植物は好きですか(後編)

昨日の続き。(昨日とタイトルを変えました)

しかし園芸界も広い。
一言に「ガーデナー」といっても色々タイプがあって、3~40代の比較的若い年代の女性がたくさん訪れるお店もある。
多肉植物やエアプランツ、ナチュラル系雑貨とアロマや草花を上手に組み合わせたショップ、またはそういったニーズをフォローしている園芸店である。
同じ園芸店でも、そのようなナチュラル志向の園芸店には高齢の客は少ない。
と、そこだけ見ると若い人も<植物>が大好きなように見える。
しかし<植物>に求めるものが昨日書いた高齢の客たちと若い女性たちとでは違うのである。
<植物>といえば、都会を歩いていると一回は必ず目に入る文字がある。



ボタニストという、オーガニックシャンプーやクリームなどを作っている企業のロゴだ。
このお店そのものもよく見るが、それ以上にこの店のショップ袋(・・・というのかトートバッグというのか知らないが)を持っている女性も多い。
あたかも「意識高い系女子」のシンボルとでもいうようにさりげなく肩に下げていたりする。
その「意識」とはほかでもない、ライフスタイルや美容に対する意識だ。
「ボタニスト」という響きからも分かるように、この企業のコンセプトは
<植物とともに生きる>(HPより)
である。
表参道にカフェもあって、そこはコウモリランやエアプランツ、シダ植物などが天井からぶら下がる、一見園芸店と見まがうような概観の、緑に囲まれたお店である。
しかしこの会社のいう「植物」と、年配の人たちが思う「植物」とは同じではない。というか、かなり隔たりがある。
おそらくボタニストにとってツツジやサザンカやゼラニウムは彼らの言う「植物」に入らない。ペチュニアもベゴニアも入らないし梅も松もサルスベリも入らない。
オリーブは入るだろう。シマトネリコも入るだろう。
だがビャクシンは入らない。
なんでやねん、と思うだろう。
見えない基準があるのである。
彼らの言う<植物>とは、インテリアになりうる、都会的に洗練されたトレンディーな植物のことを言うのであって、我が家のような古臭い家の庭に植わっているような庭木は彼らからしたら「ゴミ」以外の何物でもなかろう。
それはそれで別に構わない。
ただ、そんな偽善的な理念の会社があたかも植物を愛しているかのような顔が出来るくらいだから、現代における<植物>の意味するもの、喚起するイメージが、昭和のそれとはだいぶ違ってきているのではなかろうか、と言いたいだけである。
植物大好き、でも庭は要らない。
植物のある空間が好き。でも木の名前なんか知らない。どうでもいい。
それではかなしい。
若い世代がせっかく緑や植物を「いいな」と思っても、広がっていかない。奥へ進んで行こうとしない。表面だけで満足してしまう。
売るだけ売って「おしゃれ」と評価されるだけでよしとしてしまう、ナチュラル系ビジネスの功罪と限界がそこにある。
「植物」や「緑」をイメージ戦略と話題作りに利用しているだけで、本当の意味での<植物のある暮らしの楽しさ・豊かさ>は提供していないように感じる。
僕は別にボタニストに恨みがあるわけではない。
植物とライフスタイルを結びつけ、オーガニックでナチュラルな都会生活に憧れる女子のハートを巧みに掴んだと思う。
ただ、ボタニストに限らず「それ系」のショップや空間で使われている植物が、判で押したようにいつも一緒で、いかにも馬鹿の一つ覚えなのが残念である。でっかいキセログラフィカやコウモリランをお洒落に飾りたい気持ちは僕にもあるが、別に同じ空間に花があったっていいじゃないかと思うのである。でもナチュラル志向の人たちはどちらかというと花よりプランツが好きである。
とまあ、そういうわけで、一概に<植物のある暮らし>といっても年配者と若い世代とではイメージするものが全然違うし、<園芸愛好家>とか<植物好き>と言っても、とんでもないジェネレーションギャップがそこにはある。いや同じ若い世代でも僕のような安苗満開の「胸キュン♡アホ庭」を目指している者もいれば、そういう庭は管理が面倒だしちょっとゴテゴテし過ぎていると感じる人もいよう。
人それぞれだからそれは全然構わないが、ナチュラル志向があまりにも多数派になると、おそらくこの国から庭は消える。
ただでさえ地価が高いのに、 「シンプル」「飾らない」「都会的」「省スペース」「清潔感」・・・そんな価値観で家を買おうとしたら、庭ほど無用なものはないからだ。
しかしいま60代くらいの人までは、その無用の長物を所有することが逆にステータスなのだと思うことが出来た。いわゆる「庭付き一戸建て」というやつだ。
その世代が購入した家々が今、どんどん解体されて庭のない3階建てや「タイムズ」に変わって行っている。

「植物とともに生きる」というのは、エアプランツの飾られた部屋でオーガニックの化粧水を使うことではない。
実際に触って、植えて、水をやり、収穫し、剪定し、落ち葉をはき、株分けし、花を見、その作業の合間にコーヒーを飲むことである。

DSC_0759hjisa (13)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







2018.04.18 | | 園芸コラム

植物は好きですか(前編)

先週末、久しぶりに園芸店をハシゴした。
園芸シーズンとあってどのお店も活況で、家庭菜園に目覚めたお父さんやバラ苗を求めるミセスなどでにぎわっていた。
そしていつもと明らかに客層が違う。
自分がよく行くお店は県内でもかなり田舎のほうにあるので、普通の日だと畑から直行してきたような前掛けをしたままのおばあちゃんやパート帰りの主婦、ジャージ姿にJAの帽子を被ったおじいちゃんたちがウロウロしている。
それがこの週末は違った。
首にスカーフを巻いたよそ行き風の年配の女性グループや、小ざっぱりした服装の家族連れが目立った。
こういう人たちは自分と同じくやや遠方の地方都市から来ていると思れた。
普段あまり来慣れていない田舎の大型園芸店で、物珍しそうに花を眺めてまわっている姿は微笑ましくもあり、同時にゴールデンウィークの足音を間近に感じさせるものがあった。
というか皆もう、気分はGWなのだ、と思った。
さらにもうひとつ、売り場の片隅で遠巻きに客たちを眺めながら、いかに園芸人口が高齢化しているか思い知らされた。
小綺麗ないでたちだからと言って別に若い訳ではない。地元民ではないな、というだけで年齢的には60代後半~70代前半が圧倒的に多い。
ただついてきただけの子供を除くと、平成生まれなんて多分一人もいない。30代すら怪しい。
ぶっちゃけ「毎日がゴールデン・ウィーク」な人たちが半数を占めている感じである。
もっとも、僕は「年寄りばかりでウゼエ」なんてことが言いたいのではない。
ウザイどころか60~70代の人たちの植物に対する関心や興味を、あとの世代がまったく受け継いでいないことに愕然としたのである。
街角や住宅地に植えられた庭木や果樹、常緑低木、街路樹、民家の庭先の花々に反応しとっさに「あれはチンチョウゲやろ」などと名前を言えるのは、団塊の世代が最後ではあるまいか。
それ以降の世代になると、個人差はあれどガクンと植物に対する関心や知識が下がる気がする。一般教養というか常識の範囲内で植物の名前を覚えてきた世代(団塊まで)と、よほどのことがない限り覚えずとも困らなかった世代の差である。

明日に続く。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







行政書士 産業廃棄物 許可

2018.04.17 | | 園芸コラム

みしま

年始からずっと忙しかったけど、最近はちょっと落ち着いてきた。
昨日、顧客とのミーティングが済んで車で帰宅しているとき、5時を過ぎてもまだ明るいことに気がついた。肌を刺すような風も和らぎ、少しずつ春が近づいているのを実感。。
玄関脇のミニ葉牡丹も首が長くなってきた。春に近づいている証拠。

思えば今年の冬は「植える」というより「直す」ガーデニングが中心で、建設的な、派手な作業はあまりしなかった。。
やっぱり大雪に降られると庭力もモチベーションもガクンと下がるし、そこから自分を鼓舞して這い上がるには結構な充電が必要だったりして。
でももうじき冬も終わる。
雨が多くなり、風が強くなり、雑草が生えてくる。
虫たちは踊り、飛び、花の季節がやってくる。

そして我が家は
何の計画も立てていない。(-_-;)
家の中は大改造したけど、庭は進化してない。。
羽生選手は19歳で金メダルを取り、23歳で2連覇すると子供の頃に人生設計を立てていたそうだ。
自分などブログで常々「○○までには○○する!」「来年は絶対こうする!」などと宣言しては過去の自分に顔見世できない結果を残し続けている。ダメダメオリンピックのガーニング部門では2連覇どころか10連覇くらいしている。絶対王者だ。
と、開き直ってばかりもいられないから、今年こそは庭をもっと・・・・
○○したいな。。。
といつもなら言うところだが、今度は昭和の天才・三島由紀夫の言葉が頭をよぎる。

「~したい」などという心はみな捨てる。
その代わり、「~すべきだ」ということを自分の基本原理にする。
そうだ、ほんとうにそうすべきだ。

「~したい」なんて甘ったれたことを言っているからいつまで経っても何も変わらんのだと。
きびすぃ~。
これ今もし三島が生きててブログで書いたらかるーく炎上するよね、きっと。。(-_-;)

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

2018.02.27 | | 園芸コラム

造園とエクステリア

今日は、というか今日も午後から新しいクライアントとミーティング。先方の営業所へ行ってはじめて知ったのだが、庭や玄関周りのエクステリア工事を専門とする業者さんであった。
入り口脇にはポットのままのクリスマスローズが十株ほど無造作に置いてあって、事務所の棚にはリフォーム用のカタログが並ぶ。
これまでにも造園業を営んでおられる業者さんとは会ってきたが、外構工事専門の人は初めてである。
同じように庭や花木に関連する仕事でも、造園業と外構工事業は似て非なるものである。
自分がこれまで会った造園業者さんは庭木を植えたり石を積んだり剪定したり、公園の管理・清掃をしたり・・・という、まさに「木と緑」のスペシャリストであり、同時に庭の造成や通路の開設などの土木工事もしていた。
しかし今日の業者さんはそのようなことはほとんどしないという。
庭先の古いブロック塀をお洒落なレンガ塀にリフォームしたり、玄関脇の車庫スペースにルーフを設けたり花壇を組んだりはするが、ユンボを使って土を掘ったりはしない。
外構というのは主にフェンスや塀、門扉、ウッドデッキのような建物外の構造物を指し、庭には近いが、土や庭木の専門家ではない。
しかも「外構」と「エクステリア」も微妙に違うらしいことをさっきネットで調べて知った。
ほとんど同じ意味なのだが、「外構」が門扉や塀、垣根などの構造物そのものを意味するのに対し、「エクステリア」というのは、庭・家・ヒト・環境といった要素も包含した「空間そのもの」を指す言葉だそうで、現代的なお洒落な庭にリフォームするときなどに使う言葉というイメージ。
要するに「外構」はただの構造物だが、「エクステリア」という言葉には現代的な思想が入ってるってことだろう。
ただの「外構」から、お洒落でモダンな「エクステリア」へ・・・という流れである。
だからか、今日会った業者さんは仕事が絶えないという。
「庭のある家が減ってるのに、そんなに仕事来ますか」ときいたら
「はい」とキッパリ。
「塀やカーポート、門扉、玄関周りをリフォームしたい、もっとお洒落にしたいという人は増えてますよ。この前もカーポートの脇に花壇作ってきました」
なるほど・・・。目から鱗が落ちた。
エクステリアは庭ではなく「建物の外にある構造物」を指すから、庭のある・なしは関係ないのだ。3階建てのギチギチハウスでも塀や門、カーポートなど「家の外の構造物」はある。
というか、むしろ家にちゃんとした庭のない人たちのほうが、庭がない分そこをお洒落にしたいと思うのかも知れない。
「ハウスメーカーは家を建てたらそれで終わりで、家の外(エクステリア)のことなんか知らないんですよ。だから僕らが行って、住む人と家の前の空間をどうしたいか話して決めたりするんです」
カーポートにするにせよ芝生を敷くにせよ、どっちにしろ庭があろうとなかろうとエクステリア業者には出番が用意されているのだ。
反対に、造園業者さんは庭のない家が増えてきたから仕事が減ったと言っていた。
現代人はエクステリアにはこだわっても、木を何本も植えようとは思わないし、そもそもそんなスペースもない。造園業者と一般人の隔たりは増すばかりだ。昔は身近な存在だった造園業者も、なんだか遠い存在になりつつある。
時代の変化、としか言いようがない。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











大阪で産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

2018.02.22 | | 園芸コラム

謎の花泥棒

昼休み、やや食べ過ぎ気味のランチを終え同僚のA君が運転する車の助手席に乗っていた。
信号で止まったとき、ふと、民家の窓ガラスにでかでかと張り紙が張られているのに気付いた。
「うちのプリンセチア盗んだ人、返してください!」
とある。
「そんなヤツいんのか」と言ったらこの近所に住むA君が
「この辺、いるみたいよ」と言った。
「同じように盗んだ花を返せって書かれた張り紙している家が、他にもあるもん」
「マジかよ」
「プリンセチアといえばポインセチアの仲間で、葉がピンク色になるあれでしょ?」と後部座席に乗っていた奥さん。
「外に置いておいたのかしら」
昼間は軒下に出しておき、夕方取り込んでいたのかもしれない。
とにもかくにも、人の家の花を勝手に持って行くとはどういう了見だろう。若い人は花なんかに興味はないから、犯人はたぶん中高年~高齢者だろう。
「認知症の老人とかがキレイだな~と思って持ってっちゃうんじゃない?」
「ありえるね」
週末に庭に出ていると、よく「警察署からのお知らせです」といって、大音量の放送が聞こえてくる。大抵が、いなくなった老人の身なりや特徴を伝えるものだ。
しかし鉢花を持ってフラフラ歩いている老人がいたら絶対誰かが目撃しているはずだ・・・。
ということは犯人は夜盗んだのか?
いや、プリンセチアは寒さに弱いからずっと外には置いていないはず。「返してください」なんて張り紙を家の窓に張るくらいだから持ち主は花をぞんざいには扱わない人だ。きっと日が暮れる前に取り込んでいるだろう。
つまり盗まれたのは昼間・・・。
ずいぶん大胆なヤツだ。

家に着いてから通路を登りながら奥さんが言った。
「うちなんか盗まれても気付かないかも」

いや、いまならすぐ気付く。
咲いてる花少ないから。。。(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











愛知で産業廃棄物収集運搬業の許可を取るなら!

2018.02.22 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム