類できるらしい。
①政治的無関心層
②政党拒否層
③脱政党層
①は学歴も低く、新聞も読まずニュースも見ない、ガチで政治に無関心な層。
②は関心はあるもののどの政党も「支持しないぞ」と決めている人たち。高学歴で都市部に住んでいる若年層に多い。
③はそれまでは特定の政党を支持していたが失望して無党派になった人たち。
教授によると日本の無党派層は60年代には既に6%ほどいて、70年代には「政党支持なし層」などと呼ばれていた。
しかし注意すべきなのは、国民の二人に一人が無党派だからといって、「無党派層」というはっきりした層があるわけではない。グラフ等で推移を見ると、無党派層は「ロッキード事件」や「リクルート事件」など政治的スキャンダルがあったときには急激に増え、小泉ブームのように良かれ悪しかれ「政治が面白くなった」(何か期待できそう)と思えるときにはガクンと減少する。つまり無党派層とは人間の集団であると同時に、国民の政治不信のバロメーターでもあるのである。
その無党派層を味方につけた小池百合子が都知事選に当選した。
東京都内で建設業を営む、うちの事務所のお客さんが「(小池さんが)電信柱を地中に埋める計画をまだ進めてくれるというなら彼女に投票したい」と言っていたのを思い出す。
しかしその一方で偶然立ち寄ったとあるブティックの店長の言葉は面白かった。
「僕が都民だったらあの人(小池)には投票しませんね。なぜって『クールビズ』ですよ。もう10年以上経ちますけど、あれで夏のスーツの需要、ガクンと減りましたからね」
なるほど、と思った。かつて男は夏でもスーツもしくはシャツにネクタイで働いていた。どんなに暑くてもネクタイを締めて外回りの営業に走る。それが「働く男」の姿だった。(まあ、そのかわり冷房もガンガンだったろうけど)
夏場でもある程度スーツが売れたのに、小池百合子の「クールビズ宣言」のせいでどんどん皆ラフな服装になって、サマーシーズンの売り上げが落ちたというわけだ。
「それでもまあ、最近はジャケットにハーフのチノパンでもOK、みたいな職場も増えてきたらしくて、そっちのニーズのお陰で一時期よりはマシになってます」
同じ政治家でも、職種によってこんなにも見方が変わる。
一見政治に関心がなさそうな人でも選挙となるとこうやって隠し持っていた「所見」を他人に披瀝せずにいられない。
僕は人間のそう言うところが好きである。
政治に全く関心のない人はいても、政治に全く無関係の人はいない。
作家の高橋源一郎がこのあいだ朝日新聞のコラムで、「むかし同じ工場で働いていた労働組合の友人は義務的・機械的に政治運動をしているだけだった」と言うようなことを書いていた。運動に熱心だからと言って政治に関心があるとは限らない、というわけだ。
ならば「政治」と「自分」のカンケイを一番肌で感じているのは案外「無党派層」なのかも知れない。
そしてそれを一番自覚していなかったのが鳥越俊太郎だった。
反原発も戦争法案も反安倍も確かに「政治」だ。だが都政と直接関係はなく、ましてや都民ひとりひとりが今考えねばらぬ問題ではない。それらは都民にとって「政治的すぎる」テーマだった。
当初は無党派層をごっそり持っていくと思われた「暴走老人」の哀れな末路であった。
勝てないと悟った岡田はどうせ問責されるのが目に見えているので、都知事選の投票日を待たずに次期代表戦への不出馬を表明した。その時点で鳥越は事実上「ポイ」されていたわけだ。
担ぐだけ担いでおきながら風向きが悪いとなれば試合終了を待たずに席を立つ。そして当の鳥越といえば選挙期間中に自らの淫行疑惑を報じた週刊誌を目の敵にして「文春ガー文春ガー」の一辺倒。
これが日本の進歩派、リベラルと呼ばれる勢力のレベルである。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.08.02 | | トラックバック(0) | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

祐平

Author:祐平
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム