■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
俺野菜
カブと大根の畑。

植えっぱなしである。
とっくに収穫時期は過ぎているのだが食べきれないのでそのまんま。
恐る恐る抜いてみた・・・。
結果。

カブがかなりデカくなっててビックリ☆
まともに実ったことさえ今までなかったので、逆に戸惑ったわ。。
もしこれでスが入っていない美味しいカブだったら大成功なんだけどな。。
台所へ持っていって皮を剥き、包丁を入れた。
サクっと心地よい音。
果たしてスは入っていなかった。
ほっ。。。
とりあえずこんぶと一緒に「浅漬けの素」で1日漬けた。
そもそもカブをやると決心したのは自分がカブの漬物がアホみたいに好きだからであった。
わざわざスーパーでカブの漬物もしくはカブを買って自分で漬けていたのだが、2日で食べきってしまう。もっと食べたい。飽きるくらい食べたい。
それで始めたカブの栽培である。

そして今夜、俺カブの漬物を頂いた。
美味しかった。
奥さんもパクパク食べていた。本当に美味しかった。
漬ける前に試しに生で食べたらリンゴかよってくらい甘かったから努力の甲斐あったというもんだ(大して何もしてないけど)

大根は定番のものに。

簡単なはずの夏野菜より冬野菜のほうがうまく行くのが謎だ。。。
去年、大根の種を撒いた時に「私、ダイコン失敗しないので」と豪語しておきながら一向に根が太くならず内心失敗したらどうしようと思っていた。
でもこれでまた来年も一度も見たことがないドラマのパクリセリフを吐けそうである。
家庭菜園もやめられません☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ














産廃 行政書士 許可

家庭菜園 | 23:39:52
カブと大根の収穫
新年最初のガーデニングは大根とカブの収穫から。

たくさん植わっているのでめぼしいものを適当に抜いてきた。
カブは初めての成功☆こんなにちゃんとした形のものが出来るとは思ってなかったので嬉しい(^^)
大根は株間を狭く植えてあったのでいつもよりスリムな出来栄えだけど成功といってよし☆

大根とカブは昼にお雑煮に入れて食べ、大根は夜におでんに入れて頂いた。
獲れたての大根は水分マジヤバイ。

大根もカブもそれぞれまだ15株以上残ってる。。。

大根は一度抜いて穴に埋めておけば保存できるが、カブもそうなのかな。
カブの浅漬けが大好きなので明日またいくつか掘り上げてお漬物にしよう♪

収穫のあとは庭のメンテナンス。
といっても枯れた1年草を撤去したり誘引が外れて倒れたオクラホマの茎を剪定したり水をあげたり、地味な作業。。
その傍らで奥さんは自転車を修理していた(笑)

新年早々竹下通りで車が暴走、ついでに隣国がレーダー照射して暴走、唯一良かった「暴走」はオオトリのサザンとユーミンくらいだ。かつて「歌謡曲」を一気に過去のものに追いやった「ニューミュージック」の2頭が今はレジェンド枠。そのうちBzやミスチルもそうなる。時代は進む。
熊本で地震もあった。
この不安定な現代世界で穏やかな新年の始まりを願うのは無理な話か。
ところで新元号は4月に発表とか。
皇室典範とか法律上の色々な兼ね合いでそういうことになっているのだろうが、実務に支障があるので普通に早く知りたい。。。
もったいぶる所じゃないだろうに。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









大阪で産廃の許可を取るなら!

家庭菜園 | 23:45:57
タマネギの植え付け
今日は午後からプチ園芸☆
昨日、岐阜から持ち帰ったたまねぎの苗を植える。

ナスとピーマンを撤去して、耕しなおして石灰も撒いて・・・


植え付け完了☆


こっちにも。前まで落花生があった場所。

実はこんな場所に植えてもどこまで大きいタマネギが出来るかかなり疑問。日当たりが悪すぎて。
だが、100株1束だったのでかなり余ってしまい、もったいないので植えた。

立木性の黄色いバラがよく咲いてくれる。

「ここまでこっちの思っていた通りに咲いてくれるって初めてじゃない?」と奥さんがしみじみ言った。
確かにそうだ。
色々植えてきたがこんなに素直にこちらの希望通りに咲いてくれる花は珍しい。
うちの場合、大抵が言うことを聞かないか、想定外の向きや咲き方をするのである。しかも最初に気合を入れれば入れるだけ裏切られる傾向にある。
その点このバラはそこまで気合も入ってなかったし期待もしていなかった。
初めて買った立木性のバラで、「ここで咲いてくれたらいいな」くらいの気持ちだった。

ツルバラばかり買って来たけど、立木性のバラは剪定や高さ調節も楽だし、なぜ通路に一株も植えなかったのかと今更後悔。
また安いのがあったら買ってきて通路に2、3株植えようかな。

夏野菜がなくなって、レタスとカブと大根とサトイモとタマネギと長ネギの菜園に。

プチ園芸のつもりが畑を耕したりしたので結構汗かいた。。(-_-;)
庭を回っていると色々やりたいことが湧いてくる。
それでもまた静岡と愛知の仕事が迫っているという現実っ。。(・_・;)
いいさいいさー、また「さわやか」でハンバーグ食べれば。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

家庭菜園 | 23:57:25
自家製落花生を食す
最近は頑張ってブログも毎日更新するよう努めていたのだが仕事が忙しくて息切れ気味。。。(-_-;)
無論、ただのサボリもある。
今日は半分休み、半分仕事。
午後、日暮れ前に少しだけ庭に出てカブと大根の間引きと追肥、花たちへの水やりと、庭の掃除などした。
そのあとザルにあけて台所に置きっぱなしになっていた落花生を炒った。
もう3週間くらい前に収穫した落花生。
奥さんがきれいに水洗いしてザルにあけ、そのまま放置していた。
1週間以上そのままにしていたからカラッカラになっていて、あまりにも乾きすぎて中のピーナツがどういう状態になっているのか想像もつかない。
ネットで調べたら、落花生は45分~1時間フライパンで炒る必要があるそうだ。
長い。。
20分くらいでいけるべ、と軽口を叩きながらとりあえず炒る。

5分も炒っていると甘くてやさしい香ばしい香りが漂い始める。
マドレーヌとかケーキを焼いているときのような幸せな香りである。
香りにつられて、20分くらいしてから一つ割って食べてみた。
ねちゃねちゃである。
色も白い。
茶色い薄皮もへばりついたままでつめでこそげ落とさないと取れない。
こりゃあかん。。。
夫婦で交代交代でかき混ぜながら弱火で1時間。。。

一つつまんで割ってみると、薄皮は勝手にボロボロ取れた。
「キャラメルコーン」のピーナツ状態!
ピーナツは程よく色づいて、噛んだら「カリッ!」と心地よい音がした。
甘いッ☆

やっぱり45分~1時間ってのは本当だったのだな。。
中のピーナツまでローストされるのにそれだけ時間がかかるということか。
しかし白くて生柔らかかったピーナツが1時間でカリッ!となるんだから面白い。

ビールぷりーず☆

はっきり言って落花生は育てるより炒るほうが大変。。。

明日はポットのまま待機しているパンジーたちを植えようっと。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


家庭菜園 | 23:25:53
次は絶対
今日は群馬の太田へ出張して、帰りに園芸店に立ち寄った。
が、なぜか知らないが品薄状態で1株も買わずに店を後にした。
やっと暑さも忘れかけた今こそ花苗をたくさん買って植えたいのに。。(>_<)
マリゴやらベゴニアやらセンニチコウやらを今たくさん植えて、初霜が降りるまで楽しむ―・・・というのが自分の鉄板植栽スケジュールである。
諦めきれないので少し離れた2軒目の園芸店へ車を飛ばしたが、定休日なのか営業時間外なのかもうシャッターが閉まっていた。
トホホ。。
まあ、またチャンスはあるさ。

この間、トウモロコシやミニトマト、キュウリなど夏野菜を撤去したのですっかり寂しくなった菜園。

結局トウモロコシは葉っぱと茎を育てただけで終わった。
キュウリは数本しかまともに出来なかった。
ミニトマトは概ねよく出来た。
この1年半あまり牛糞堆肥をまったく入れていなくて、全部化成肥料だけで済ませている。奥さんが買った、どこかのおじさんが書いた家庭菜園の「五輪の書」みたいな本に、牛糞なんかいらねえ、固形の過燐酸石灰、硫安、塩化カリウムをばら撒いてそれを元肥にせよ、と書いてあったからそれ以来なんとなくずっとそのまま。。
それがいけないとは思っていない。
現にタマネギは信じられないくらい大成功だったし(まだ食べきれないくらい外にぶら下がっている)、ミニトマトもよく出来た。
それに自分たちが忙しくてよく管理できず、ジャイアントきゅうりやジャイアントズッキーニを放置してしまうことが何度かあった。
ちゃんとすればちゃんと出来たかもしれない。。。
でも有機肥料が足りないと微生物も減って、土も痩せてしまいそうなのでそろそろ牛糞投入しようかなと思う。。。
それで大根でも植えよう。

そんなしょぼくれた菜園でも「新たなる希望」が。

落☆花☆生
一昨年育てたときのあの屈辱は忘れられない。
ビギナーズラックでたわわに実った落花生を乾かすために古屋の軒にぶら下げておいた。小屋に落花生がぶらさがっているという、その絵が可愛かったのでパリパリになるまで放っておいた。さてもう食べごろだろうと思って見に行ったら全部の実が取りに食べられていたのである。
一粒も俺に残しておいてくれなかった!
そのときの悲しみ、徒労感。。。。
今思えば鳥に「食べてください」と言っているようなものだが、そのときは「あんまりだよ!」と空に向かって叫びたかった。
そして
二度と同じ過ちは繰り返しませぬから。
と胸に誓って今に至る。
この落花生だけは絶対に、一粒たりとも鳥のエサにはしまい。
メッシュの収穫ネットがあるからそれに入れて勝手口に吊るそう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物 許可 行政書士

家庭菜園 | 22:11:01
次のページ

FC2Ad

まとめ