ストックに最適な、番線を使ったオリジナル支柱

連休も終わり、今年もあと5日。さすがに電話は少ない。
連休を全部使って庭力を「微増」させた通路を見下ろしながら、悪くない、と思う。

あともう20株欲しいところだけど、悪くない。

そうそう、書き忘れていた。
土曜日に植栽したとき、奥さんがストックに支柱を挿してくれていた。
自分で作った、オリジナルの支柱。

このクルリンと渦を巻いているのが可愛くて、一発で気に入ってしまった。
「どうしたのこれ?」
「超カンタンだよ」
番線(ばんせん)、というものを使う。

金属製の細いワイヤーで、本来は建築現場などで資材を結束したり、インテリアの素材に使用するもの。多分どこのホームセンターにもある。(うちのはコメリで買った)
いつそんな物を買ったのか知らないが、奥さんは1年前から「これで支柱を作ろう」と温めていたらしい。。。
通常70センチくらいの長さで売っているので、まずニッパーで半分に切る。ストック程度の草丈の花ならそれで十分。
そのあと先っぽをペンチで曲げる。

番線は柔らかいので女性の腕でも簡単に曲げられるらしいが、ひとつ注意なのが、素手で触らないこと。表面に付着しているススのようなもので手が真っ黒になるらしい。特に買いたては要注意で、必ずグローブをはめてやること。あと服にも付くので、どうでもいい服を着てやったほうがいいそうです。
(錆びるのを待ってからやるとそれほど付着しないらしい)

はい完成。

10本入りで200円くらいだったらしいので、それを半分に切るので20本、つまり一本10円くらいで作れる計算。

支柱一つで可愛さUP!

この支柱のいいところは、細いところ。
普通の支柱の場合、極力根を痛めないように少し根元から離して斜めに挿すが、この番線支柱ならそこまで根へのダメージを心配せずにサクっと近くに挿せる。
柔らかいので強風が吹くと一緒に揺れるが、ただ植えているよりはずっと安心。ストックくらいなら、これで十分だと思う。
奥さんは渦巻状にしたけど、ハート型でも星型でも、自分の好きにアレンジできるなーと僕は思った。スプレーで色塗ったり。

思えば今年は例年に比べて庭造りに時間を割けなかった。特に秋以降、庭に出る時間が極端に減って、こういう記事もなんだか懐かしい。

去年の一番の大仕事はこのウッドデッキを作ったこと。GWだった。
そこからこれといって大きな変化なく・・・・一昨日の通路の60株一気植えが久々の大仕事だった。
また一年が過ぎようとしているが、これからも庭に「人生の指紋」を残し続けよう。
いつか思い出す日には、理想の庭に立っていることを願って。

(・・・・・でもそんな甘くないんだよなー。。
一生かけても終わりそうにねーよ。。。理想の庭づくり・・・)

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.12.26 | | 園芸アイデア

100円ショップの帽子で作る、クリスマス風多肉カバー

玄関に出たら、なにやら可愛らしいものが飾ってあった。
いつの間に・・・。

昨日まで、とっくにハロウィンが過ぎているというのにジャックオーランタンのプラ容器に多肉を入れて飾っていたと思ったけど。(中の多肉がしょぼいのはご愛嬌ってことで)

言うまでもなく奥さんが変えてくれたのだが、これを使ってカバーにしたそうな。

100円ショップで買った、Xマスパーティ用の布の帽子。
こいつを裁断して、縫って、カバーに仕立てたようだ。
と思ったら違った。
本人に訊いたら
「縫ってないよ」だって。
「ホッチキスで留めただけ。あとちょっとボンド使った」
「・・・・・」

奥さんいわく、ポイントは安上がりなこと。既製品なので、赤白2色のフェルトをわざわざ買う必要がないんだそう。
100円とハサミとホチキスとボンドがあれば出来るってことか。。なーる。

てか、これカボチャの容器ごとカバーしてる。。。
なんかモッコリしてると思ったんだよね。
横着必要は発明の父ってことか。。
中の多肉がもっとゴージャスだとさらに映えるだろうね。そこだけ残念。

このあと、サトイモを掘った。

6個の種芋を植えて、3株だけ生き延びた。それでもお正月のお雑煮に入れるには十分すぎる量が獲れた。サツマイモは苦手だけど、ジャガイモとサトイモは失敗したことがない。適当に放置しててもまあまあ収穫できる。

庭に出たのが遅かったので、すぐ日が暮れる。

買ったまま手付かずで玄関の中にストックしてあった多肉たちを外に出し、日が沈むまで夫婦で地べたに座って多肉の寄せ植えを作った。
多肉の寄せ植えを作るのは僕は初めて。
慣れるまでかなり難儀した。
だって、持っているだけでボキボキ葉っぱが取れて結局茎だけになるし、土はサラサラだから植えようにも植えられないし、やってらんねー。
と匙を投げかけたところで、「根っこごと植えるんじゃなくて、挿すの」と奥さん。
「自分の使いたい長さで切って、下の葉を落して、軽く挿すだけでいいって柳生真吾が言ってたじゃん」
おおっ、そういえば。。なるほど、柳生流か。
そのアドバイスのお陰でなんとか要領をつかんだ。
格闘すること20分。。
できた。

僕の多肉寄せ植え第一号。

ちょっとの振動でフォーメーションがずれるので、根付くまで僕の近くには置けないな。。。(これ落したら泣くわ)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.12.18 | | 園芸アイデア

カルーナを使ったクリスマスの寄せ植え

今日は久しぶりの園芸三昧。大根の土寄せ&追肥をして3つの寄せ植えを作り、リースを作り、里芋を堀り上げ・・・と、ちょっと一回分の記事では紹介しきれないほど色々なことをした。追々アップします。
とりあえず昨日予告した、クリスマス風の寄せ植えを。
アイデアも苗選びも全部奥さんだったので、てっきり自分で作るのかと思ったら土壇場になって僕に作れと言い出した。花を持たせたいらしいがそういうのを「むちゃ振り」という。
結局僕が仕上げたあとに奥さんが手直ししたので二人の共作になった。
カルーナ、エリカ、コニファーをツリーに見立てて、クリスマスを演出。

カルーナは左右でびよーんとしてる珊瑚のようなやつ、エリカは赤いベルのような花がついている緑色のやつ。このベルのような花がいかにもクリスマスっぽい。
他にスウィートアリッサムと斑入りのアイビー、セダムが入ってる。右端の黒法師のような黒光りしているのはコプロスマという植物。

先週園芸市場で買ってきたガーデンピックもアクセントに。


ガーデンピックというのは初めて使ったが、世界観を出すにはいいかも。こういうイベントちっくな寄せ植えにはしっくり来るね。

僕的には大満足です。

このあと里芋を収穫。
芋が出来ていそうな、一番大きい株の株元を掘って手探りしたが何も当たらない。こりゃダメだと半ば開き直って引っこ抜いた図↓

小ぶりだが出来てた~。

「石川早生」というもともと小ぶりの品種なので、スーパーで見る里芋には見劣りするけど、自分で育てた喜びはプライスレス。
とりあえず一株だけ収穫して、他の株は年末まで放置しておくつもり。

このほかに奥さんの作った葉牡丹のリースもあるのだが、いま寝かせて休ませている状態なのでそれはまた次回。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (56)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

2014.11.16 | | 園芸アイデア

エレモフィラとなでしこの寄せ植え

うちにひとつ、大きなブリキの缶(ゴミ箱)がある。もともと寄せ植え用の鉢として使っていたのだが、引越しのときにソテツを鉢上げして以来ソテツがそのまま居座っていた。そのソテツを先日通路に移植したので、ブリキ缶が空き、今度はそこにエレモフィラを植えようということになった。
しかし深さが30センチ以上あるので土が大量に必要だ。
こういう時は発泡スチロールを鉢に入れて「かさ上げ」すると土の量も少なくて済むし、また、重さも半減する、というウラワザがある。それは前から知っていたのだが、やったことはなかった。しかしある日コメントでないちゃんさんがそれを実行して成功していることを知り、「じゃ、俺も」という気になった。
いや、マジで発砲スチール、大量にあるし・・・。
何かに使えるんなら使いたかったんだよね。
最近立て続けにプリンターを買い換えたので、緩衝材として同梱されていたものを保管しておいたのだ。
取り出すときのことも考えて、一応、細かく砕いて土のう袋に入れ・・・

口を結んで、この上から土を入れることにした。

土のう袋は水を吸収しないので、根腐れの心配もない。(と思う)
半分くらい発砲スチロールでかさ上げできた。土の量も半分で済む☆


完成~。

なでしこの他にペチュニアとマリゴも植えておいた。
ちゃんと鉢底から水も出てきたし、水捌けは問題なし。
やってみて感じたけど・・・この方法、最高だわ。
何より軽い。
前まではこれにいっぱいいっぱい土を入れてブットレアの寄せ植えとか作ってたんだけど、移動させるときとか「ぐおおお」って感じで辛かった。それが片手で持てた。水やり後でも、「ひょい」と持ち上げられた。「え?」って感じ。
背中を押してくれたないちゃんさんに感謝です。

おまけ
挿し芽のゼラニウム。奥さんが最近挿し芽にハマっておりまして、何でもかんでも挿し芽にして増殖させている。↓これは発根したゼラニウムをデビューさせたようだ。

挿し芽の苗って、種から発芽した幼苗とは違って、なんか「大人なのに子供」みたいな不思議な可愛らしさがあるな。分離独立した小国みたいな。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

2014.05.28 | | 園芸アイデア

蕾が落ちるハイビスカス、超簡単な対策・解決方法

訳もなく蕾が落ちてしまうハイビスカス。病気のせいか、水のやり過ぎか、蕾自体の重さのせいか、はたまた虫の食害か・・・考えても調べても埒が明かないので、「とにかく蕾を落とさなきゃいいんだろ?」という訳で蕾の付け根にセロハンテープを巻いたみたのが一週間前。(⇒コチラ
 
 
この解決法(?)は笑いを誘うと同時にそれなりに好評であったので、こっちもなんとなく「いける」ような気がして今か今かと開花を待っていた。

そして今朝。。。

咲いたっ☆ \(^o^)/


↓セロハンテープを巻いた部分。

茎が成長して伸びるため、3日後くらいにもう一度上の方でテープを巻いた。

もう9月の下旬なので他の蕾がどれだけ続くか分からないけど、一応全部の蕾にテープを巻いておいた。

まだ全部の蕾がこの方法で咲いた訳ではないので何とも言えないが、もし上手く行ったら、ユリにも応用できるかも。
ユリも訳もなく蕾が落ちるのだ。ユリの場合は遺伝性の病気が原因といわれているのだが、うちのユリは最初の年にその症状が出たのに、二年目にまんまと咲いた。三年目(今年)もよく咲いた。遺伝性の病気なら毎年蕾が落ちるはずなのに。。。
ともあれ、一輪咲いてくれただけでも大満足!あきらめないでよかった!☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif

2013.09.23 | | 園芸アイデア

«  | ホーム |  »

プロフィール

祐平

Author:祐平
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム