向いてないこと。

今日は新宿でお仕事。お盆でも人でごった返していたのは中国人観光客が多いから。中国人が消え去って日本人だけになったらもっと静かでもっとストレスフリーな街になっていることだろう・・・

と、こういう考え方が増大していくと「レイシズム」へつながってゆく。
差別は「恐怖」から来る。
恐怖は「数」から来る。
アメリカのミズーリ州で白人至上主義を掲げるグループとそれに反対するグループが乱闘になり、途中、群集に乗用車で突っ込む輩なども出て、一人が死に、数十人が負傷した。
トランプの掲げる「保守主義」「アメリカ・ファースト」が「アメリカ=白人の土地」と思い込んでいる歴史を知らないたわけ者たちの歪んだ愛国心に火をつけたのは確かであろう。
アメリカはインディアンの土地であった。
それを白人が騙したり脅迫したり虐殺したりして無理やり自分のものにした。白人たちがインディアンにした残虐な行為はとてもここでは書けないようなレベルのものだ。オーストラリアのアボリジニもインディアンと同じように<動物として>面白半分に虐殺されている。
そしてインディアンやアボリジニも思わず座席を譲りたくなるような、歴史上もっとも残虐な殺され方をしたのは他でもない、われわれ日本人だろう。
広島・長崎への原爆投下と、焼夷弾による非戦闘民(一般市民)を狙った大空襲である。
韓国ではいま慰安婦像に代わる新たな「反日のシンボル」として、戦時中、日本軍によって過酷な現場での「強制労働」に駆り立てられた(と韓国人が思いたがっている)<徴用工>の像が設置され話題になっているが、強制労働させられたくらいが何だ?と思う。
慰安婦も徴用工も、朝日や毎日のような日本国内の「日本が大嫌いな勢力」と、韓国の反日グループが息を合わせて仕組んだ「虚構」だが、たとえ事実だったとしても、空襲や原爆投下に比べたら屁みたいなもんである。
白人のインディアン虐殺も、生命の尊厳を平気で踏みにじる蛮行のフルコースだが、原爆投下が他のどの虐殺より残酷なのは、それが<人体実験>でもあったという事実である。
そしてもっと馬鹿にしているのが、あれはソ連への示威行為だったという見方だ。
戦後、日本なきあとのアジアをソ連が支配するようなことがあれば、「お前にコイツをお見舞いしてやるからな」というソ連への示威行為。
日本で原爆を落とすことによって、ソ連をけん制できたのである。
人体実験はできーの、日本は降伏するーの、ソ連はびびるーの、まさに一石三鳥の虐殺劇である。
そういう冷血さがないから、日本人は戦争に向かない。
朝鮮半島に馬鹿みたいに学校や病院を建てちゃったり、満州をやたら洗練された大都市にしちゃったり、そういう「みんなにやさしい」ことに血道をあげるほうが性に合っているのである。
そもそも「人種平等」とか「グローバリズム」とかいう概念さえない時代に、もう「八紘一宇」(世界はひとつの家。人類はみな兄弟)とか、「五族協和」(中国には色んな民族がいるけど、みんな仲良く栄えていきまっしょい)
などと言っていた国だ。だからナチスから迫害されていたユダヤ人を何千人も救出したし、白人の植民地支配に苦しむ東南アジアを搾取と圧制から開放した。
いいことをしていればきっと世界は日本を認め、世界は日本中心に回りだすさ!
みたいなノリで戦争していたとしか思えない。
こんなお人よし民族、どう考えたって侵略や征服には向いていない。
世界はもっと自己中心的である。
サッカーだってそう。
香川みたいに2歩下がってオバメヤンの「配球係」をやってたって、オバメヤンは香川を「いつも俺に点取らせてくれる気前のイイヤツ」くらいにしか思わない。
香川よりもっと自分を殺して献身的にプレーしていたヘルタの原口元気は今季は「戦力外」。
「お人よし」がワリを食うのが世界の常識である。
だから日本は世界に感謝などされていないし、これからもされない。

中国人は日本を海の向こうの「ショッピングモール」くらいにしか思ってないかのように買いたいものを買って去り、アメリカでは今日も人種の壁がきしんでいる。ロケットが飛んでくるかもしれないグアムのビーチでは日本人がオイルを塗っている。
何年経っても、戦争を知っていようと知っていまいと、なんだか複雑な気持ちになるのがこの国の8月15日である。


☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物の許可 行政書士

2017.08.14 | | 政治

加計学園問題から見えること。

「加計学園問題」とは、時の首相が、親友が理事を勤める学校を特別扱いして、認可を与えるなどの便宜を計ったのではないか?
という問題だと思っていた。
マスコミがそういうアングルでしか報じないから誰もがそう思っている。
でも実際はそんな単純な問題ではなかった・・・・ということが10日、閉会中審査のなかで明らかになった。
元愛媛県知事・加戸守行氏の答弁だ。
ハッキリ言って、この40分あまりの答弁を聞けば、誰でも「問題なのは安倍でも加計学園でもなく、メディアだ」と思うだろう。
国民がこの問題を考えるに当たって必要な<前情報><経緯><背景>というものが、いかに我々に与えられていなかったかが、わかる。
それをもっと早く言ってくれれば・・・という気持ちにさせられる答弁だ。
テレビでは報道しないので動画を貼っておくが、再生する前に以下の点を頭に入れておくと分りやすいだろう。

○ 世界中で鳥インフルや狂牛病など家畜伝染病が多発。獣医師の存在意義がかつてないほど高まっている。
○ しかし日本では獣医学部も獣医師も慢性的に不足している。
○ にもかかわらず日本獣医師会は獣医学部新設に反対し、国もそれを問題視するどころか岩盤規制をしいて日本獣医師会にお追従している始末。
○ 前川前事務次官は「獣医師は足りている」という立場(=学校を作らせない派)
○ 元愛媛県知事のネバーギブアップ精神を見かねて(?)政権交代後、民主党が動き、獣医学部新設のため頑張った。
ではどうぞ。



せっかくUPしたが、恐らくこれによりマスコミは加計学園問題を捨てるだろう。
これ以上深入りすれば「なんでこんな重要な話を報道しなかったのだ」と自分たちに矛先が向くからだ。
今後、テレビでギャーギャー言うことはなくなるだろう。
散々騒ぎ立てておきながら、最後は「え?そんな問題あったっけ?」みたいな顔で
美人韓国人ゴルファーのスカートの丈がどうのとかに時間を使うようになるのだ。
そう思うと、こうしてネットがあることを本当にあり難く思う。
自民党も自民党だ。なぜもっと早く正々堂々と真っ向からこういった経緯を説明し、否定しなかったのか。
やはりちょっとだらしない。


今年はトマトが豊作なうえにちゃんと赤い。
早めに植えたのがよかったのかな。

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







解体工事 登録 行政書士

2017.07.12 | | 政治

マスゴミ帰れ

自民党の二階俊博幹事長はこのあいだ北朝鮮を「きちがいみたいな国」と言い放ってマスコミから「差別発言だ!」と叩かれた。さらにその翌日、都議選の選挙演説でそんなマスゴミどもに向かってこう吼えた。
「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ!マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ!」
マスゴミどもめ落せるものなら落としてみろ!と二階氏は豪語したわけだが結果はご存知の通り。
「マスコミの人だけが選挙を左右する国」であることが証明された。
ネットが普及しスマホが情報収集のメインになって少しは民度が上がるだろうなんて思っていたがてんで甘かった。

―・・・マスコミ。
毎日のように僕の短い導火線に火をつけてくれる人たち。

都議選の投票日前日、秋葉原で安倍首相が「やめろコール」を受けたというニュースをご覧になった方は多いだろう。
安倍首相の支持者が多く集まることから「聖地」と目されていた秋葉原。
その街頭演説でまさかの「やめろコール」に自民党への国民の反発がにじみ出ている・・・みたいな趣旨のニュースだ。
当初、籠池氏がなぜかその場所にいて警察に連れ出された、というのと抱き合わせになっていたが、サプライズなのになぜかテレビ朝日のカメラマンは来たばかりの籠池氏の顔のアップをバッチリ撮影できていた。あたかも最初からそこに来るのを知っていたかのようだった。
そしてあの「安倍やめろコール」だ。
どうみてもそのコールをしているのは「あの手の人たち」以外の何物でもないのに、テレビではあたかもアキバに集まった一般市民から「やめろ」と言われているように報道していた。
朝日の<自作自演ニュース>なのは明らかだった。
誰かが警察に連れて行かれることも想定した上で籠池を連れてきて、まんまと連れて行かれたらめっけもの、動員したお仲間は「やめろコール」をはじめる。それをベスポジに陣取った朝日のカメラマンが撮影して都合のいいように音声などを編集してニュースで流す。ヤフーニュースのトップに記事を10時間ほど(もちろんコメント欄はなし)と、あとはテレビで流しまくる。
そんなやり方。いつもの手。公共の電波を使ったあからさまな反安倍・反自民運動。
安倍ちゃんは「やめろコール」をした連中を指差して「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです」と言った。そしたら今になって「こんな人たち」とは何事だと一部のアホが騒ぎだした。
「こんな人たち」とは「こんな人たち」である。
自分の胸に聞いてみりゃいい。
自分たちがどれだけ「フェアネス」や「平和」や「対話」や「相互理解」というものからかけ離れているか、「言論の自由」「表現の自由」を貶めているか。
しかし残念ながらそういう「作られたニュース」だけを見て「都民ファ」に投票した単純な有権者が数え切れないほどいた、というのが現実だ。
ここは「マスコミの人だけが選挙を左右する国」なのだ。

しかしこんな世界でもマスゴミに対して頑張っている人がいる。
きのう、アメリカのトランプ大統領が自身のツイッター上にCNNを殴り倒している動画をアップして話題になった。これは数年前、プロレスに参戦した時の映像を加工したもので、対戦相手の顔にCNNのロゴを貼り、あたかも自分がCNNと闘っているかのように見せた映像だ。
動画の中でトランプはアメリカを代表する大メディアをこう切り捨てた。
「ごみジャーナリズム」
一国のリーダー(それも超大国の)がすることか!どんだけ暇なんだよ!
との声はもっともである。
しかし同時にこうも思ってしまう。
彼が日本の首相だったらどれだけ痛快だろう。
対マスコミに関して、は。

あ、言い忘れるところだった。
2014年の衆院選最終日、秋葉原での安倍首相演説後、マスコミに対して一斉に罵声が飛んだ。
「マスゴミ帰れー!」
「偏向報道やめろー!」
それは上述のサヨクのような仕組まれたものではなく、そこに集まった一般市民による、自然発生的な「怒りの声」だった。その証拠にそれぞれ言うことが違う。マスゴミを憎む気持ちは一緒なのだが、微妙に「つっこむところ」が違った。それがまた面白くて、誰かが少し外れたことを言うと時々どっと笑いが起こったりした。
そんな感じで声はどんどん大きくなって、掛け声になり合唱になった。
僕もそこにいた。もちろん声を張り上げてののしってやった。
その日のマスコミに対する「声」は、上の「安倍やめろ」なんかの比じゃなかった。
ナチュラルな「怒りの発露」だったから感動的でさえあった。
もちろんその場にNHKも朝日もTBSもフジのクルーもいた。
だが演説後の「事件」はたったの一秒も報道されることはなかった。

さてさて。。
今日は夜から台風の影響でドシャブリ~ノ。

ユリもグラジオラスも全部花が落ちてしまうだろうか。。心配。
地面を叩く雨の向こうに、夏の炎が揺れている。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





行政書士 産業廃棄物 許可

2017.07.04 | | 政治

都民が理解不能。

都議選は都民ファーストの会の圧勝のようだ。
都民は自分たちの生活と生命を、決して都民のことなど第一に考えられない「自分ファースト」の女に預けることを選んだ。
もう勝手にしやがれ。
としか言いようがない。
「豊洲移転すんのかいせんのかい」で、ヤツが都民や都政など自分を大きく見せるための踏み台にしか考えていないことがハッキリしたというのに、なぜこの期に及んで都民ファーストなどに投票出来るのか・・・理解不能だ。
東京都民の馬鹿の多さに改めて脱帽させられた。
自民党に入れろとは言わないが、投票先ならほかにもあるだろう。
僕だったら自民党と共産党に入れた。公明もいい。いままで「仕事をしてきた」という実績のある政党に投票する。
今回の結果はファーストの会への「期待値」の高さの表れなんだろうが、何を期待するのか分らない。ヤツの口から出てくるのは「家の中での喫煙も禁止します」とか「五輪の開催費の無駄をなくします」とか「移転を延期します」とか、後ろ向き・否定的な「NO」ばかり。
ひとつも建設的で、夢を持てる目標を掲げない。僕は「YES」が聞きたい。
百歩譲って小池に何か期待できるものがあったとして、そんな期待に応えるリーダーだとも思えない。散々都政を停滞させた挙句に「数年したら築地に戻してフードテーマパークにしましょ」とシレっと言うような女だぞ。責任も取らずに。
・・・・まあいいや。
これからは東京に行ってもなるべく寄り道せずに帰って来ることにしよう。
自分の命は自分で守る。
ああいう阿呆がリーダーのときに限って何かが起こるものだ。
「危機管理」「首都防衛」「テロ対策」・・・数千万人の命を預かる身だというのに、なにひとつ考えちゃいないだろうからな。
不気味にあっちこっちで震度5弱の地震が起きているし、緊張感のなさすぎる都民の意識の低さ、能天気ぶりに呆れた日曜日であった。

それまでは機嫌がよかったのだよ。8時の開票速報が始まるまでは。

夕方、庭の掃除をして、疲れた頭とカラダをリフレッシュできたし。

いい汗かいてお風呂に入って、美味しい晩御飯でルンルン気分だった。

まー、しかしね。。
これが大阪とか福岡とかの話ならそれほど気にならないんだけどね。「おやおや、香ばしく盛り上がってますな」くらいのもんですよ。
でも東京は隣だし仕事でも遊びでもよく行くし、なにより日本の首都だし。
黙ってられない。 <(`^´)>フンガー!
今日は曇りとか言いながら普通に晴れた。
明日も天気ならいいな。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








産業廃棄物 許可 行政書士

2017.07.02 | | 政治

築地の未来

最初から「食の安全」なんかどうでも良かった、ということであろう。
小池都知事が豊洲移転問題について記者会見を行った。そこで知事が出した結論は、いったん豊洲に移転して、そのあいだに築地を再整備し、5年をメドに市場機能を築地と豊洲に分散させて、新・築地には「食のテーマパーク」を作るというトンデモ案。
突っ込みどころ満載だが、結局「豊洲移転」であることに変わりはない。
であるならば誰もがこう思うのではないか?
豊洲って危ないんじゃなかったの?
と。
そう。とどのつまりは率直に「豊洲に移転します」と言いたくないから焦点をぼやかしているだけに過ぎないのだ。「食の安全」など口だけで、都議選を前に「都民をどう欺くか」「どうすれば『ブレた』と言われずに済むか」という観点だけで作った、思いつきの、苦し紛れの案なのだ。
どこまでも「自分ファースト」のお人である。
よく考えれば、築地市場関係者にとって、これほど残酷な決定もない。
思えば、90年代の石原都政下において、「豊洲に新市場が作られるらしいよ」という噂が流れた時点で築地の人たちは自分たちの愛する市場が取り壊される日が来るのを覚悟していたに違いない。だって確かに古い。ネズミも出る。場内の交通整理が行き届いていないので押し寄せる外国人観光客がフォークリフトに轢かれそうになったりもする。時代の波には逆らえない。
特に「場外」の商店などは豊洲なんかに移転されたら商売上がったりだが特に激しい反対運動なども起こらなかった。都の進め方も巧みだったのだろう。
それから約20年・・・。
さすがにいい加減ヤバイだろと誰もが移転を当然だと思い始めていたところに、一人の目立ちたがり屋のアホが救世主気取りで頼みもしないのに豊洲移転に「待った」をかけた。
豊洲は盛り土がされていないとか、汚染されているとかナンクセをつけて築地の散り際を汚した。
移転するものだと覚悟を決めていた市場関係者を宙ぶらりんの状態で1年放置。その挙句に結局豊洲に移転はする、築地市場はぶっ壊して更地にする、そして跡地には在りし日の築地の面影など皆無の名前だけ「TUKIJI」を残した食のワンダーランドだかテーマパークを作るという。
これをグロテスクといわずになんと言おう。
築地は古き良き江戸文化を今に伝える、東京のSOULである。
そんな安っぽい形で残すくらいならいっそキレイサッパリ豊洲に一本化して、豊洲を新たな「SOUL」の源にしようと、僕ならば思う。
5年をメドに築地にも市場機能を持たせるというのも、要するにテーマパーク化したあとのことを考えてのことだろう。せっかく商業施設化しても、築地の代名詞であった「セリ」が見られなければ人が来ない、というただそれだけの理由に違いない。見世物としての「セリ」を維持するためだけの「市場機能」なのだ。
それとて今のままの築地市場の空間でやるならまだ雰囲気も味わえようが、その空寒い「セリ」を見るのは恐らく白いツヤツヤした壁に囲まれた、高い天井の無味乾燥とした建物の中だ。
いかにも世渡りしか長所のない元ニュースキャスターが考えそうな浅はかなプランニングである。
僕にはその築地の「再利用」は、屍の上でダンスを踊るような所業に思えてならない。
この前も同じ事を言ったが、また言う。
冗談抜きで、都民は早く小池をリコールしたほうが良い。
こんな人がリーダーだったら、何か大災害やテロがあったとき、どうなるか。
政治家の指名は第一に国民の生命と財産を守ることである。
小池のごときスットコドッコイはいの一番に都庁の屋上からヘリで逃げ出すタイプだ。
ここまで散々書いておいてなんだが、小汚い嘘つきババアの話なんかもうウンザリなのである。
お花のようにきれいな心で政治をしろ、とは言わないが、無能なら無能らしく出来ることだけしていろと言いたい。

豊洲は危ないと言って世間を騒がせ、莫大な都民の血税を無駄に費やしたのは自分なのだから、なぜその「危険な」豊洲に移転することにしたのかちゃんと説明すべきだ。
そしてどういうわけか堂々と小池を批判しないテレビには小池の百倍腹が立つ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






<PR>解体工事業の登録するなら!<PR>

2017.06.20 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム