野菜のリアルな時間。

長袖に毛布をかけて寝ていたのだが、途中から耐え難いほど暑くなってきて、布団から脱出して服を脱ぎ捨てたら目がさえてしまった。
台風一過で外はギンギラギンにさりげなく快晴である。
午後、庭に出て驚いた。
玄関前の背の低いハンギングが倒れて土がドバー。雪吊風に竹で仕立てた萩も倒れてワシャー。ちょっと見ない間に雑草も茂ってボーボー。
ちょっと看過できないレベルだったので日暮れまで作業した。

日陰のシュウカイドウがちらほら咲き始めた。

読者の方からいただいた「むかご」(シュウカイドウの種のような実のようなもの)をバラまいたらあちこちで健気に発芽した。
年々株も大きくなっている。日陰で頑張ってくれる山野草はホントにありがたい。

花壇のルリマツリ。


奥さんはパンジーの種まき。

名前は忘れたがサカタのタネ「ガーデンセンター横浜」で買った、ちょいレア(っぽい)種。
ピンセット片手にしゃがみこんで、精密機器でも触るみたいに頑張っていたが、終わってから吐いた感想は
「超ケチなの。40粒しか入ってなかった」
楽しい園芸。

園芸といえば趣味の園芸「野菜の時間」が「ユートピア幻想」を破棄して、「リアル路線」へ転向したのはちょっとした衝撃であった。
何のことかといえば、もう何年間もあの番組は「この世界には害虫は存在しない」
「よって農薬も必要ない」というスタンスで野菜を作ってきて、いるのはせいぜいアブラムシくらいで、それも「水で薄めた牛乳をかければいいんです」
で済ませてきた。
キュウリには一匹の「ウリハムシ」もつかず、トマトにカナブンが寄ってくることもなければ、イチゴの葉っぱでナメクジがサーフィンしていたり、枝豆の中に何かの幼虫がいたり、(知らずにそのまま食べちゃったり)、タマネギが「ネキリムシ」にちょん切られることのない世界・・・。
まさに「ユートピア」。
そんな世界あったらいいな。
と僕が夢見続けていた世界。
それが前回の放送では不自然なほど虫が登場し、タレントが絶叫し、割り箸で駆除させ、挙句にはBT剤(有機農薬)まで登場した。
といっても「有機由来の農薬だから」と断りながらの、どこか腫れ物に触れるような使い方だったが。
やはり「どうせ作るなら完全無農薬栽培!」が一般視聴者の夢であろうから、家庭菜園なのに農薬ガンガン使われたら引くのかもしれない。
その気持ちはよく分かるが、現実・・・
かなり難しいと思う。(>_<)
マンションの4階のベランダでささやかな家庭菜園をしている人がうちの顧客の中にいて、家にお邪魔したとき、室外機の上にオルトランが置いてあったので何でかと聞いたら、「アブラムシがすごいんですよ」
「4階ですよね・・・?」
「いや、4階でも関係ないですよ」
マンションでも油断できないのだなと知った。
これが住宅街の片隅の貸し農園や自宅の庭だったら、言うまでもないだろう。
これは田舎でも都会でも一緒である。
むしろ下手に都会のほうが他に寄り付く場所がないので集まって来やすいかもしれない。(ウチみたいに)
虫だけではない。
先週ダイコンの種を撒いた、と書いたが、その翌日、撒いた場所にハトが座り込んでいた。 (-_-メ;)テメ・・・
飛んで逃げたあとには昨日撒いたダイコンの赤い種が。。。。
怒りより脱帽した。
あんな頭の悪い生物になんで種のありかが・・・・っ!と。

僕の行きつけのヘアサロンの店主の話。
彼は庭でミョウガだったかニラだったかを育てていたのだが、ある日ふと見ると、そこがナメ○ジ・ワンダーランドになっていた。
悲鳴をあげたくなるような凄惨な状況だったそうで、どうしたかといえば
「もうありったけの塩をぶちまけましたよ!」
ローマ軍がカルタゴにやったことを、自宅の庭でやったというのである。
「それから数年、そこでは何にも生えなかったんですけどねー(笑)。でも最近また出てきたんですよ!」
と嬉しそうに顔をキラキラさせた。
彼は今もなお家庭菜園は続けている。

かようにして家庭菜園とは自然との闘いの連続である。
無農薬・無薬剤は不可能ではないし、個人的にも出来ることならそうしたい。
しかしそうするには常に監視の目を光らせていられるだけの時間的余裕とマメさと愛情が必要である。
我が家は自宅も仕事場も畑もすべて同じ場所にある。そんな恵まれた環境にありながら、無農薬でやれていない。
ズボラだからである。
それに僕は虫が嫌いなので、自分で捕殺するより薬の力で「消えてくれる」ほうを選ぶタイプなのである。
見たくないし触りたくない。
こういう人間には、到底無農薬栽培など不可能である。
虫が平気、ナメクジがへばりついているイチゴを見ても萎えない、枝豆から幼虫が出てきても大丈夫。
そういう人は無農薬に挑戦すべきであろう。
僕はいやである。
そういうシーンを見るとガーデニング自体をやめたくなる。
だから薬を使う。
農薬を使ったほうが無農薬より「むしろ安全」という説もあるしね。
ま、人それぞれ。

あー。
連休中も園芸店に行けなかった。。けど、どうせ今の時期、行っても何もないかも、だしなー。
でも行かなきゃわかんないしなー。。電話で「品揃えどうよ!」って訊くわけにも行かないしね 笑
よく行く園芸店にライブカメラ付けたいわー。行かずにして分かるように。

発想からしてズボラでやんす。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.09.18 | | 家庭菜園

なにげに収穫祭

今日は昼間、BSで「劇的・ビフォーアフター」の再放送をやっているのを偶然発見して、それが面白すぎてついダラダラ最後まで見てしまった。。。
気付いたら5時前。
やっべ。。。
と思いながらノコノコ庭に出た。

ジャガイモ、放置してたらすっかり黄色くなっちゃて。。

葉っぱ、虫に食べられ放題だし。。
でも「出来てる」という確信はあった。
なぜかジャガイモだけは失敗したことがないからである。

ほらねっ☆

完全に葉っぱが枯れていた4株だけ掘り起こして、この量。

まだあと6株ほど残っている↓ こりゃ今年も豊作っぽいぞよ。


逆に何回トライしてもダメなのがトウモロコシ。

茎が太くならず、実も貧弱なものしか出来ない。簡単なはずなのにね。
僕はトウモロコシの風に揺れている姿や、風に葉がパタパタいう音が好きで、それらを味わうために植えている、といってもいい。
ほとんどファッションである。

奥さん入魂のタマネギも収穫!

「今年も失敗だわ」と収穫前、土から出たタマネギたちの頭を見下ろしながらため息をついていた奥さんだったが、いざ僕が掘り起こすとその出来栄えにはまんざらでもない様子だった。
確かに、アヒージョに入れるしかないようなミニサイズのものも多かったけど、個人的には全部ちゃんと育ったことが嬉しい。
去年、茎を全部ネキリムシにかみ倒されて泣くに泣けない事態になったことがあった。今年はしっかり植栽時にネキリムシよけの農薬を施し、もみがらでマルチングもしたのでそれが功を奏したのかもしれない。


ついでにニンニクも収穫した。

今日、遅く庭に出たわりに盛りだくさんである。(-_-;)

スイカとメロンもすくすく成長中。

日が長いから収穫だけでなく草取りも水やりも出来たし、いい汗かけました。

通路のマンデビラ。

さてと・・・なんだか休めたんだか休めなかったんだ分らない週末だったけど、
見る物すべてに怯えないで
明日は来るよ
仕事のために♪

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








解体工事 行政書士

2017.06.11 | | 家庭菜園

野菜を植える

今日はポタジェに野菜を植えるべく、園芸店で野菜苗を買った。

県北部の、たまにしか行かないお店なんだけど、ほかの用事で通りかかったので寄ってみた。(埼玉県民が「ディズニーランドに負けてない」と自負する、豚肉のテーマパークの近くにあるお店)

とりあえずナスとピーマンとミニトマト、トマト、キュウリ。

ピーマン以外みんな接木苗。

花苗コーナーではもうサルビアやコリウスが売っていてびっくりした。

インパチェンスもあった。


夕方、庭に出た。

ここには最近まで大根が植えっぱなしになっていたので耕し忘れてて、慌てて元肥投入。

まさか奥さんがナスもトマトもキュウリもここに植えると言い出すとは思わなかったので。
苦土石灰すら撒いてないけど、まーいーか。。

植栽完了☆

スイカとメロンも買ってきて植えよう。(今日のお店、メロンが売ってなかった)
あとはトウモロコシ、枝豆、オクラ、サトイモを育てる予定。

通路の様子。

まだコリウスやサルビアは早いよね。。
てか、ストックもパンジーも葉牡丹もまだまだ現役なので植える余地がない。。。。
GWくらいまでこのままかな。

明日も庭活(にわかつ)がんばりまーす☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.04.15 | | 家庭菜園

今年のポタジェは・・・

朝のポタジェ。
うーん。。今年はどこに何を植えようかしらね。
一応、先週末、大汗掻きながら腐葉土と堆肥は投入済み。
育てることが決定しているのは以下のとおり。
ミニトマト、トマト、ナス、キュウリ、オクラ、ピーマン、トウモロコシ、枝豆、スイカ、メロン。
小玉スイカとメロンは去年大成功だったからね。どうやらこの庭と相性がいいらしいので今年もリピ!
去年の小玉スイカの様子↓

難しいと思ってたけど、意外に簡単だった小玉スイカ。
メロンも。

こんな成り方してるけど(笑)、まじデリシャスだった。

今年はどこでブラブラさせましょか、それが問題。。。(-_-;)

定番の夏野菜はどれも連作障害があるので悩ましい。
接木苗だったらそれほど気にしないでもいいんだけど、それでもやっぱり多少は気にする。(ただでさえ日当たり悪くてろくに育たないから)

既に育てているのは以下のとおり
タマネギ、ジャガイモ、サニレタ、ワサビ菜、チンゲンサイ、ニンニク。
↓ニンニク、今年は発育旺盛。


作業はできなくても日を浴びながらあれこれ考えているだけでも癒される。

さーて、そろそろ野菜苗買ってこよ。

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.04.14 | | 家庭菜園

今年もジャガイモ逆さ植え。

ジャガイモ植えました。

ジャガイモだけはなぜか毎年豊作なので必ず植えている。ナス科のジャガイモは連作障害が出るので去年とは違う場所に。ローテーションで畑をぐるぐる。。。
普通は芽の部分を上に向けて埋めるが、うちは逆で、芽を下にして埋める。そうすることでたくさんイモが獲れる、と、ある本に書いてあったのだ。

そしたら去年はこんなに獲れた。

最初の画像と同じように10個か11個のタネイモを半分に切って植えてたと思う。(↑これはキタアカリだけど)
今年はダンシャクで挑戦してみる。
たくさん出来るといいなー。

これはフクシア。

冬越しさせるために裏の勝手口(屋根と壁はあるが戸外)に置いておいたのだが、葉っぱは枯れ果て、やっぱちゃんと家の中に入れないと冬越しは無理か・・・と諦めていたら、最近になって下のほうから葉っぱが出ていることに気づいた。

生きている。
それだけのことがやけに嬉しい。
こんな小さな葉っぱの赤ちゃんでも、人に与える感動はけっこう大きい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.03.21 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム